イランという国で
sarasaya.exblog.jp
  ブログトップ
タグ:思うこと ( 47 ) タグの人気記事
|
|
2012年 08月 20日 |
 ラマダーン中に、仕事である場所に出かけました。
 メンバーは運転手役の男性と、その同僚の女性、私の三人です。
 自動車に乗り込み、出発するなり、二人はなにやら楽しそうに会話を始めました。聞くともなしに聞いていると、男性は「シーラーズから何キロメートル離れたら断食をしなくてもよくなるか」をルーハーニー(イスラーム法学者)に確認しておいたという話です。
 どうやら、女性の方はほとんど断食はしていないらしいのですが(「時々している」とのこと)、男性の方は一応、会社内では断食をしている模様。

 町を出て、街道脇の店で水やジュース、お菓子を買い込み、目的地へ向かいます。
 ある程度走ったところで、「そろそろ大丈夫だよね」と、社内での飲み食いが始まりました。

 「旅に出ている間は断食をしなくてもよい」とはされていますが、それを、「自分が住んでいるところから○キロメートル以上離れた場合は旅と見なす」と決めてあって、それにきっちりと従うところがいいなあと、楽しくなってしまったのでした。

b0006449_1512026.jpg

こんなところを歩いて旅していた時代、断食などしたら命に関わったはず


 知人によると、イランの最高指導者ハーメネイー師によると、旅に出ている間(家を遠く離れている間)は、「断食をしてはいけない」のだとか。

 実際、女性はどうしても断食をしてはならない日が何日かありますし、体調が悪くかったり体力的な問題があったりして断食ができない人もいます。それに対しては、お金や食料品などの寄付や、他の機会に断食をすれば良いなど、様々な方法が提示されています。決して、「何が何でも断食をしろ」とは命じられていないはずなので、この夏、オリンピックに参加していたムスリムの選手の対応は、選手それぞれの問題とはいえ、少し気にかかったのでした。

 もちろん、断食をするかしないかはそれぞれの人の心と信仰の問題なので、それがいい悪いというつもりは全くないことをお断りしておきます。

b0006449_142266.jpg

[PR]
2011年 12月 15日 |
 突発的にいくつかの仕事が重なり、机に張り付く毎日でした。

 その机に張り付いている間に、世間ではいろいろなことが起こっていて、なんともびっくりです。そのおかげで、イランが今にも戦争に巻き込まれるのではないかと、あちこちから心配されてしまいました。

 イギリス大使館襲撃事件については、真相はよく分かりませんが、少なくとも、大統領を筆頭とする政府にああいったグループを押さえる力がなくなっていることは分かってしまったように思います。この春の国会議員選挙やその後の大統領選挙をにらんだ、権力争いが起こっているのだろうなあと思わずにいられません。
 この事件の後、テヘラン大学の様子はどうですか?という質問もいただいたのですが、大学本部の方は分かりませんが、外国学部のある一角では案外冷めた学生ばかりだったように見えました。

 ステルス機の方はなんだかよく分からないです。
 どうやら本物らしいというのはアメリカの反応から分かるのですが、入手手段については今ひとつ分かりません。
 最初の「撃墜した」から、イランにはステルス機を探知する能力はないじゃないかとか、破損がないじゃないかという指摘に、「革命防衛隊がサイバー攻撃によって乗っ取った」に手段が変更されているところが何とも怪しげです。
 「そんなサイバー技術があるなら、核施設のコンピューターにウィルスを仕込まれるなんてあり得ないじゃん」
 「故障して落っこちてきたのを拾ったんでしょ」
 など、あれこれ言われているようです。

 サイバー技術といえば、このところ、ネットの規制が更に強まっているようです。学生達が使っているアンチフィルターや、プロキシなども効果がないことも多いとのこと。そのサイバー技術をもう少し違うところに使ってほしいものだと思うのですが。そのうち、政府の認めたごく一部の人以外はネットが使えなくなるという噂が本当になるのでは?と思わずにいられません。

 
b0006449_5141081.jpg

 金融制裁については、基本的に、イランでもらっている給料で生活しているため、個人的にはほとんど影響がないのですが、イランの人達がずいぶんと外貨に殺到しているようで、町の両替屋と公定のレートにずいぶんと開きが出てきています。昔のように数倍まで格差が広がるのかどうかこちらは気にかかるところです。

 石油の禁輸についても、「別に欧米や日本が買わなくても、その分を中国が買うだろうから、イランには影響はないでしょ」という見方が多いようです。

 そういえば、つい先日、大統領閣下の演説中に靴を投げつけた人物がいたとか。この人物、ハータミー大統領時代にも、ハータミーに卵を投げつけ、当のハータミー大統領の出してくれたお金で保釈されたというのですが、今回の大統領はどうするのでしょうか。

 と、とりとめもない話ばかりになってしまいましたが、こうして並べてみると、短期間に色々あったのだなあと改めてびっくりです。最悪の事態になる感じはしないのですが、主義主張にこだわるあまり、国民の生活に悪影響を与えるようなことは避けてほしいと思わずにいられません。
[PR]
by sarasayajp | 2011-12-15 05:53 | いろいろ |
2011年 05月 19日 |
 うちには息子が3人いて、まず、最初の息子には、お金のあるときにしか渡してやれなかったが、結局、大学を出るまでに500万リヤール(約3万9千円)くらい渡してやれたかな。足りない分は自分で働いていたらしい。とにかくまあ、そういうことで、テヘランの大学を出て、大学院まで進んで、今はテヘランの官庁に就職もして一人立ちしているよ。
 二人目にも同じようにして、やっぱり500万リヤールくらいしか渡してやれなかったが、こちらは地元の大学を出て、技術者になって、ある企業で働いているよ。
 三人目はまだ高校生だが、こちらも仕事を手伝ってくれながら勉強して、この夏に受験の予定だ。上の二人と同じようにたいして金はかけてやれないけど、がんばって勉強しているよ。

 私が調査している間に、運転手が近くで開墾をしていたおじさんと世間話をする中で聞いた話だとのこと。

 今、私がテヘラン大学で教えている学生の半数はテヘラン出身です。テヘラン出身の学生と地方出身の学生の経済格差は感じていましたが、やはりそうなのだよなあと改めて感じさせられました。

「先生、電子辞書がほしいんです。予算はいくらかかってもいいので、一番良いのを買ってください」
 と簡単に言ってしまう学生もいれば、自分のほしいクラスの電子辞書だと300万リヤール(約2万3千円)ほどかかってしまうと知って、悩んだあげくにあきらめてしまう学生もいます。(ランクを落とそうと考えないところがおもしろいのですが)

 通学用に自動車を買ってもらい、一時間も授業に遅刻してきたあげくに「大学の近くに(自動車を)止められる場所が見つからなかったので遅刻しました。でも授業が始まる時間には大学に着いていたのだから遅刻にはカウントしないでください」と言い放つ学生もいれば、遅刻をするといけないからと、朝5時に起きて自分の住む町から大学に向かうという学生もいます。

 簡単にテヘランの学生だから、地方の学生だからと分けるつもりはありませんが、何だかなあと思うこともしばしばです。

 イランの国立大学は基本的に学費が無料です(夜間部を除く)。つまり、全て国のお金によってまかなわれているわけです。それがどんなにありがたいことなのか、お金に困ったことがない階級の学生だと分からないのだろうなあと思います。あまりに勉強をしない学生たちに、「国のお金を浪費するくらいなら大学をやめてしまえ」としかったところ、何を言われているのか分からないという反応しか返ってこなくてがっかりしたことがあります。
 まあ、「結婚するときに条件の良い相手を見つけるため」に進学しましたという学生ばかりだもんなあと、好奇心も向学心もない相手にどうやって授業をすべきなのか悩む毎日なのでした。

人気blogランキングへ
[PR]
by sarasayajp | 2011-05-19 22:41 | いろいろ |
2011年 05月 08日 |
 先日も書いたように、ギーラーン州での週末を利用しての現地調査を始めて1年半になります。
 冬の雪が降っている時期や、一時帰国をしている夏は休止しているわけですが、ギーラーン州内の田舎道を一番走り回っている外国人の一人かも、と思うくらいにあちこちを走り回っています。

 この週末はずいぶんと暑くなっていて、冷房がほしいくらいではありましたが、今が一番気持ちの良い季節で、あちこちで花が咲く中、田植えの準備をしたり田植えをしたりしている光景を眺めながら走るのは、とても楽しいものです。

 ところが、そういう気分のへこむのが、道路のあちこちに残された轢死体を目にしたときです。
 車道に飛び出してきた動物が悪い、と言われてしまえばそれまでなのですが、なんとなく後味が良くありません。

 今の季節のギーラーンで特に多いのが、亀の轢死体です。
 春になって地中から出てきて、うっかり道路に出てしまったがために引かれてしまった亀の多さにびっくりするくらいです。
 先日は、道路の真ん中でひっくり返っている亀を発見、一度は通り過ぎたもののどうしても気になって、運転手に引き返してもらいました。彼も気になってはいたようで、見つけた亀を元に戻し(幸いなことにまだ生きていた)、道路脇まで戻していました。

 正直なところ、田舎の、自動車のすれ違いがやっとという道路をとんでもないスピードで走る人たちの気持ちが分かりません。
 もう少しスピードを落とせば、道路を渡ろうとしている動物を避けることもできるだろうにと思うのですが、どうにもスピードを出さずにはいられないようです。私たちは捜し物をしているため、道路の端を比較的ゆっくり走っているため動物を轢くことはないのですが、後続の自動車に盛大にクラクションを鳴らされたり、すごい勢いで追い越しをされたりします。

 道路をのたのた渡っている亀を、進路を変えてまで意図的に踏みつけていった自動車を見たときには、殺意を覚えてしまわずにはいられなかったのでした。

b0006449_1258842.jpg


人気blogランキングへ
[PR]
2011年 05月 07日 |
 この数年、なんだか忙しくて余裕のない日が続いています。
 時間が全然ないわけではないはずなのですが、気持ちの問題なのだろうと思います。

 昨年から、週に3日ほどギーラーン州に調査のために出かけている上、テレビもあまり見る方ではないので(最近は滅多に見ないと言っていいくらい)、日本の情報も途切れ途切れになってしまうことが多いのですが、昨日、テヘランに戻って見たネットで東京電力の社長に福島の被災者が怒鳴りつけ、土下座をさせたというのを見て何とも言えない気持ちになってしまいました。

 自宅に帰りたくて帰れない人たちの気持ちは、海外に住んでいる私には想像するしかできませんが、でも、なにかが違うという感じがしてなりません。
 彼らに土下座をさせると自宅に帰れるようになるのでしょうか。一軒一軒謝罪に回れと怒鳴ったそうですが、そのような時間を取っていたら本当に必要な対処を行う時間がなくなってしまうかもしれないとは考えられないのでしょうか。東京電力だけではなく、なぜ、視察に訪れた最高責任者である総理大臣には同じ言葉を投げつけなかったのでしょうか。

 私はイラン国内での調査にあたって、国の機関から調査許可を取って調査を行っています。
 調査にあたって運転手兼助手を努めてくれているイラン人が二人いるのですが、その一人は、私の調査許可書を実に嬉しそうに村の人々に提示し、威張ります。私は許可を取ってはいるけど別にその機関の手先でも何でもないのだから、むやみにそれを振りかざすことはやめるように言うのですが、気持ちが良いのでやめられないようです。
 普段は押さえつけられる側なのに、押さえつける側に立てるというのは特別なのだろうなあと、それを見ていると感じます。

 今回の東北の人々の罵詈雑言も、普段は相手にしてもらえないような人を見下す一種の快感のような感じがしてしまいました。もちろん、そうではなく、言わずにいられなかったのだろうとは思います。
 被災者であるというのはある種絶対的な立場です。大変な思いをしている被災者に対して誰も何か批判的なことを言うことはできないと思います。それは分かるのですが、それでも、なんだか気になってしまったニュースだったのでした。東京電力を批判することと、口汚い言葉と行動で自分の品性を落とすことは違うのではないかなあと。冷静さのない言葉は結局人に届かないのではないかと、つい最近、やはり冷静さを欠いた言葉でいろいろな意味でしっぺがえしをくらった経験からも、東北の人たちにも、記者会見で罵声を飛ばすことを仕事としているような記者の方たちにも、冷静で、しかし核心をついた心に届く言葉をお願いしたいなあと思わずにいられないのでした。

 ※責任追及を我慢しろと言っているのではなくて、冷静でない対応は回り回って自分に降りかかってくることなので、どうかな、と思うということなのです。それだけは誤解のないようお願いいたします。
[PR]
by sarasayajp | 2011-05-07 13:54 | いろいろ |
2011年 04月 17日 |
 こちらに住んでいて感心することと呆れることの一つが、「根本的な解決をしない」ということです。

 光熱費などへの補助金がカットされ、ノウルーズ前に私の住んでいるアパートにやってきたガス料金の請求書は、昨年の70万リヤールから450万リヤールに一気に値上がりしたとのこと。
 3フロアー3所帯のアパートで、この請求額を3で割った金額がそれぞれの所帯の負担となるのですが、2ヶ月で150万リヤール(1万2千円くらい)というのは、イラン人公務員以下の所得で生活している身にはつらいものがあります。
 私よりも収入が多いはずの大家さん一家もこれはたまらんと思ったのか、抗議を行ったとのこと。どうなったのかと思ったら、「分割払いでもいいよ」という政府の回答だったとか。分割払いをしている間にまた次の請求が来るじゃないかと、テヘラン市民は怒っているとのこと。とりあえず、私への請求はまだ来ていないのでまだもめているのでしょう。
 私にとって不思議なのは、こうなることはあらかじめ分かっていたのに、何の対抗措置も取っていなかったテヘラン市民の方なのですが。「補助金をカットする代わりに現金を渡すので、自分でコントロールしなさいよ」というのが補助金カットと支給金の意味だったはずなのですが、現金をもらって嬉しくなってしまい、後のことは考えなかったのだろうなあと思った次第なのでした。

 また、このガス料金にショックを受けたのか、大家さんが暖房を止めてしまいました。
 私のアパートはイランでよく見られる「シュファージュ」という暖房で、ボイラー室で温めた温水を各部屋で回すことによる暖房方式です。
 このボイラー室の運転を止めてしまったらしいので、私も部屋のシュファージュの栓も閉めました。
 その翌日のことです。部屋に四カ所あるシュファージュの元栓から水漏れがしていて、部屋の床が水浸しになっています。どうやら元栓が古くなっていて水漏れしてしまったようです。
 慌てて大家さん宅に駆け込み、修理してもらおうとしてもらったところ、じゃあ、ボイラー室の大元の元栓を止めるから、とのこと。確かにそうすれば水は止まるでしょうが、根本的な解決にはなっていません。来年また同じことを繰り返すことになるはずです。

 ノウルーズ中、国内を調査のために旅行していたのですが、あるホテルでのことです。某英語旅行ガイドブックに「古代の(ancient)ホテル」と書かれるほど古いホテルに二晩泊まりました。
 部屋の鍵を外から開けることはできますが、中から閉めることができません。ガチャガチャと鍵と格闘し、閉めることができたと思ったら今度は開けることができなくなってしまいました。
 外に電話をし、助けに来てもらったのですが、「外からなら閉まるのなら」ということで、ドライバーを取り出し、鍵を取り外し、中と外が逆になるように取り付け直してしまいました。
「これで中から閉まるだろう?」
 確かに、中から閉めることはできるようになりましたが、今度は外から閉められないだろう?鍵を修理するとか、新しいものに取り替えるとかした方が良くないか?と、ちょっとがっくり来てしまったのでした。

 こういうことにはあちこちで遭遇します。
 とりあえずその場をしのぐ、という意味ではとってもたくましい人たちなのだけど、根本的な解決にはなっていなくて問題を先送りしているだけなのだよなあと、思わずにいられなかった次第なのでした。

人気blogランキングへ
[PR]
by sarasayajp | 2011-04-17 03:35 | イラン人 |
2011年 04月 12日 |
b0006449_11115320.jpg


 3月末のマーザンダラーンで。

 つい数日前まで雪も降っていた寒いギーラーンから移動してきて、同じカスピ海岸沿いでもずいぶんと違うものだと驚いたのでした。

 日本も桜の季節を迎えていると思います。
 春が明るさをもたらしてくれることを願います。

 人気blogランキングへ
[PR]
2011年 04月 08日 |
 3週間に及ぶ調査旅行からテヘランに戻り、授業再開、だったのですが、この春休み中にイラン国内でどういう報道が行われていたのか(旅行中はテレビをほとんど見ていなかった)、「サーレ・ノウ・モバーラク」の次に「日本は大変だね。大丈夫?」と心配の声がかけられるのは旅行中と一緒でしたが、「東京で化学物質に汚染された人に近づくと、その人も汚染されるんでしょ?日本に帰ったら大変じゃないの?」という人がちらほらいることにびっくりでした。

 もし放射性物質(これと「化学物質汚染」は違うと思うのですが、イランでは同じに報道しているらしい)が身体や衣服についたとしても、(今のところは)衣服を脱いだり拭いたりすれば済む程度ですよ。それに、放射線は時間と共に減るのですよ、と説明したのですが、何となく納得してもらえません。
 で、こうした問題について書かれたものを読んでもらおうと思ったのですが、なぜか、こうした問題を扱ったサイトの一部が閲覧禁止となっています。
 とりあえず、イランでも閲覧できるサイトの中でも良くまとまっているのがこれでしょうか。

 http://smc-japan.sakura.ne.jp?p=956

 今、東京外国語大学や様々な学会が、風評被害を防ぐために正しい情報を発信しようと、各国語による情報発信をしようと努力しています。こうした活動は絶対に必要なのだと感じた次第でした。

 そういえば、閲覧のできたサイトからの情報によると、湿原保護のラムサール条約で有名なイランのラームサルは、10.2mSv(=10,200μSv)の放射線を1年間で浴びているとのこと。世界的な平均はというと、1年間約2.4mSvとのこと。
 日本のことをどうこう言うなら、ラームサルに住むのだって危ないことになりますよ、と言ってやろうかとついつい意地の悪い気分になってしまう今日この頃です。

 一回で100mSV以上の放射線を浴びると危険といえるとのことなので、そのようなことが起こらないよう、原発で作業にあたっている方々には無理のない程度にがんばっていただき、関係機関にはきちんと情報を開示してほしいと思うのでした。

人気blogランキングへ
[PR]
by sarasayajp | 2011-04-08 15:48 | いろいろ |
2011年 04月 05日 |
b0006449_3132829.jpg


سال نو مبارک باد

امیدوارم که سالهای خوش در پیش داشته باشد


 調査旅行のため、三週間ほどイラン人が地名を訊くと思わず遠い目をしてしまうような場所ばかり回っていました。

 イランにおいても日本においても、春の訪れが希望をもたらすものでありますように。
[PR]
by sarasayajp | 2011-04-05 03:22 | いろいろ |
2011年 02月 16日 |
 今日は、修士課程の入試が行われるとかで授業が中止になってしまいました。

 ちょうどいい機会だから、先日し損ねた両替をしようと、再びエンゲラーブ方面へ。
 乗り合いタクシーで乗り合わせた男性が、「今日はエンゲラーブは封鎖されていないよね?」と運転手に確認しています。
 運転手は、「自分はエンゲラーブから来て、その時は何もなかった」というので、一同一安心。
 ところが、テヘラン大学近くなったところで警察車両が道路を封鎖しています。ここから先は通行止めだから歩けとのこと。
 周囲を見れば、受験生らしき大学生も多く歩いていますし、これなら大丈夫かとエンゲラーブ通りまでてくてくと歩くことに。
 エンゲラーブ通りに着いてみると、交差点にびっしりと警官と警察車両がいて、道路を封鎖しています。とりあえず、バスは動いているようなので、そこにいた責任者らしき人に、「フェルドウスィーまで、バスなら行けますか?」と尋ねると、バスで行けとのこと。
 バスに乗ってフェルドウスィー広場方面へ向かう(西から東へ)と、デモ隊が正面からやってきます。
 バスの乗客一同、「ムーサヴィー派?それとも?」と確認しています。
 イラン国旗やら、イマーム・ホセインの名前入りの旗、「ムーサヴィーに死を ハータミーに死を」というプラカードやらを掲げた、ひげの濃い男性たちやチャードルをぴっちりと着込んだ女性たちという、どう見ても体制派の人たちによるデモです。

 一時帰国から戻って二度の外出で二度デモにあたるというのも何だかなあという感じです。まあ、体制派デモなら発砲されたり、混乱が起こってどさくさ紛れに拘束されるということもないと思うのでまだ心配は少ないのですが。

 現政権の恩恵を受けている人も案外多いですし、体制に不満を持ってはいても、体制が変わることで社会が急激に変化することを好まない人も多いのは確かです。
 そんな中、このままもみ合いながらどこかに落としどころを見つけるのか、一気に体制の交替まで持ち込むのか。
 ベビーブーム世代が雇用問題にさらされている状況なので、これを解決しない限りは社会は安定しないのだろうとは思います。一党独裁で一度も選挙を行ったことがない中国を見て思うのですが、自由よりも仕事なのかなとも思うところです。

 革命記念日やエジプトやチュニジアの余波なのか。
 これがこのまましばらく続くのか。
 外国語学部の目の前には大学寮がありますし、大学本部はエンゲラーブ通りに面しています。授業を担当している学生には、体制派も反体制派もいます。
 目の前で起こっている出来事が気にならずにはいられない今日この頃なのでした。

人気blogランキングへ
[PR]
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Yuzuki Skin by Sun&Moon