イランという国で
sarasaya.exblog.jp
  ブログトップ
タグ:食べ物 ( 20 ) タグの人気記事
|
|
2014年 01月 31日 |
家で仕事をしていると、買い物に出たり、食事の用意をしたりするのが面倒になってしまうことがままあります。
大学にはほぼ毎日顔を出しているので、大学の食堂での食事が一日で唯一のまともな食事になってしまうことも。
日本の学食も、以前は食事の量で味をカバー、という感じがありましたが、イランもまだそんな雰囲気があります。

b0006449_1465760.jpg

山盛りのサブズィー・ポロウ(ハーブの炊き込みご飯)とシーチキン、オリーブ、デーツ


選択の余地なしの一種類のみ。時々、二種類からの選択ができる日もあるのですが、基本的に一種類。
おなかはふくれるし、カロリーは高いのですが、何というか、食べる楽しみは微妙だなあと。
ハーブを炊き込んであるとは言っても、ハーブの量が少ないのかそれほど薫りはしないですし、特に味が付いているわけでもないシーチキンがおかずになってしまうところが日本人的には微妙です。更に、べったりと甘いデーツが食事に添えられていると、いつこれを口にしたら良いのか悩みます。

とはいえ、日本とは違い、国土のほとんどが高地で海や川の幸とは縁がない国ですので、私がイランに来たばかりの頃は魚の缶詰がごちそう扱いされている場面も目にしたこともありますし、もともとは昼食が一日の食事の中心で、夕食は軽く済ませるのが普通だったことから、今でも、夕食をパンやチーズ、卵料理や魚の缶詰で済ませる家庭は珍しくありません。

写真のシーチキンは缶から出してあるので食事らしいのですが、時々、面倒なのか、缶に入ったまま出されることがあって、これはさすがにどうかと思わずにいられません。

これで、教職員は一食130円くらい(学生は半分以下のはず)なのですが、イラン人教職員は高いし美味しくないからとお弁当を持ってくる人も多いようです。そのため、給湯室には電子レンジが置かれていたりします。
学生たちも口を揃えて、「学食は美味しくないです」と言うのですが、大学の周辺に安食堂もない環境の中、この値段で、自分が作らずに済むのならありがたいと、文句は言いつつも思う日本人なのでした。
[PR]
by sarasayajp | 2014-01-31 02:46 |
2011年 12月 28日 |
 大学の職員食堂でのこと。
 その日のメニューは、「サブズィー・ポロウ(ハーブの炊き込みご飯)とツナ缶」か「ゼレシュク・ポロウ(スグリの一種の実を振りかけたご飯)とグーシュト(肉の煮込み)」でした。
 私は肉の煮込みの方を選択。
 食事中、サブズィー・ポロウを食べていた、日本人の先生が言いました。「そういえば、イランではツナ缶を、缶ごと煮立てると聞いたんですが、本当ですか?」
 私はそんなことをするとは聞いたことがなかったのでびっくりだったのですが、一緒にいたイラン人の先生たちは何を当たり前のことを、という反応でした。さらには、「缶の上に書いてあるじゃないですか」とのこと。
 これまで、ツナ缶は何種類も何度も買っていましたが、そんな表示があったとは全く気付いていませんでした。「20分は煮るように書いてありますよ」とのこと。さらには、「味が良くなるとかではなくて、衛生上の理由からですよ」と追い打ちです。イランの缶詰は、煮沸をする必要があるの?とまたまたびっくりです。

 最近は食生活が変わってきているので、テヘランなどでは夕食もご飯をしっかり食べる家が増えているようですが、もともと、夕食はそれほど重いおかずを取る習慣はなく、簡単に済ませるのが普通でした。
 例えば、パンとサブズィー(生ハーブミックス)、チーズ、具入りのオムレツなどのおかずといったもので、友人の家に突然お邪魔すると、「こんなのしかないわよ~」と言われながらこうした簡単な家庭料理を出されることがよくあります。
 こうした簡単な夕食の一品として、ツナ缶が皿にあけられて出てくることがあります。決して熱々のほかほかではなかったと思うのだけどなあと思っていたら、「煮沸した後、冷蔵庫に置いておくことも多いですよ」ということなので、本当に私が全く気付いていなかっただけなのかもしれません。15年目にして初めて知った真実、という感じです。

 イランのツナ缶は、時々油くさいことがあって(当たり外れがある)、それほど好きというわけではなかったのですが、最近は、オリーブオイル漬けのものや、ディルなどのハーブが入ったものなど、おいしいものも出てきたため、食事を作るのが面倒な時などに私の食卓に上ることも増えていました。
 これまで、恐らく、ツナ缶で当たったことはないと思うのですが、知ってしまったからにはやはり煮沸をすべきなのかどうか、少々悩むところなのでした。

 そういえば、日本の缶詰も缶ごと煮沸の指示があったのかなあとは思うのですが、手元に日本の缶詰がないため確認できないのでした。
[PR]
2011年 11月 24日 |
 夜、机に向かっていると大家さんがやって来ました。
 「フェルフェルは好きか?」とのこと。

 シシトウのような唐辛子のようなフェルフェルは、生のままキャバーブの付け合わせになっていたり、肉と一緒にキャバーブにされたり、漬け物にされていたりと、口にする機会もそれなりなのですが、好きか、と聞かれて「好きです」と答えるには一瞬ためらってしまいます。

 このフェルフェル、日本のシシトウの当たりとは比較にならないような辛さのものに当たることがしばしばで(シシトウは生では食べませんが)、それがまた、しばらくはものの味が分からなくなるほどの辛さなのです。そのため、まず、数ミリだけかじってみて、食べても大丈夫かどうかを確かめる習慣がついてしまったほどです。

 「まあ、食べると言えば食べますけど…」と、微妙な答えを返したところ、「実は、うちの畑で取れたものなのだけど、ものすごく辛くて、うちでは誰も食べてくれなくて」とのこと。

 一体どれほど辛いのでしょうか。

b0006449_21453046.jpg

 とりあえず、赤いのを一本だけ使ってペペロンチーノを作ってみたところ、確かに辛いです。鷹の爪よりも辛いかもしれません。
 もう一度確かめてみようと、今度は青い方を使ってペンネ・アラビアータに挑戦です。やはり辛くて、食べきるのに一苦労です。
 でもまあ、生では食べられなくとも、調理をすれば何とか食べられそうです。

 激辛料理が好きというわけではありませんが、せっかくだし、がんばって、イランでも作れそうな激辛料理のレシピを探しているところなのでした。

 でも、イラン人の友人知人には絶対に食べてもらえないでしょうから、一人前しか作ることができないというのが最大の難点なのでした。
[PR]
2011年 11月 20日 |
 仕事から戻ると、待ち構えていたように大家さんがやって来ました。
 はい、これ、うちの農園から持ってきたもの、と差し出されたのはびっしりと実のついた柿の枝でした。

b0006449_7523027.jpg

 どうやら、たくさんの実のついた様子を見せたくて、枝ごと持ってきてくれたようです。

 実は生の柿は少し苦手なので、干し柿にしてみようかと、窓の外に吊してみたのでした。

 こちらではいろいろなドライフルーツがありますが、干し柿はまだ見たことがありません。ホルマー(デーツ)みたいで売れると思うんだけどなあ、などと思いつつ、雨の心配をする今日この頃なのでした。
[PR]
by sarasayajp | 2011-11-20 08:04 | いろいろ |
2010年 05月 30日 |
 なんだか忙しい日が続いています。
 週の半分はテヘランにおらず、テヘランにいても夜8時前には家に戻れない状況です。

 こういうとき一人暮らしで困るのは食事です。
 食材を買いに行く暇もなければ、あっても一回の食事に必要な分だけという少量では売ってくれないしで、なかなか大変です。家にいないことも多いから無駄にする食材は多いし、そもそも忙しくて食事を作る意欲自体が低下しているしで、食生活が荒れ気味です。

b0006449_713386.jpg

 ということで(?)食事の写真。
マーザンダラーン方面が発祥らしい「アクバル・ジュージェ」。骨付きの若鶏の半身を焼き、ザクロペーストをつけながら食するもの。下手なところだと油っぽさが気になるのだけど、美味しいところで食べると当たり前だが美味しい。

 それにしても、自分のブログにアクセスできなくなることがあるのですが、イラン政府のフィルターに引っかかっているのでしょうか。困ったものです。
 アクセスできないな〜と思った翌日には、テヘランを吹き荒れた嵐のおかげで電話線が断線し、今度はネット自体に接続できない事態に。何度も書いているはずですが、雨雪風で断線する電話線というのはいい加減にどうにかしてほしいものです。とりあえずつなげば良いんでしょ、ではなくて、根本的な解決をしてほしいと思わずにいられない今日この頃なのでした。

 ということで、しばらく更新できない日が続くかと思いますが、そういう事情ですので、「今日は忙しいか、テヘランにいないか、アクセスできないかのどれかなんだな」と思ってください。

人気blogランキングへ
[PR]
by sarasayajp | 2010-05-30 07:19 | 未分類 |
2010年 02月 17日 |
 ギーラーンで気に入っている食事の一つ。

b0006449_942654.jpg

 シャーミー。

 ぱっと見、煮込みハンバーグのような感じですが、まあそんな感じかもしれません。ただ、肉だけではなくつぶしたジャガイモや豆が入っているとのこと。ギーラーンの料理とのことでテヘランではまず見かけませんし、手間がかかるのでギーラーンでさえ、食堂やレストランではほとんど見かけません。写真のものは調査の行き来にはほぼ必ず立ち寄る、最近すっかり常連になってしまった街道沿いの食堂のもの。

 大学で食事の話になり、「シャーミー、好きなんですよね〜」と言ったところ、「シャーミー、知っているんですか」という反応と、「え?何ですか、それ?」という反応に分かれたところを見ると、イラン国内でもそれほどポピュラーとは言えない料理なのかもしれません。

人気blogランキングへ
[PR]
2010年 02月 15日 |
 2月11日の革命記念日、12日の金曜日、13日の預言者ムハンマドの死去とシーア派第2代目イマーム・ハサンの殉教記念日と三連休。そして15日は12イマーム・シーア派第8代目イマーム・レザーの殉教日。間に挟まった日曜日も大学は「授業はなし」とのこと。まあ、学生が来るとは思えないので当然の措置ではあります。ということで、5連休の真っ最中です。

 5連休とはいっても私の場合、調査に出かけるので休みにならないのですが。

 革命記念日は大荒れになるのでは?とも予想されていましたがそれほどでもなかったようです。テヘランにはいなかったので局地的には色々あったのかもしれませんが、私の友人・知人の話からはそれほど大きな衝突はなかったようです。地方では粛々と革命記念行事が行われていました。私が行っていたカスピ海岸地方では雨だったので盛り上がらなかったようですが。

 週の半分くらいはカスピ海岸のギーラーン州にいるのですが、こちらはテヘランに比べると少し食の楽しみがあるのが助かります。三日間滞在して昼食と夕食に同じメニューを選ばずにすむというのは、ペルシア湾岸とギーラーン以外では考えられません。テヘランでは、お金に糸目をつけなければそれはそれで色々あるのですが、普通の食堂でおいしいものが食べられるという意味では、ギーラーン州の方が上かなあと思います。

 今ちょっと気に入っているのが、料理もそうなのですが、料理と一緒に出てくる付け合わせというか、まあ、そういったものなのですが、これです。
b0006449_1601018.jpg

 ちょっと写真がピンぼけで申し訳ないのですが、手前のタマネギではなく、奥にある白い太い拍子切りにされたものがそうです。
 これは「とろぶ」と呼ばれるギーラーンにだけ見られる野菜だそうで、一種の大根のようなものです。これをさくさくっと切って生で食べるのがこちら流だとか。日本の大根に比べると辛みがなくてあっさりとしているので、生でぽりぽりと食べるのがちょうど良いようです。
 他に料理法はあるの?と聞いてみたら、「生で食べるのが普通だけど、ジャムも作る」とのこと。

 大根のジャム…

 ちょっと想像がつきませんが、おろしたあるいはみじん切りにしたとろぶを幾種類かの香料と一緒に甘くジャムにしたものなのだとか。説明を聞いてもやっぱりどんなものなのか想像がつきません。

 食堂やレストランだけを食べ歩いていると分かりませんが、地方の家庭の味ははやり奥深いものがあるようです。
 ちょっと写真がピンぼけで申し訳ないのですが、手前のタマネギではなく、奥にある白い太い拍子切りにされたものがそうです。
 これは「とろぶ」と呼ばれるギーラーンにだけ見られる野菜だそうで、一種の大根のようなものです。これをさくさくっと切って生で食べるのがこちら流だとか。日本の大根に比べると辛みがなくてあっさりとしているので、生でぽりぽりと食べるのがちょうど良いようです。
 他に料理法はあるの?と聞いてみたら、「生で食べるのが普通だけど、ジャムも作る」とのこと。

 大根のジャム…

 ちょっと想像がつきませんが、おろしたあるいはみじん切りにしたとろぶを幾種類かの香料と一緒に甘くジャムにしたものなのだとか。説明を聞いてもやっぱりどんなものなのか想像がつきません。

 食堂やレストランだけを食べ歩いていると分かりませんが、地方の家庭の味ははやり奥深いものがあるようです。
b0006449_1614395.jpg

道路脇で売られていたトロブ。買って帰って手羽先と炊いてみたが案外おいしくなく、やはり生で食べるものなのか、とちょっとがっかり。でも漬け物にしたのはおいしかった。


 ちなみに、イランで一世を風靡した「おしん」に出てくる「大根飯」。イランに大根はないからどう翻訳しているのかなと思っていたら、「とろぶちぇ」の入ったご飯となっていたようです。「とろぶちぇ」はラディッシュのこと。「とろぶ」の方が大根に近いと思うのですが、全国に流通しているものではないので誰もが知っているであろう「とろぶちぇ」になったようです。

 もう一つちなみに、「とろぶちぇ」とは「小さなとろぶ」の意味。

人気blogランキングへ
[PR]
2010年 02月 03日 |
 このところ、調査の関係でほぼ毎週カスピ海側の町、ラシュトへ行っています。
 ラシュトのあるギーラーン州というのはカスピ海に面していることから、カスピ海やカスピ海に注ぐ川などから獲れる魚が食べられることをはじめ、他の地域とは食堂で食べられるメニューが少し豊富なのが嬉しいところです。

 夕食後、町の中心をぶらぶらと歩いていて見つけたのがこれ。

b0006449_14125154.jpg

 ホルマー(デーツ)入り「ピロシキ」です。

 イランに来たばかりの頃、町を歩いていて「ピロシキ」と書かれた揚げパンのようなものを見かけ、「あ、イランにもピロシキがあるんだ〜」と大喜びで買い、一口かじってびっくりしたことを思い出してしまいました。
 日本人が普通に思い浮かべるピロシキとは違い、何とも言えない不思議なクリームが入った揚げパンだったからです。残念ながらあまりの油っぽさと、甘さ、まずいクリームに、三口以上食べることができませんでした。

 今、テヘランではクリームもどきの他にも、挽肉入りや角切りソーセージ入り、チョコクリームなどピロシキの具も増えています。しかし、このラシュトで見たクリーム入りピロシキに更にホルマーを挟んだものは見かけたことがないように思います。
 ものすごい高カロリーなんだろうなあ、ものすごく甘いんだろうなあと思いながら、「写真だけ撮らせてね」と、写真だけ撮らせてもらって帰ってきたのでした。

人気blogランキングへ
[PR]
2009年 09月 25日 |
 シルバーウィークなる大型連休のまっさなかの先日テヘランに戻りました。
 授業開始前にテヘランに戻る、ということで一時帰国前にチケットの予約をしたのですが、これが満席満席また満席、で狙った日のチケットが確保できないのです。イランにいると日本の休日に疎くなるので、こんなところに大型連休があったとは日本に戻るまで気づかなかったのでした。連休中ならかえって日本から出る便は余裕があるのか、何とかチケットを確保して戻ることができたのですが。

 テヘランに戻る日が確定し、友人・知人やテヘランでお世話になっている方たちに「帰国日が確定しました」というメールをしたのですが、「帰国」という言葉がおもしろかったようです。日本へも、イランへも、どちらも「帰る・戻る」という気分なのでそう書いたのですが、確かにちょっと変なのかもしれません。いい言葉がないかなあと頭の中の辞書をめくってみるのですが、うまく見つかりません。

 それはともかく、連休中で家人も休みだったことから、「イランに戻る前においしいものを食べに行こう」ということになり、スーツケースを車に積み込み、まずは三浦半島へ。横横や三浦半島縦貫道が渋滞しているのに驚きながら(休日に遠出をすることは滅多にないので)三崎港に到着。ちょっと早めの昼食の時間帯で、行列に並びながらお目当ての店へ。私はマグロはそれほど好きというわけではないので焼き魚御前を注文。

b0006449_15485149.jpg

 そこからぶらぶらと横浜へ。ここでも石川町から中華街にかけての人混みに驚き(いかに休日を避けてで歩いているかが分かりますが)、やっとのことでみつけた駐車場に自動車を置いて、目当ての店へ。少し早めの夕食ということで飲茶を。

b0006449_15545173.jpg

 そうして羽田空港に到着。関空、ドバイを経由してテヘランに戻ってきたのでした。
 しかし、土曜日から大学では授業が始まるらしいのですが、授業があるともないとも連絡はないし、時間割も確定していないらしいしで、「私は本当に今学期、大学で授業を行うのかどうか」という基本の部分で頭を悩ませなくてはならないのでした。
 担当授業もあらかじめ知らせないでおいて、「毎時間の授業内容を書いたシラバスを大学当局に提出するように」というのは無茶な要求ではないかと思うのですが、イラン人教授たちはそんなに簡単に一学期分のシラバスを作れてしまうのでしょうか。

人気blogランキングへ
[PR]
by sarasayajp | 2009-09-25 16:02 | いろいろ |
2009年 09月 10日 |
 昨日の山盛りご飯の写真は、ゲイメ・ネサールという料理の写真です。
 テヘランから西に車で2時間ほど走ったところにある、一時期サファヴィー朝の都が置かれていた(16世紀前半頃のこと)歴史的な町の郷土料理だとのことです。

 普通「ゲイメ」というと、小さな黄色い豆と羊肉の入ったトマト味のシチューですが、これは豆の代わりにアーモンドとピスタチオの細切りが入っています。そして、ゲイメと違い、ご飯の間にシチューを挟み、ご飯の上にもアーモンドとピスタチオの細切りを振りかけてサービスします。一見するとご飯だけが盛られているように見えてびっくりするのですが、ご飯を崩すと中からゲイメ・ネサールが出てくるというもの。

 イランのレストランや食堂では、「チェロウ・キャバーブ(羊の挽肉のキャバーブとご飯)」「ジュージェ・キャバーブ(鶏肉の串焼きとご飯)」「チェロウ・モルグ(鶏肉の煮込みとご飯)」の三種類が基本で、時々、「ホレシュテ・ゲイメ(羊肉のトマトシチューとご飯)」あるいは「ゴルメ・サブズィー(羊肉のハーブシチューとご飯)」「チェロウ・マーヒー(魚のフライトご飯)」「チェロウ・バルグ(薄切り肉の串焼きとご飯)」が見られ、ちょっと高級なレストランになると「上等なチェロウ・キャバーブ」や「上等なチェロウ・バルグ」、「マーヒーチェ(羊すね肉の煮込み)」「シシュリーク(ラムチョップのキャバーブ)」「マーヒーセフィード(カスピ海の白身魚のフライ)」が登場するくらいで、メニューの選択の幅が非常に狭いのが難点です。地方の料理が食べたいと言っても、「それは家庭で食べるものでレストランでわざわざ食べるものではない」と言われる始末です。
 それでも、「土地の料理を食べさせる店を紹介しろ」とごねると、「外国人が行くようなシックな店じゃないよ」と言われながらもその地方の料理を食べさせてくれる店を紹介してもらえることがあります。そうした中でも、このゲイメ・ネサールは比較的ポピュラーらしく、ガズヴィーン市やその近郊のレストラン・食堂の一部では用意されてるようです。

 調査などで二週間も地方を回っていると、「チェロウ・キャバーブ」「ジュージェ・キャバーブ」「チェロウ・モルグ」を昼と夜の二食で回すという状態になることもあります。そうした時、こういう少し変わった料理が食べられるととても嬉しくなってしまうのです。

人気blogランキングへ

b0006449_13511251.jpg

違いの分かる女・てん。

「あたしはね、炊きたてのもちもちしたご飯しか食べないの。冷やご飯なんて食べないんだから」

…てんちゃん。いばっているけど、おべんとついてる。


人気blogランキングへ
[PR]
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Yuzuki Skin by Sun&Moon