イランという国で
sarasaya.exblog.jp
  ブログトップ
|
|
2013年 07月 11日 |
 日を改めて、もう一度同じ村へ。8時までには来るようにと言われていたのに、車の調子が悪く、8時半を回っての到着。先日とは違う案内人に「遅い」と言われながら出発。
 村の外れの道路脇から谷へ。谷の奥に向かって下り、涸れ川を渡り、谷を登り、また谷を奥に向かって下り、涸れ川を渡り、谷を登り、泉で水を飲み、休憩を取り、また歩き、歩き、歩き、泉で休憩し、ギーラーン州とガズヴィーン州の境界となっているという川を渡りガズヴィーン州側へ。また谷を越え、谷を越え、谷を越え。大小合わせ幾つの谷を越えたのか分からなくなった頃。これが最後の難関、という崩れやすい岩場を恐る恐る下り。
 あそこだよ、と案内人が指さしたのは、岸壁の中程に口を開けた洞窟でした。
 引き続き崩れやすい岩場を登り、踊り場のようになった洞窟の前にへたり込んだのが午後2時頃。
 アップダウンそのものはそれほど多くないのですが、急な上り坂下り坂を避けるために谷をぐるりと迂回するために、とにかく歩く距離が長くなってしまいます。先日と同じく、はじめの30分ほどは高地の空気の薄さに身体が慣れるまでの時間で、ひたすらぜいぜいとあえぎ、案内人について行くのがやっとです。自分の体重と荷物を移動させることの大変さをしみじみ感じます。
 洞窟の前で、案内人が持参のお茶道具でお茶を沸かしてくれ、同じく持参のパンとチーズ(両方自家製とのこと)、私の持参したお菓子で小腹を満たし、洞窟内へ。
 懐中電灯を持ってくるようにとあらかじめ言われていたのですが、それでも暗く、濡れて足場の悪い洞窟内をよじ登り、最奥まで行くのは難しく、途中までで断念せざるを得ませんでした。しかし、来てみないと分からないことはたくさんあるということは改めて実感できたのでした。

 村に帰り着いたのは実に夕方7時過ぎ。2700〜2800メートルという山の中でよくまあ歩いたものだと、自分で感心してしまったのでした。不思議と筋肉痛などはなく、右足の外反母趾気味の親指の付け根が痛くなっただけだったのはありがたかったのでした。
[PR]
by sarasayajp | 2013-07-11 08:39 | いろいろ |
2013年 07月 07日 |
 期末試験も終わり、一時帰国までの期間をこれまで継続してきた聖所の調査に充てることにしていたのですが、これまでずっと行ってきた調査の中で山の上にあるとか遠いとかいう理由で残されてきた場所が多く、非常に難渋しています。

 まず、山の中にあるという場所。これが実に多いのです。
 昨年の夏、一時帰国直前にある聖所を訪れようとしたのですが、資料にある最寄りの村というのがまず大変な場所でした。ギーラーン州のルードバール郡にあるということなので、ルードバール市から村に向かったのですが、これがまた大変な道のりで、山の中の人影もない道をひたすら走り、結局道を間違えてしまい、村にたどり着くことができずに一回目のトライは終わってしまいました。
 その際、道を間違えてしまったことを教えてくれた人が、ルードバールからではなくて、ガズヴィーン州側から行った方が道も良いし(少なくとも道の半分までは舗装されているとのこと)、近いと教えてくれたので、そちらから挑戦することに。しかし、村から随分歩いた山の中に目的地があると言うし、これは日の長い時でないと難しいだろうということで、一年待って、この夏に再トライです。
 テヘランからだと大変なので、ガズヴィーンに一泊して早朝出発(テヘラン-ガズヴィーン間は約2時間)、と考えていたのですが、宿の数の少ないガズヴィーンはシーズンを迎えたアラムート観光の客でいっぱいだというので、夜、テヘランを出発して村に向かいました。
 テヘランからガズヴィーンまで2時間、そこから村まで山道を2時間半、村に到着するだけでも一苦労です。
 村で目的地について尋ねるとびっくりです。何と、私が調査する予定だった場所の他に、もう一カ所調査対象になる場所があるというのです。元々の目的地は途中まで車で行って、そこから徒歩片道一時間とのこと。しかし、もう一カ所は、徒歩で片道4時間はかかるというので、一日で両方の調査を終わらせるのは無理だと、とりあえずは近い方から行くことに。
 しかしこれが大変なのでした。村のある場所が標高2700メートルという高地ですから、恐らく富士山の五合目より高いのではないかと思います。そこを歩くのですから大変です。案内を頼んだ村の人は慣れていますからすたすたと歩いて行きますが、普段テヘラン住まいで(標高1000メートルくらい)、デスクワークが多く、加齢もあって体力の低下が目立つ私は、まず呼吸だけでも大変です。カメラなどの荷物6キロを担ぎ、休み休み歩くのが精一杯です。案内の人が親切で、こちらの状況をすぐに分かって荷物を持ってくれたので助かりましたが、それでも身体が慣れるまでは死ぬ思いでした。
 残雪の残る、道なき道を歩くこと1時間半、目的地に到着です。
 現在ではここに詣でる人もいなくなってしまったという標高2800メートルを超える山の上で、どうしてここが聖所とされたのか、やはり高いところに立つと神を近く感じられるのかなあと、ぼんやりと感慨に浸ったのでした。

b0006449_6403716.jpg

雲がとても近く見える感じ

[PR]
2013年 04月 11日 |
 昨日は、今学期末がどうなるか分からないとお話ししましたが、昨日の午後、ようやく正式な通達が回ってきました。やはり、学期を短縮、期末試験を選挙までに実施してしまえということのようです。

 ということで、試験日程の作成をよろしく、と、学科室で仕事をしている私に、学科事務員が一般教養と第二外国語の試験日程リストを手渡し去って行ったのでした。
 事務員にも、私は時間割作成職人だと認識されているようです。確かにこの数年、私が時間割を作成しているのですが。

 試験日程は二週間。ところが二週目には祝日が二日も入っているため、試験に使える日は実質9日間です。これで、学生や先生から文句の出ない日程を組むことができるのかどうか。なにせ、

・一日に同じ学年の試験を二つ入れてはいけない
・二日連続で同じ学年の試験を入れてはいけない
・一般教養や第二外国語の時間割を優先する

 ですから大変です。
 1年生や2年生はまだ授業そのものが多くないですし、特に1年生は一般教養も入っていませんから何とかなるのですが、3年生や4年生になると専門教科も増えているので大変です。専門教科を二日連続で置こうものなら抗議がやってきます。さらには、一週目や二週目に自分の担当教科の試験が集中すると文句を言う先生もいたりするので、そのあたりも配慮しなくてはいけません。

 一日に試験を二つ実施してはいけないというのは、大学だけではなくイランの全ての課程でそうだというのですが、ちょっと甘やかされすぎではないかと、一日二〜三教科くらいの試験が当たり前だった私からすると、少々納得がいかない気分なのでした。

 これが通常の学期時間割となると、
・正規教員は月曜日に授業を入れるな
・正規教員は一日2コマ以上授業を持つな
・一般教養・第二外国語の時間に専門教科の授業を重ねるな
・単位を落とした学生が、落とした単位とその学期に履修できる単位全てを履修できるよう配慮しなくてはならない
・教務課に時間割を提出した後は、一切の変更を認めない

 等々、更に縛りが厳しくなります。
 学生の単位取得状況全てを把握して、彼らが本来履修できる授業を全て履修できるように時間割を作成するなど至難の業です。だいたい毎年一人くらいは困った学生がいて、単位を落としまくっていたりして、学期末の時間割作成作業時にこちらを困惑させてくれます。

 最近では、時間割を作成してくれるソフトがあるということですが、イランでもそういうソフトを開発してもらえないだろうかと思わずにいられないのでした。
[PR]
2012年 09月 02日 |
 タイミングの悪い時期、場所での仕事を終え、金曜日にはまた陸路テヘランに戻る予定でした。
 ところが、木曜深夜、追加の仕事が入り、「この面倒な時期に?」と目の前が真っ暗に。
 金曜朝、ホテルに掛け合ってみたものの、「ファルマンダーリー(内務省関連機関)から今日はホテルを空にするよう要請を受けている」とのことで、チェックアウトせざるを得ず。運転手も土曜日に仕事があるからということで、単身帰さざるを得ず、帰りがどうなるのかという不安ものしかかってきます。
 幸い、いつもシーラーズで使っているホテルで、一部屋だけなら開いているとのことで、とりあえず一晩の宿は確保できました。しかし、仕事がいつまでかかるか分からないので、バスの予約もできません。(金曜日の時点で、国内便は月曜の午後まで空席は一切無し)

b0006449_1728444.jpg

私には珍しく、有名観光地を久しぶりに訪問。


 土曜日夕方、何とか仕事を終わらせ、一縷の望みをかけ、休暇を過ごした人達でごった返す長距離バスターミナルへ。しかしそこでも、「火曜日まで全てのテヘラン便が満席」とのこと。
 長距離乗り合いタクシーを探してみたものの、テヘラン行きもエスファハーン行きもないとのこと。タクシー会社に電話をして見ても、「エスファハーンまで?無理」との返事。知り合いのつてで、ツアードライバーを探してもらっても、これもまたみんな仕事中だったり連絡がつかなかったりで、全く捕まりません。

 さてどうしたものかと途方に暮れていると、かすかに「テヘラン!テヘラン!」と呼び込みの声がします。大急ぎで近づき、「テヘラン?バス?タクシー?」と尋ねると、「乗り合いタクシー」とのこと。呼び込みをしている人は、正規タクシーの制服を着ていますし、まあ大丈夫だろうと、「乗るの?」に「乗る!」と返して、ついていくと、確かに黄色く塗られた正規のシーラーズタクシーです。
 道々聞いた話によると、本来はシーラーズ空港と市内を結ぶタクシーなのだけど、フライトキャンセルばかりで仕事にならないし、それならターミナルでチケットにあぶれた人を拾おうとターミナルにやって来た由。道理で、ターミナルのタクシー乗り場ではなく(シーラーズ市内専用)、ターミナルの外にとまっているわけです。
 何にせよ、これで朝にはテヘランに到着できると一安心。

 ところが、後部座席に三人で座っていると結構ぎゅうぎゅうで、眠るどころではないし、身動きもなかなか取れないために腰は痛いし、モスィーバト(難行苦行)な12時間だったのでした。
[PR]
2012年 08月 29日 |
 イランに戻ってから地方にばかりいたためぴんときていなかったのですが、30日から31日にかけて、テヘランで非同盟国首脳会議が行われます。
 不思議なことに、そのため、火曜日から政府関係機関と銀行が全て休みとなっています。それに伴って大学も入校できないようになっていてびっくりです。

 月曜日にタブリーズからテヘランに戻る国内便の機内で配られていた新聞の一面に、こんな写真が。

b0006449_12421020.jpg

 イラン国内のテロの犠牲となった核技術者の、テロリストにより爆破された自動車を会議場前に展示する。だそうです。

 イランがこの会議を、核開発に関する自分の立場を主張するために使うつもりなんだな〜と。
 そういえば、このテロの犯人が特定されたというニュースを聞いていないような気がするのですが、その後、捜査はどうなっているのでしょうか。

 もう一つこの会議でイランの立場の主張のために利用するはずだったエジプト大統領は、数時間だけの滞在予定なのだとか。エジプトとしても、イランの立場の宣伝に使われたくないというところなのでしょう。
 百カ国を超える国の首脳クラスが集まるのですから、まあ、いろいろな思惑があるのだろうなあと想像はできますが、そのために国内便のフライトを減らすとか、国内各機関を一週間も休みにするとかいうのは、一体どういう意味があるのか、ちょっと悩んでしまうのでした。仕事に支障を来すので困るのです。
[PR]
2010年 05月 30日 |
 なんだか忙しい日が続いています。
 週の半分はテヘランにおらず、テヘランにいても夜8時前には家に戻れない状況です。

 こういうとき一人暮らしで困るのは食事です。
 食材を買いに行く暇もなければ、あっても一回の食事に必要な分だけという少量では売ってくれないしで、なかなか大変です。家にいないことも多いから無駄にする食材は多いし、そもそも忙しくて食事を作る意欲自体が低下しているしで、食生活が荒れ気味です。

b0006449_713386.jpg

 ということで(?)食事の写真。
マーザンダラーン方面が発祥らしい「アクバル・ジュージェ」。骨付きの若鶏の半身を焼き、ザクロペーストをつけながら食するもの。下手なところだと油っぽさが気になるのだけど、美味しいところで食べると当たり前だが美味しい。

 それにしても、自分のブログにアクセスできなくなることがあるのですが、イラン政府のフィルターに引っかかっているのでしょうか。困ったものです。
 アクセスできないな〜と思った翌日には、テヘランを吹き荒れた嵐のおかげで電話線が断線し、今度はネット自体に接続できない事態に。何度も書いているはずですが、雨雪風で断線する電話線というのはいい加減にどうにかしてほしいものです。とりあえずつなげば良いんでしょ、ではなくて、根本的な解決をしてほしいと思わずにいられない今日この頃なのでした。

 ということで、しばらく更新できない日が続くかと思いますが、そういう事情ですので、「今日は忙しいか、テヘランにいないか、アクセスできないかのどれかなんだな」と思ってください。

人気blogランキングへ
[PR]
by sarasayajp | 2010-05-30 07:19 | お知らせ |
2008年 04月 09日 |
 原稿の修正や企画書作成などがたてこみ、プチ引きこもりの日々でした。

b0006449_11195094.jpg


 昨日はノウルーズ休み後初めての授業でした。
 授業で使うプリントを用意し、さてそろそろ出かけようかと支度をしていると電話が鳴りました。
「先生。今日は一限目から授業がありましたよね。学生が待っているのですが」
「は?まだ時間じゃないですよね?え?時計が止まって…あ!!」
「サマータイムですよ」

 そうなのです。
 サマータイムが始まっていたにもかかわらず、時計を直していなかったのです。大急ぎで大学へ向かい、学生たちには振り替え授業を行うことで許してもらいましたが、新年早々大失敗です。

 去年、「欧米の習慣であるサマータイムを使うメリットはない」という大統領閣下の鶴の一声で廃止されたサマータイムが今年はなぜ復活したのか、テレビも新聞もほとんどチェックしない日が続いていたので、実は理由がよく分かっていないのですが、システムをころころと変えるのはやめてほしいなあと、自分の失敗を棚に上げてついつい文句をつけてしまったのでした。


人気blogランキングへ
[PR]
by sarasayajp | 2008-04-09 11:20 | いろいろ |
2008年 01月 27日 |
 大学の期末試験も終わり、新学期まで一週間の休みです。もっとも、まだ採点が全部終わっていないので休みどころではないのですが。

 学期の終わりになってようやく、「そういえば、先学期の給料を出していなかったっけ」と思い出したのか、先学期の給料が支払われました。先学期といえば夏休み前の学期です。非常勤の先生同士で「6ヶ月以上支払いが遅れたんだから、利息も付けて欲しいよね」などと、半ば本気で笑い合うような遅れぶりです。

 まあ、それでも出たというのなら受け取りに行かなくてはと、会計課へと小切手を受け取りに行きました。それを銀行へ持って行き、口座に振り込んでもらおうとしてふとおかしなことに気がつきました。
 私は先学期、6コマ12単位の授業を担当していました。その前の学期も同じです。ところが、先々学期の給料と比べて先学期の給料は随分と少ないのです。時給単位が下がったとも聞いていないしおかしいなあと、とりあえず換金するのはやめて家に戻りました。
 次に大学へ行ったときに、学科長を捕まえて「ちょっとおかしいと思うんですけど」と訴えてみたところ、「あ、そうそう、非常勤の先生は10単位以上を教えてはいけないという規則があったので、あなたともう一人の先生は2単位分の給料が支払われていないのですよ」とのこと。
 その場にいた先生方全員で唖然としてしまいました。
 そういう規則があるのなら、どうして先学期の時間割を大学に提出したときにそれが指摘されなかったのでしょう。つまり、私たちはただ働きですか?とあきれていると、「とりあえず、今学期分の給料に残りの2単位分が加えられるようにしておきますから」とのこと。先々学期はそういう規則がなかったけど先学期にはそういう規則ができていたのか?と不思議なのですが、そういう通知は全く記憶にありませんし、他の先生方にしてもそうだったようです。

 これまでにもイランの事務のあれこれには、文句を言いつつも慣れていたつもりでしたが、まだまだ甘かったということを思い知らされた出来事だったのでした。

人気blogランキングへ
[PR]
2008年 01月 13日 |
 昨日は日射しもあって、久しぶりに気温が上がったような気がする一日でした。

 それにしても、バグダードで100年ぶりくらいに雪が降ったというニュースにはびっくりです。いかに強烈な寒波がこの地域を覆っていたのかを実感してしまったのでした。

b0006449_1183551.jpg

 この寒波で滑走路が凍結し、空の便は正月からずっと混乱しています。
 1月中は日本から来られる方のアテンドの仕事がいくつかあり、これまでスケジュールの変更やら何やらでばたばたしていました。
 昨日も日が落ちてからはまた随分と冷えてはいたのですが、そろそろ寒波にも立ち去って欲しいなあと、寒波到来から二週間目を超えて、しみじみと思わずにはいられないのでした。

人気blogランキングへ
[PR]
2007年 11月 10日 |
 この週末は、寝込んでいた間にできなかった仕事を片付けよう!と決意をしていたのですが、気がついたらひたすら寝ているだけの週末となってしまっていました。溜まる一方の仕事に、これはちょっとまずいのでは、とは思うのですが、身体の方がなかなかいうことを聞いてくれません。年をとるというのは無理がきかなくなるということなんだなあとしみじみ感じてしまう今日この頃です。

 溜まっていく一方の仕事というのはほとんどが翻訳の仕事なのですが、ジャンルが様々な上に、ペルシア語→日本語だったり、日本語→ペルシア語だったりで、ちょっとくらくらしています。

 こんな風に翻訳を引き受けていて、それから大学で色々な人と話をしていてちょっと不思議に思うことがあります。
 自分の研究対象とする国の言葉も知らずに研究をしている、あるいはしようとしている人が意外と多いということです。

 日本の経済、教育、建築、言語学等々ジャンルは様々ですが、「英語を使えば十分研究できるから」と日本語を勉強する気はないという人が、どうしても使わざるを得なくなったからと日本語の資料や論文の翻訳を持ち込んでくるのです。
 確かに、日本関係の研究をするのに日本語は絶対に必要ではないかもしれませんが、少しくらい勉強しておいた方が良いんじゃないの?と思ってしまう私の方がおかしいのでしょうか。

 「翻訳ソフトもあるし、自分で勉強する必要なんてない」と言う人もいて、なんだかちょっと考えてしまったのでした。確かに日本語→英語なら翻訳ソフトも沢山ありますし、ネット上でも翻訳サイトはあります。しかしそれにだけ頼っていて本当にいいの?という感じもするのですがどうなのでしょう。

 言葉の翻訳や置き換え、定義などちょっとしたところで厳しい突っ込みを入れられてしまう人文系の学会や研究会を体験していると、こういうおおらかな考え方というのはちょっとカルチャーショックであったりするのでした。

人気blogランキングへ
[PR]
by sarasayajp | 2007-11-10 18:31 | イラン人 |
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Yuzuki Skin by Sun&Moon