イランという国で
sarasaya.exblog.jp
  ブログトップ
|
|
2012年 03月 15日 |
 すっかり時期はずれになってしまったのですが、イランの国会議員選挙投票日の前後数日間、調査のためにギーラーン州をうろうろしていました。
 テヘランでは、選挙ポスターも見られず、日本のように街宣カーがうろうろすることも、立ち会い演説会もないので、いつ選挙があるのやら、というくらいに静かだったのですが、選挙三日前、テヘランを出発し、カスピ海岸に向かって走るうちにどんどんと様子が変わってきます。
 マンジールというダム湖と風車で有名な町に着くと、夜9時を回っているのに人々が町に出て、町のあちこちに置かれた選挙事務所に出入りしています。テヘランでは見られなかった巨大ポスターもあちこちに貼られていますし、「なにこれ?」状態です。
 運転手によると、「地方の選挙は一族同士の争いだから盛り上がるんだよ」とのこと。
 日本の地方選挙のようなものか、と納得です。

 選挙区のあちこちに事務所を置き、グッズや食事を配り、投票を呼びかけている様子は、一種のお祭り騒ぎです。まあ、政策などを論ずる必要がない選挙ですから当然なのかもしれません。

 投票日当日は、あちこちの村を回っていたのですが、この日も結構な人出でした。投票所はどこも閑散としていましたが、なぜか村の中心には人が溢れていました。

 テヘランに戻ってから知ったのですが、人々が投票所に押しかけ、投票時間を延長したとか、投票用紙が足りなくなったとか。
 中央政権と関係のある投票所(市役所等)は、動員がかかっていたでしょうから、確かに投票するために人が列を作っていましたが、その他の場所は、比較的体制よりであるはずの地方都市や村ですら閑散としていたように見えました。

 投票に多くの人が訪れたということを協調するために「投票用紙が足りなくなりそうだった」と報道したのでしょうが、選挙権を持つ人の数は分かっていたはずなのですから、それを用意していなかったのだとしたら選挙委員会の落ち度であり、誇らしげに発表するようなことじゃないよなあ、と、少し疑問に思ってしまったのでした。

 面白かったのが、ある場所での議論でした。
 政府が行っている現金ばらまき策が本当にイラン人のためになるのか、それよりも、経済政策をしっかりと行い、物価の抑制に努めるのが本筋ではないかというものでした。紙幣を大量に発行して国民に配ったところで、物価の上昇がそれを上回っている現状では、どれほど意味があるのか分かりませんし、デノミの話も出ているようですが、それもトルコと違ってきちんとした経済政策のないまま実行したところで同じことの繰り返しになるように思われます。

 イランの国会はかなり影が薄い感じもするのですが、正月以降、イランをどのような方向に進めていくのか気になるところです。
 とりあえず、ガソリンの値上げについては否決してもらえないかなあと期待はしているのですが。
[PR]
by sarasayajp | 2012-03-15 16:33 | いろいろ |
2012年 02月 22日 |
 相変わらず、突然メールが遮断されたり開いたりしているテヘランです。この金曜日の国会議員選挙の投票終了まではこんな感じなのかも知れません。

 と、あくまでイランの国内的な事情に巻き込まれつつ、正月休みに一時帰国をするために、リエントリービザの申請をしに外事警察へ。
 申請に必要な書類を揃え、入り口で携帯電話を預け、まずは顔写真の撮影ボックスへ。
 テヘランの申請窓口では、オフィスに付属した写真屋で撮った写真以外は受け付けてくれません。外の写真屋よりも割高なのですが、写真の片隅にその写真屋で撮った証明がプリントされていて、それがない写真は受け付けてもらえないので仕方がありません。
 しかし、私は自分で手続きをしているので、そこで写真を撮ることができますが、企業の駐在員などは代理人が申請しているところがほとんどです。そうした場合は、ビザオフィス特注写真でなくても構わないのだろうか?と何となく思っていたのですが、今回の申請時にその秘密が分かってしまいました。

 私が写真を撮るために椅子に座ったところ、一人のビザ申請代理人が割り込んできて、中国人のパスポートを数冊係の女性に差し出しました。
「私が先に並んでいたんですけど?」と文句を言うと、「急いでいるんだから構わんだろう」と言い放ちます。女性の方も、何の疑問もなくそれを受け取っています。
 むっとしながらも、何をするつもりなのかと眺めていると、パスポートの顔写真をスキャンしています。
 おお、これを利用していたのか、と感心しながらも、「でもヘジャーブ無しの写真はだめなのでは?」という疑問も湧いてきます。
 すると、写真のサイズの調整を終えた女性が、画面の隅からなにやら黒い画像を撮りだしてきました。なんと、黒いマグナエ(既に形を作ってあるかぶり物)の画像です。
 それを、スキャンした女性の写真にうまくはまるように微調整を行い完成です。

 こういう証明写真って、加工禁止じゃないの?という疑問は残るのですが、妙に感心してしまった一コマだったのでした。

 と、びっくり感心したのですが、サウジアラビアはさらにその上をいっているとのこと。

 メッカへの巡礼のためにサウジアラビアに入国する人も、メッカがサウジアラビアにある限りはサウジアラビアのビザを取得する必要があります。その申請の際に、「書類に添付する証明写真は、パスポートと同じ写真を使用すること」という注意があるのだとのこと。
 つい最近パスポートを取得したばかりの人なら、その申請の際に使った証明写真を持っているかも知れませんが、パスポート取得から何年も経っている場合はそんな写真をもっている人の方が圧倒的に少ないはずです。
 仕方がないからと、イランのビザオフィスのようにパスポートの写真をスキャンして使ったところ、「色合いが違う」と文句を言われて差し戻されてしまったというのです。もちろん、画像ソフトで色を変えることも可能ですが、それもなかなか大変です。
 どうしたものかと困っていたところ、「パスポートの写真と同じ服を着て、同じ色のバックで写真を撮ればいい」と言われたというのです。
 しかし、髪型が違っていたり、痩せていたり太っていたり加齢のために顔立ちが微妙に変わっていることもあるでしょう。それは構わないのかなあと、微妙な疑問が湧いてきます。

 証明写真一つにしてもいろいろあるなあと思った一週間だったのでした。

b0006449_3412552.jpg

マグナエをかぶった子供たち。小学生は白で、大人は黒や紺などをかぶることが多い。(ファールス通信より)


b0006449_3432866.jpg

形が分かりにくいが、向かって右の女性がかぶっているのがマグナエ。左の女性のはシャール。(ファールス通信より)

[PR]
by sarasayajp | 2012-02-22 03:54 |
2012年 02月 17日 |
 世間では、イランの発表が誇大発表だとか、攻撃を行うだとか、ホルモズ海峡を封鎖するだとか、色々と騒がしいようですが、国内は平常通りという感じに見えます。もちろん、色々と心配はしているようなのですが。

 とりあえず、私の今一番の心配はこれです。

b0006449_16591145.jpg

b0006449_17034100.jpg

 サロンの天井を通っている配管の一部が破損し、水漏れを起こし、その結果天井が落ちてきたのです。
 朝、いつもよりものんびりと目を覚まし、寝室を出ると、なにやらぽたぽたという音がします。何だろうと音源を探すと、サロンの天井から水がしたたっています。金曜日で、まだ上階の大家さん一家も起きていないようですし、とりあえず、たらいを置いてしのごうと思っていたら、天井がドサリと落ちてきました。
 これはまずいと、上の階へ飛んでいき、幸い、目を覚ましていた大家さんの息子に状況を見てもらいました。
 それからが大変です。
 まず、アパート全体の水を止め、大家さん宅の床をはがし、水の漏れている管を取り出し、交換しなければならないということで、その後、天井の芯となっている煉瓦等が乾いたら、天井の塗り直しをしてあげるから、とのこと。

 イランのこうした配管は完全に壁や床に埋め込んであるため、何かあるといちいち壁を壊したり床をはがしたりしなくてはなりません。
 日本でもこんなだったかなあと思い返してみるのですが、よく思い出せません。

 幸か不幸か、ちょうど、アパートの共用部分の壁などの塗り替えのための職人が来ていたため、改めて人を呼ばなくともすぐに作業に入れて、案外早く修理は終わりそうです。しかし、この一週間、アパートに充満するシンナー臭に苦しめられていたのが、また少し延びるのかと、少々微妙な気分でもあるのでした。
[PR]
by sarasayajp | 2012-02-17 17:02 | いろいろ |
2011年 12月 23日 |
 ここ二三週間、テヘランは晴天続きでした。
 そのため、毎冬恒例の大気汚染が徐々に深刻化し、そろそろ学校や政府機関の休日措置が行われるのではないかというレベルにまで達しているようです。
 エスファハーンでは既に、この水曜日から休日措置が執られていたようです。

 毎年同じ事が繰り返されているわけですが、根本的な対策がほとんど行われていないように見えるのが不思議なところです。
 結局、冬の一時期をしのげばあとは関係ないし、ということなのかな?と思うのですが、そのしのぎ方も休日措置がもっぱらで、経済活動にも学校の授業運営にもマイナスなのは構わないのかなあと、これまた不思議なのでした。

 もっとも、休日措置を執ると、テヘラン市民が一斉にカスピ海岸へ移動するので、カスピ海岸各地の経済には貢献しているわけですが。でもちょっと、何かが違うよなあと思わずにはいられないのでした。
[PR]
2011年 12月 16日 |
 昨日、久しぶりに調査に出かけました。
 道中、助手兼運転手の知人が、「そういえば、チャンネル5(テヘラン・チャンネル)とBBCに出たんだって?自分は見ていないんだけど、会社の人達がそう言っていたよ」と言い出しました。

 シートからずり落ちそうになるくらいびっくりです。

 「テレビのインタビューなんて受けたことないんだけど。うっかり映ってBBCで放送されてしまったことはあるけど」
 「え?この前、大統領官邸に行ったときにでもインタビューされたんじゃなくて?(調査の時は大抵一緒にいるので、調査中にインタビューされたなら知らないはずがない)」
 「インタビューどころか、単に座っていただけだから」
 「でも、サーヴォジボラーグで、エマームザーデの研究者と紹介されていたらしいから。そんな日本人が他にいる?」
 「…いないと思う。でも、サーヴォジボラーグを調査に訪れたのはもう6年以上前の話で、それ以降は、全然行っていないんだけど」

 彼の勤めている会社の人達の多くは私の顔を知っていますから、「彼女がインタビューされていた」とはっきり言っているのだとしたら見間違いを考えにくいので奇妙な感じです。

 あまりに私が気持ち悪がるので、彼が会社の人や奥さんに電話をして確認したところ、テヘラン・チャンネルの方は、先日行われたアーシューラーの行事に関連した番組で、サーヴォジボラーグで行われていた行事を見学に来ていた私にインタビューをしたものらしい、ということが分かりました。
 人物紹介として、字幕に私の名前と専門が出ていたのですが、顔は私と少し違っていたようなので、不思議には思っていたとのこと。

 BBCの方はまだ確認が取れていないのですが、やはり私としか取れないプロフィールが紹介されていたか、本当に私が映っていたかなのでしょう。

 しかし変な話です。なぜなら、アーシューラーの時、私はイランを出て、旅行中だったからです。
 IRIBの国際短波ラジオ放送とは少しだけ関わりがありますが、テヘラン・チャンネルやBBCとはこれまで何の接点もないので、どこでどうして私の名前が出たのか、私の名前を名乗った(あるいは名乗らされた)東洋人とは誰なのか、やはりなんだか不思議な話なのでした。

b0006449_18141867.jpg

ということで、サーヴォジボラーグにあるエマームザーデ(一種の聖者廟)の一つ。

[PR]
by sarasayajp | 2011-12-16 18:05 | いろいろ |
2011年 12月 15日 |
 突発的にいくつかの仕事が重なり、机に張り付く毎日でした。

 その机に張り付いている間に、世間ではいろいろなことが起こっていて、なんともびっくりです。そのおかげで、イランが今にも戦争に巻き込まれるのではないかと、あちこちから心配されてしまいました。

 イギリス大使館襲撃事件については、真相はよく分かりませんが、少なくとも、大統領を筆頭とする政府にああいったグループを押さえる力がなくなっていることは分かってしまったように思います。この春の国会議員選挙やその後の大統領選挙をにらんだ、権力争いが起こっているのだろうなあと思わずにいられません。
 この事件の後、テヘラン大学の様子はどうですか?という質問もいただいたのですが、大学本部の方は分かりませんが、外国学部のある一角では案外冷めた学生ばかりだったように見えました。

 ステルス機の方はなんだかよく分からないです。
 どうやら本物らしいというのはアメリカの反応から分かるのですが、入手手段については今ひとつ分かりません。
 最初の「撃墜した」から、イランにはステルス機を探知する能力はないじゃないかとか、破損がないじゃないかという指摘に、「革命防衛隊がサイバー攻撃によって乗っ取った」に手段が変更されているところが何とも怪しげです。
 「そんなサイバー技術があるなら、核施設のコンピューターにウィルスを仕込まれるなんてあり得ないじゃん」
 「故障して落っこちてきたのを拾ったんでしょ」
 など、あれこれ言われているようです。

 サイバー技術といえば、このところ、ネットの規制が更に強まっているようです。学生達が使っているアンチフィルターや、プロキシなども効果がないことも多いとのこと。そのサイバー技術をもう少し違うところに使ってほしいものだと思うのですが。そのうち、政府の認めたごく一部の人以外はネットが使えなくなるという噂が本当になるのでは?と思わずにいられません。

 
b0006449_5141081.jpg

 金融制裁については、基本的に、イランでもらっている給料で生活しているため、個人的にはほとんど影響がないのですが、イランの人達がずいぶんと外貨に殺到しているようで、町の両替屋と公定のレートにずいぶんと開きが出てきています。昔のように数倍まで格差が広がるのかどうかこちらは気にかかるところです。

 石油の禁輸についても、「別に欧米や日本が買わなくても、その分を中国が買うだろうから、イランには影響はないでしょ」という見方が多いようです。

 そういえば、つい先日、大統領閣下の演説中に靴を投げつけた人物がいたとか。この人物、ハータミー大統領時代にも、ハータミーに卵を投げつけ、当のハータミー大統領の出してくれたお金で保釈されたというのですが、今回の大統領はどうするのでしょうか。

 と、とりとめもない話ばかりになってしまいましたが、こうして並べてみると、短期間に色々あったのだなあと改めてびっくりです。最悪の事態になる感じはしないのですが、主義主張にこだわるあまり、国民の生活に悪影響を与えるようなことは避けてほしいと思わずにいられません。
[PR]
by sarasayajp | 2011-12-15 05:53 | いろいろ |
2011年 11月 16日 |
 土曜日・日曜日と、テヘランで第二回イスラム世界出版会議という国際会議が行われていました。
 主催者に名前を連ねる出版社のプロジェクトに加わっている私も、著作家枠で会議に招待されていました。
 「絶対に来てちょうだいよ」という出版社の人の電話に、午前中の授業が終わってから会場へ。

 午後の部が始まる直前に会場入りすると、出版社のスタッフの人が見つけてくれ、「コーラン分科会にいらっしゃいね。ホッラムシャーヒー氏も講演をするから」という命令が下りました。
 コーラン関連のプロジェクトに関わっているとはいえ、コーラン分科会というのは少し畑違いだよな〜。でも、ホッラムシャーヒー氏(ハーフェズの詩集の解説などを行った文学者であり、コーランのペルシア語訳者の一人←私も博士論文を書いた際にこの翻訳のお世話になった)の講演というのは聞いてみたいな〜。と、ミーハー心に誘われて、コーラン分科会の会場へ。
 会場に入ってみると、公用語はアラビア語という世界です。これは早まったかと思ったのですが、同時通訳が入っていてほっと一安心。よく見ると、アラビア語に堪能なはずのルーハーニーたちも同時翻訳のイヤホーンを使い、ペルシア語で質問をしているのを見て、また一安心。

b0006449_4421343.jpg

 
右はレバノンから、その隣はエジプトからの出席者。左は分科会の司会進行を担当したイラン人ルーハーニー。


 会場には、ロシアやトルコ、アフガニスタン、ケニヤ、ナイジェリア等、外国からの参加者も多く、同時通訳も、アラビア語、英語、フランス語、ペルシア語の四カ国語だったようです。後で聞いたところによると、世界40カ国から、イスラム関連書籍の出版を行っている出版社の関係者を招待したとのこと。

 と、分かったような分からなかったような、コーラン関連の話をたっぷり聞いて帰宅。
 翌日、朝から、ビザの更新の手続きのため文科省や外事警察を回っていたところ、件の出版社から連絡が。「今日の夜、大統領官邸で式典があるのだけど、あなたが出席したら大統領も喜ぶと思うのよ。ぜひ来てちょうだい」とのこと。
 別に大統領の支持者でもなんでもないし、外国人出席者が多い方が見栄えがいいから招待された、というのは分かっているとはいえ、普通には足を踏み入れることが難しい大統領官邸に入ることができるなら行ってみたいな〜と、またまたミーハー心に誘われて、夕方に入っていた予定をキャンセルし、待ち合わせ場所の出版社前へ。
 「鞄や携帯電話は持ってくるなっていうことだから、ここに置いていってちょうだい」ということで、出版社に荷物を全て置き、財布と鍵束だけを持って官邸に向かって出発です。

 何回かのセキュリティーチェックを抜けて、式典が行われる小ホールへ入ったのが午後6時頃。
 外国人客は一番前へ、ということで、SP席の真後ろという招待客としては最前列で、式典が始まるのを待ちます。
 しかし、待てど暮らせど大統領閣下は現れません。式典の開始は7時と聞いていたのですが、結局、大統領が登場したのは20分遅れでした。
 初めて生で大統領を見た感想は?と、翌日、知人から聞かれたのですが、「思っていたより小さくなかった」というのが第一印象。それから、「(ジャンパーではなくてスーツのためか)テレビで見るよりぱりっとして見えるなあ」。おめかしをしていて時間に遅れたのか?と思ったほど。
 もちろん、直接話す機会などはなかったわけですが、興味深い体験ではありました。

 海外では、大統領のとんでも発言ばかりがクローズアップされますが、陰謀史観があまりに強すぎることなどを除けば、意外と正論を言っていたりするのだよなあということを、式典の最後の演説を聴いて思ったのでした。私の周囲は海外からの招待客ばかりだったのですが、同時通訳を聞きながら、うなずいていたりメモを取っていたりという人も多く、植民地を経験した国の人達にとって、「自立」「独立」「植民地支配の排除」というキーワードはのほほんと過ごしてきた私よりも強い意味を持つのだろうなあと感じたのでした。

b0006449_5212169.jpg

 大統領府入場券。セキュリティーを抜ける度にパンチの穴が増えるらしいのだが、三回目のセキュリティーからは、入場者が多く、間に合わなくなったらしい。下は国際会議会場でのID。

 今回しみじみ思ったのは、イランのコートにスカーフという服装は、たとえ急に大統領も列席するような式典に招かれても慌てずに済むので助かるなあということでした。逆に、おしゃれに気を遣わなくなってしまうので、日本では困ってしまうのですが。
[PR]
by sarasayajp | 2011-11-16 05:34 | いろいろ |
2011年 10月 31日 |
 昨夜、机に向かっていると、どこからともなく水音が聞こえてきます。
 ああ、やっぱり、と、いつも水が入り込む窓をチェックすると、天井近くから水が落ちてきています。
 窓そのものがゆがんでいるので、窓の周囲をシリコンで埋めたくらいでは完全には雨漏りは防げないようです。

 ところが、大学へ向かうタクシーの中に流れていたラジオのニュース。
 聞くともなしに聞いていると、なんだかびっくりのニュースが。

 「この数日降り続いていた雨のため、テヘラン市内某所のアパートが倒壊、2名が死亡。40年ほど前に立てられたこのアパートは煉瓦と泥で造られており、鉄筋やコンクリートは使われていなかった模様」

 築40年ほどのアパートというと、私が住んでいるアパートとそれほど変わらないのではないでしょうか。私の住んでいるアパートが革命直前のものだそうですから。

 雨漏りよりも深刻な雨の被害があるのだと、朝からびっくりしたのでした。
[PR]
by sarasayajp | 2011-10-31 04:59 | いろいろ |
2011年 10月 30日 |
 テヘランは水曜日から雨模様です。
 ずいぶんと冷え込むようになり、私の住むアパートでは木曜日から暖房が入りました。
 日本に比べると壁や窓硝子が薄く、すきま風も入りやすいのと、暑がりの寒がりということから、ずいぶんと早くから暖房が入ります。またとんでもないガス料金の請求が来るのかと思うと、今からげんなりです。

 雨が降ると必ずどこかしらから雨が吹き込んでくる私の部屋は、珍しく無事でした。

 ところが。

 今日、大学のロビーを通りかかったところ、バケツが並んでいます。
 どうしてこんなところにゴミ入れが置いてあるのかと思ったのですが、脇を通りかかると、バケツの中からぽたりぽたりと雨音が。

 ロビー上部の天井は、建築当時、屋根がなく、吹きさらしだったため、学生があまりの寒さに授業をボイコットして抗議したという曰く付きの部分なのですが、その後、塩ビの波板がはられ(何とも言えない緑色でロビーにいると顔色が悪く見えると評判)、雨風をしのいでいました。
 そのうちちゃんとした天井になるのだろうと思いつつ、気がつくと6年が経っていたわけですが、どうやら雨漏りがするようになっていた模様。

b0006449_2151789.jpg


 のんびりした雨音を聞きながら、この冬は、私の部屋が水没しないといいなあと思わずにはいられなかったのでした。

 仕事はこの週末で三分の一段落。
 残りの三分の二はいつ終わるのか。雨で閉じ込められている間にがんばらなくては、です。
[PR]
2011年 03月 11日 |
 デモの呼びかけに使われることを警戒してなのか、それとも、外国の退廃した文化を純真な国民が目にしないようにというありがたい配慮からなのか、このところずっと、インターネット上の検閲が厳しくうんざりしています。
 調べ物をしていても「このページは開けません」のオンパレード。仕事にならん、と、ディスプレイに当たり散らす毎日です。それにしても、イラン国内の組織によって運営されているはずの、ペルシア語最大の辞典『Loghatnameye Dehkhoda』のサイトも開けないのですからびっくりです。

 ここ数ヶ月ずっと、「Amazon.co.jp」の閲覧が禁止されていて困っていたのですが、昨日から「Google.co.jp」までアクセスできなくなり、うんざりしているところです。

 不思議なのは、「Amazon.com」とか「Google.com」は問題なく開けるというところで、つまりは、何か意図があっての閲覧禁止ではなく、「たまたま」なにかが引っかかっているということなのだと思います。
 が、それでも、なんだかストレスがたまるのは確かで、一応、フィルターの運営組織に対して抗議のメールは出してはいるのですが、何の変化も見られないところを見ると、アリバイ的にメールを受け付けているだけなのだろうなあと思わずにいられません。

 もちろん、こうしたフィルターをかいくぐることもできるのですが、まあそこまでしなくてもいいし、と、とりあえず、そのまま放置しているのでした。なぜか今日から、Google.comと手入力して開くと日本語版になるし。

 一時帰国をするたびに感動するのが、「わーい、通信速度が速い」「余計なフィルターがない」だったりするのでした。個人的には別になくとも構わないのですが、「YouTube」が開くのと、こうした動画があっという間にダウンロードできることにはやっぱり感動してしまうのでした。

 どんなにネットに規制をかけようと、通信速度を抑えようと、たいした意味がないというのは諸外国を見ていて分かるだろうになあと思わずにいられない今日この頃なのでした。

人気blogランキングへ
[PR]
by sarasayajp | 2011-03-11 16:56 | いろいろ |
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Yuzuki Skin by Sun&Moon