イランという国で
sarasaya.exblog.jp
  ブログトップ
タグ:テヘラン生活 ( 31 ) タグの人気記事
|
|
2009年 08月 29日 |
 ビザの話で思い出したのですが、この一年、ビザに関してはトラブル続きでした。トラブルと言っても深刻なものではなかったのですが。

 例えば

 昨年の夏休みも一時帰国をしていたのですが、その最中に滞在ビザが切れました。リエントリービザの期限(出国日から三ヶ月)までにイランに戻り、24時間以内にビザの延長手続きをするように、とのことでしたので、夏休み前にレター類は揃えておき、帰国の翌日、朝一番でビザの延長申請に行きました。
 ビザの延長のために料金を支払わなくてはならないのですが、これが予告無しに変更されることがあるので、オフィス内でお知らせがないかどうか確認したかったのですが見つかりません。そこで、窓口のおじさんに尋ねたところ、「10トマーン(100万リヤール=約1万円)、学生はそこから80パーセント引き」とのこと。
 思わず耳を疑ってしまいました。
 その半年前は1万2千トマーン(12万リヤール=1200円強)でしたから、いきなり8倍以上の値上げです。
 多少多めに持ってきていたとはいえ、そこまでとは思ってもいませんでした。自宅まで戻ってお金を用意して、銀行に振り込みに行っていたら、書類の提出期限に間に合いません。
 不法滞在をするわけにはいかないと、窓口のおじさんに頼み込み、何とか書類を受け取ってもらうことができました。「受け取りはしたけど不備があることに後で気づいた」ということにしてくれたようです。こういう不思議な融通の効き方はイランで助かるところです。

 翌日と翌々日は仕事があってオフィスへ行くことができず、三日後にようやく銀行の振り込みレシートを持って行くことができました。
 オフィスの前でタクシーを降りると、なんだか変です。いつも人でいっぱいになっている入り口の門が閉まっているのです。今日は休日ではないはずだけどなあ、臨時の休日だっけ?と考えながら中をのぞき込むと、警備の兵士が見えます。休みなのかと聞くと、「引っ越した」とのこと。そんな話は聞いていません。オフィス内に告知も出ていなかったはずです。
 引っ越したなら引っ越したで、入り口に新しいオフィスのアドレスくらい出しておいてくれても良さそうなものですが、そうしたものもありません。兵士に聞いてみても、「よく分からないんだけど、ポリス通りのどこかにあるよ」と、なんとも心細い返事です。
 ポリス通りならキャランタリー(警察署のような場所)もあるし、そこで聞けば分かるだろうと、タクシーを拾ってポリス通りへ。
 ところが、キャランタリーの受付も通り沿いの商店も、誰も引っ越してきたオフィスのありかを知りません。
 そうこうするうちに、他の仕事の時間が迫ってきたため、新しいオフィスの捜索は翌日に持ち越しです。

 翌日、もう一度、前のオフィスへ行ってみることに。
 そこにいた兵士にオフィスの引っ越し先を聞くと、ポリス通りからソルーシュ通りに入ったところにあるということが判明。意気込んでソルーシュ通りに行ってみたものの、警察学校や軍関係の施設ばかりでビザオフィスは見つかりません。それほど長くもないソルーシュ通りをうろうろしていたら、警察関連施設の看板を掲げた門の前に立っていた兵士が、「ビザか?」と声をかけてきました。その通りと応えると、ここがそうだよ、とのこと。

 タイミングが悪かったといえばそれまでなのですが、右往左往させられてしまったのでした。

 しかし、ビザオフィスの方でも思うところがあったのか、ビザの種類に応じた申請・更新に必要な書類、金額、振り込みの口座番号などが書かれたパンフレットを用意するようになりました。これは非常に助かります。こうしたことができるなら、
ちゃんと引っ越しの案内もして欲しかったなあと思いつつ、やはりビザの手続きで必要になるであろう人の分までパンフレットをもらって帰ってきたのでした。

人気blogランキングへ

 おまけ

b0006449_857040.jpg

この春生まれの雛たちは好奇心いっぱい。頼むから、PCの上で遊ぶのはやめてちょうだい。


人気blogランキングへ
[PR]
2009年 04月 18日 |
 新しい住所表示がまた新しいものに換えられていた!

 夕食を作るのが面倒だったので、近所の店から配達してもらうことに。
 先日変わった新しい住所を告げて、待てど暮らせど夕食は来ません。
 「一体どういうこと!?」と電話をすると、届けたのに誰も応答しなかったとのこと。
 私はずっと家にいたぞ、と、ぷりぷりしながら再配達を頼み、今度はドアの前で待っていましたがやはりやってきません。
 ふとドアを見上げると、なんと、住所が「25」になっています。
 ちょうどゴミ捨てに降りてきた大家さんに確認すると、「なんだか知らないけど、昨日取り替えていった」とのこと。
 慌てて再度電話を入れ、「正しい」住所を伝えて届けてもらったのですが、二度手間三度手間にぶつぶつ文句を言われてしまったのでした。

 大家さんも、この住所表示変更については、「元々何の意味があるのか分からない変更だったのに、どうせ、番号を振り間違えたとかそんなくだらない理由で再変更になったに違いない」とお怒りのよう。

 電話番号の変更については、電話番号が足りなくなったためという理由があったので納得できたのですが、住所表示についても、近年の建築・改築ラッシュによるものなのか、それとも他に理由があるものなのか、もしかしたらアナウンスがあったのに私が聞いていなかっただけなのかもしれませんが、ちょっと不思議な感じがするのでした。

人気blogランキングへ
[PR]
by sarasayajp | 2009-04-18 02:17 | いろいろ |
2008年 05月 07日 |
 ふと気がつくと、この土曜日から乗り合いタクシーが値上げされていました。テヘラン市内全体で値上げがあったのかどうかはまだ分かりませんが、少なくとも我が家の近所では25〜50トマーンの値上げがあったようです。

 普通、ノウルーズ休みが明けると値上げがあるのですが、今年は一ヶ月遅れての値上げでした。油断していたところにやられてしまったという感じで、ちょっとびっくりです。

 ガソリンの値上げがあったわけでも何でもないのに、物価の上昇にあわせて自動的に値上げが行われるイランのタクシー業界というのがどんなものなのかちょっと悩むところなのですが、この物価高では仕方がないかともついつい思ってしまうのでした。

 ただ、乗り合いタクシーに関しては、ちょっと不満はあります。

 昨年の夏休み明けころから乗り合いタクシーの数がずいぶんと増えました。認可乗り合いタクシーを増やすことでテヘラン市民の足を確保するとか、ガソリンの値上げに伴うタクシーの値上げを防ぐとか色々な理由はあったらしいのですが、交通渋滞をひどくしただけで全く意味がないように見えます。

 乗り合いタクシーの会社に登録すると、一般車に比べると優先的にガソリンスタンドで給油ができ、また配給量も多いのだとか。
 そのため、乗り合いタクシーとして登録だけして客を乗せようとしない人も多いのだそうです。貸し切りとして一日に三四人の客を乗せて終わり、という人も見られるとか。その代わり貸し切り料としてかなり高くふっかけてきます。
 と、友人・知人たちから聞いているのですが、実際、乗り合いタクシーを拾おうとしても、なかなか拾えないことも多いのでその状況はなんだか分かります。どうして客を乗せていないのに客を拾おうとしないのだろう?と不思議に思うくらいに空の乗り合いタクシーがたくさん走っているからです。

 乗り合いタクシーの値上げがあるとしばらくは、乗客と運転手の間でのけんかが多く起こるようになるのですが、今年はどうなるでしょうか。25トマーンくらいでそんなけんかまでしなくても、という光景を目にすることもあります。
 でも実際、このインフレで、乗り合いではないタクシーに乗ったときなど、500トマーンや千トマーンくらいなら誤差のうちかも、という気分になり始めているところがちょっと怖いところです。

人気blogランキングへ
[PR]
2008年 04月 19日 |
 毎週末になると、田舎に買った小さなバーグ(農園)へ出かけて農作業をするのが楽しみという大家さんが、昨日の夜、おみやげを持ってきてくれました。

b0006449_19255278.jpg

 ごらんの通り、卵です。

 最近、バーグでがちょう、七面鳥、鶏を数羽ずつ飼い始めたとのことで、生み立て卵です。
 一番大きいのから、がちょう、七面鳥、鶏だそうです。
 がちょうや七面鳥の卵も鶏の卵と同じように調理していいのかなあ?がちょうは鶏の卵二つ分くらいにはなりそうだなあなどと思いつつ、ありがたく新鮮玉子をいただいたのでした。

 「今度は子羊を飼おうと思っているんだ」という大家さん。
 金銭的にはものすごく余裕があるわけでないにしても、引退後にのんびりとこういう生活が送れるっていいなあと、かなりうらやましく思う大家さん一家の生活なのでした。

人気blogランキングへ
[PR]
by sarasayajp | 2008-04-19 19:50 | いろいろ |
2008年 03月 12日 |
 ずっと寒さのことばかり話題にしていましたが、春は着々とやってきています。

 1月にはこんな様子だった公園も

b0006449_18363523.jpg

 今は柳が葉を出し始めています。

b0006449_18391373.jpg

b0006449_18395529.jpg

 仕事が一段落したからでしょうか、春の徴があちこちに見えるようになったからでしょうか。
 なんだか久しぶりに周囲をゆっくりと見回す気持ちになったような気がします。

b0006449_18414666.jpg

 春の初めの日、ノウルーズまでもうすぐだなあとしみじみと感じたのでした。

人気blogランキングへ
[PR]
by sarasayajp | 2008-03-12 18:43 | いろいろ |
2008年 03月 07日 |
 このところ、ちょっと災難が続いています。

 最初が買って丸三年のPCが故障したこと。
 数日前からかたかたとハードディスクから嫌な音がして、立ち上がらなくなることが出ていたので、これはもしかすると、と、大切なデータを外付けのハードディスクにコピーをした矢先、とうとう立ち上がらなくなってしまいました。
 日本から来ていた友人に頼んで日本に持って帰ってもらい、修理の見積もりを出してもらったところ、ハードディスク交換で7万円との診断。微妙です。修理をするよりは新しいものを買った方がいいのかも?と思わせる金額です。こうやって新しいものを買わせるんだろうなあと思いつつも、確かにもう三年使ったしなあとも思ってしまうところが悩みどころです。

 ところが、簡単に買い換え、といえない事情がもう一つあります。
 なんと、冷蔵庫まで壊れてしまったのです。
 それも扉が外れるというちょっと信じがたい状況です。
 一応修理をしてはもらったのですが、結局また外れてしまい買い換えることに。まあ、私のところへ来たときにすでに中古でしたので、これも寿命かと思うのですが。

 それにしても、冷蔵庫のドアというのは構造上外れてもおかしくはないわけですが、なんともびっくりの事件だったのでした。

b0006449_18185999.jpg


 とどめが、バックアップを取ったデータの一部が文字化けしてしまい、どうやっても読むことができなかったということでしょうか。これはまあ何とかしたのですが、こういうこともあるんだなあとしみじみしてしまったのでした。

 
[PR]
by sarasayajp | 2008-03-07 18:21 | いろいろ |
2008年 02月 01日 |
 寒波は峠を越えたとニュースなどで言われていましたし、この二三日は比較的暖かい日が続いていたのですが、昨夜は再び雪となりました。水不足が懸念される夏を考えれば、この時期にたっぷりと雪が降ってくれることはありがたいのですが、気分としては「ディゲ・バッセ(もう十分)」となってしまうことも否めません。ついつい、「山にだけ降ればいいのに」と自分勝手なことを思ってしまったりもします。

 今年の寒波は意外な被害をももたらしていました。
 よく考えれば意外でも何でもないのですが、テヘランの南にある大バーザールをはじめとする様々な場所で「水不足」が一時的に生じていたのです。
 原因は単純で、水道管が凍結して水が出ない、というだけのことだったのですが、このおかげでバーザール内のチャイハーネやレストラン、食堂などが軒並み営業できず、トイレも使えずで大変だったようです。大学前に軒を並べる本屋街でも、トイレを借りようと思ったら「水が出ないけど大丈夫?」と言われる始末でした。
 水道管に断熱材を巻くとか、夜に水抜きをしておくとか、そういうことをしなかったのか知らなかったのか。そういう状態が何日か続いていたようです。ちょうどアーシュラーも重なり、大変だったようです。

 何日か前に、バーザールを訪れたときにはもう復旧していたようでしたが、冬に雨や雪が降るのは分かっているのに対策がほとんど考えられていない町なんだなあと改めて思った冬だったのでした。まだ終わっていませんが。

b0006449_12445399.jpg

 人間は大変だね、と、アンティーク絨毯屋のサラーの片隅で。

人気blogランキングへ
[PR]
by sarasayajp | 2008-02-01 12:46 | いろいろ |
2008年 01月 17日 |
 寒波と大雪でどうなることかと思っていましたが、雪は一段落したようです。まだ寒さは続いているのですが日差しは戻ってきました。
 このままでは延期になってしまうのでは?と心配していた大学の期末試験も、この土曜日から無事に始まっています。

 この寒波により、イランの各地で問題が起こっていたようですが、私自身がそうした問題の一部に巻き込まれていたため、ニュースを見たり聞いたりする余裕もありませんでした。困ったものです。

 私が巻き込まれた雪&寒波の影響はまず、

 1.アテンドの予定が完全に狂ってしまった。
 まず、空港が使えなくなってしまったため、日本から到着する便が軒並みキャンセルあるいは遅延という事態に。それを受けて、国内便の予定変更やキャンセル、ホテルの予約の変更などなどを大急ぎで行うことに。
 また、イランだけではなく、中東各地で似たような状況だったらしく、ドバイ空港がとにかく飛行機を飛ばすことが精一杯だったのか、ロストバッゲージや積み残しなどが出て、これでまたあれこれ大変なことに。
 役所や学校が休みになったり、いつドバイから飛行機が飛ぶか分からなかったりで、スケジュールの変更もままならないというのもありました。

 2.タクシーが来てくれない。
 雪で私の家の前の道路が埋まりまた凍結していたため、家の前までタクシーが来てくれなくなってしまい、タクシー会社まで出向く羽目に。また、運転手が家から出たがらないためにタクシーの数自体が不足してしまい、タクシー会社自身も苦情が殺到して大変だったようです。

 3.ゴミの収集&お掃除おじさんが来ない。
 上で書いたとおり、私の家の前の小路が車が入りにくい状況だったということがあるのか、ゴミの収集車があまり来なかったようです。ゴミを家の前に出しても翌朝まで残っていることが何回かありました。
 ゴミ袋を出しっぱなしにしていると、猫やカラス、資源ゴミを探す人間がゴミをあさったりするので、ゴミが散らかされて大変なことになるのです。そして普段ならそれを朝早くから掃除のおじさんたちがきれいにしてくれるのですが、一番雪や寒さがひどかった時期はそれも来なくて、何日もゴミが散らかったままになってしまっていました。

 この二週間ほど、外出続きでテレビやラジオと縁のない生活を送っていたのですが、それでもイラン国内、特にイラン北部が大変だということは耳に入っています。特に、テヘランでガスの大量消費をしているため、イラン北部、カスピ海岸やアゼルバイジャン地方などでガスが不足し、様々な影響を及ぼしているそうです。なんとか、テヘランのガス消費を抑えて、そちらへガスを送ろうとしているようなのですが、便利な生活に慣れたテヘランの人たちがノースリーブで過ごせる室温を手放そうとしないためになかなかうまくいかないようです。
 カスピ海岸の方では、パンを焼くためのガスがないため、パンの値段が通常の20倍に跳ね上がり大変なことになっているとか。

 イランは世界で二番目のガス埋蔵量を持つと聞いているのですが、国内で使っている分はトルクメニスタンからも輸入しているのだとか。なんだか不思議な話です。もっとも、産油国なのにガソリンも外国から買っているのですが。

 ニュースを見ていないので、ガスが止まっている地方の人たちがどのように過ごしているのかはよく分からないのですが、かなり大変だろうなあと思います。

 正確な数は分かりませんが、死傷者も多く出ているようです。

 大変な人がいる一方で、この雪を利用して儲けた人もいます。

 私がよく使っているタクシー会社の社長は、自動車部品などの店も持っているのだそうですが、この雪と凍結でチェーンが異常に売れたそうなのですが、一方で、タクシーをうまく回すことができない状態が長く続き大変だったとか。

 昨日の昼に乗っていたタクシーの中で聞いたラジオニュースによると、サウジアラビアでこどもが寒さのために凍死したということです。イランを覆っていた寒波がサウジアラビアにまで達していたとは知らなかったので、非常に驚いてしまったのでした。

 そういえば、寒波のもたらした影響がもう一つありました。

 イランは(シーア派地域ではの方が正確でしょうか)アーシュラーの10日間が始まっています。
 いつもなら、ダステと呼ばれる行列が鎖で体を打ったり、胸をたたいたりしながら通りを練り歩くのですが、今年は今ひとつ盛り上がりに欠けているような感じがします。寒波のせいだけではないかもしれませんし、私の気のせいかもしれないのですが、何となくそんな感じがすると気がついたこの二三日なのでした。

人気blogランキングへ 
[PR]
2008年 01月 01日 |
b0006449_1236447.jpg


 テヘランは雪の元旦(正確にはイランでは元旦ではないのですが)です。

 昨年一年はどうもありがとうございました。今年もまたよろしくお願い致します。

 ということで(?)、イランは平日なのでこれから出勤です。いってきます。

 なんだかしまらない2008年の始まりです。

人気blogランキングへ
[PR]
by sarasayajp | 2008-01-01 12:49 | お知らせ |
2007年 12月 14日 |
 このところ、生活のペースがおかしなことになっています。

 夕方になると眠くなってきて、ちょっと横になろうものならそのまま夜中まで熟睡してしまい、深夜になってごそごそと起き出す始末です。
 そうなると夕食を作る気にも食べる気にもなりませんし、お茶とお菓子を少しつまむくらいで明け方まで仕事をしたりして過ごしてしまいます。
 朝食をとって、授業のある日は大学へ行き、なければ少し仮眠を取って、また仕事をしたり買い物をしたり。

 こんな生活パターンになったからといっても、睡眠時間は十分に取れていますし、仕事にも支障を来しませんし、ほとんど困ることはないのが困りものです。

 何に困るだろうと考えてみて思いつくのが、食事をきちんととっていないこととゴミ捨てくらいです。それでも、朝食と昼食はちゃんととっているのでまあ良いかなあという感じはしますが。

 テヘランでは、夜8時から12時の間にゴミを出すようにとの指導が行われています。実際、ゴミの収集がその時間内に行われるので、深夜0時を過ぎて出したゴミは翌日まで残ってしまいます。
 ところがこのところ、私がこのゴミを出せる時間帯に熟睡しているため、ゴミが出せないのです。もっとも、食事をあまり作っていないので、生ゴミはほとんど出ませんから、何日かゴミを捨てられなくともそれほど困らないところも困ったところかもしれません。

b0006449_17585061.jpg

 最近は、小路の何カ所かにゴミを集めるためのボックスが置かれていて、朝にでもここにゴミを捨てるという手もあるのですが、家の前にあるのならともかく、私の家からは少し歩いたところにしかないので、そこまでゴミを持っていくのも面倒です。

 このゴミ収集ボックス、一応ふたが付いているのですが、ふたが閉まっているのを見たことがありません。そして、ゴミを早く捨てたい人、あるいは夜に出し損ねた人が時間を問わずにゴミを放り込むので、かなり悪臭が漂っていることもあります。

b0006449_17594286.jpg

 あるいは家の前にゴミを放り出したまま夜を待つという人も見られます。これは、猫や烏がゴミ袋を破って漁ったり、あるいは資源ゴミを集めてお金にしようとする人がゴミ袋を破って散らかしたりするのでやめて欲しいなあと思うのですが、「どうせ清掃人が掃除をするんだから」と意外と皆さん平気なようです。

b0006449_180119.jpg

 このゴミ収集をしたり、箒を持って町を清掃している人の多くがアフガン人です。「彼らに仕事をやるために町を汚しても構わない」というイラン人の屁理屈をよく聞きますが、こればかりはちょっと理解しがたいなあと思わずにいられないのでした。

人気blogランキングへ
[PR]
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Yuzuki Skin by Sun&Moon