イランという国で
sarasaya.exblog.jp
  ブログトップ
タグ:テヘラン生活 ( 31 ) タグの人気記事
|
|
2014年 02月 18日 |
 今日のテヘランは曇り一時雨。この数日、暖かい日が続いていたのですが、さすがに雨の後はひんやりとしています。

 このところ、授業がない日はアルバイトのためにあちこち出かけている状況です。本当ならアルバイトをしないで生活できれば良いのですが、残念ながらそうもいきません。
 なんと、二年前の給料10ヶ月分が未払いのままなのです。
 周囲の人たちには「よく生活できるね」と感心されるのですが、まあ、何とかなるところがこれまたイランです。

 夏に大統領が替わり、イラン国内の官公庁で随分と人事異動があったようです。テヘラン大学も、夏休みが終わってイランに戻ってきてみたら色々と移動があったようです。
 外国語学部でも学部長が替わっていて、それに伴い事務職員の異動もあったようです。

 そして、「あなたの給料のことを交渉するなら今よ」という声に後押しされ、大学に対し二年前の給料が未払いであることを訴えるレターを送付(これまでは学科を通しての間接的な交渉のみしか許されていなかった)。
 これで本当に効果があるのかと半信半疑でいたところ、手続きをするからという返事がきてびっくりです。
 大学本部の国際部に出向いたところ、なんと、外国語学部前学部長が、外国人への給料の支払いを拒否していたという驚愕の事実が明らかに。本部も状況には気がついていて、前学部長に早く手続きを進めるように促していたのが無視され続けていたのだとか。
 学部長の交代によりようやく未払い問題が解決しそうではあるのですが、大きな問題が。2年前の契約ですから、2年前の予算から払われるべきものなのだそうです。ところが既にその年の会計年度は当然のことながら終わっています。それを既に残り少ないという今年の予算の中から支払ってもらうべく、大学に掛け合っているところなのですが、2年かけて解決しなかった問題が、大統領が替わった途端、解決に向かって動き出したということが何だかなあという感じです。

 アメリカなども大統領が替わると人事が一新すると言いますが、こんな感じなのかなあと思う今日この頃なのでした。

 ちなみに、予算がないのはテヘラン大学だけでなく、国営放送をはじめ、あちこちで似たような話はあるようです。細切れに分割で給与が支払われるので、どこまで支払ってもらっているか分からなくなるという話ですし、どこも大変なようです。
 それでも、大統領が替わって、なんとなく明るい雰囲気にはなったような気がします。観光客も増えているとかで、ノウルーズ以降はホテルの予約を取るのも難しいということです。欧米との関係も改善に向かいつつあるようですし、このまま良い方向に向かって欲しいと願わずにはいられません。
[PR]
2012年 02月 17日 |
 世間では、イランの発表が誇大発表だとか、攻撃を行うだとか、ホルモズ海峡を封鎖するだとか、色々と騒がしいようですが、国内は平常通りという感じに見えます。もちろん、色々と心配はしているようなのですが。

 とりあえず、私の今一番の心配はこれです。

b0006449_16591145.jpg

b0006449_17034100.jpg

 サロンの天井を通っている配管の一部が破損し、水漏れを起こし、その結果天井が落ちてきたのです。
 朝、いつもよりものんびりと目を覚まし、寝室を出ると、なにやらぽたぽたという音がします。何だろうと音源を探すと、サロンの天井から水がしたたっています。金曜日で、まだ上階の大家さん一家も起きていないようですし、とりあえず、たらいを置いてしのごうと思っていたら、天井がドサリと落ちてきました。
 これはまずいと、上の階へ飛んでいき、幸い、目を覚ましていた大家さんの息子に状況を見てもらいました。
 それからが大変です。
 まず、アパート全体の水を止め、大家さん宅の床をはがし、水の漏れている管を取り出し、交換しなければならないということで、その後、天井の芯となっている煉瓦等が乾いたら、天井の塗り直しをしてあげるから、とのこと。

 イランのこうした配管は完全に壁や床に埋め込んであるため、何かあるといちいち壁を壊したり床をはがしたりしなくてはなりません。
 日本でもこんなだったかなあと思い返してみるのですが、よく思い出せません。

 幸か不幸か、ちょうど、アパートの共用部分の壁などの塗り替えのための職人が来ていたため、改めて人を呼ばなくともすぐに作業に入れて、案外早く修理は終わりそうです。しかし、この一週間、アパートに充満するシンナー臭に苦しめられていたのが、また少し延びるのかと、少々微妙な気分でもあるのでした。
[PR]
by sarasayajp | 2012-02-17 17:02 | いろいろ |
2012年 02月 16日 |
 閣下の「重大発表」というのが「アメリカとの関係改善だったらすごいですよね〜」「国際社会の英雄になれますね〜」などと多少の期待を込めて冗談を言い合っていたのですが、まあ、ある意味予想通りの結果だったようです。
 中国とロシアがバックについている限り、制裁もアメリカが期待するほどには効果もないでしょうから、こんなものかもしれません。
 アメリカと関係を改善しようがしまいが、イスラエルに取ってはいらだたしい国には違いないと思うのですが、どうするのでしょうか。

 先日、イランの観光ビザについてのお話をしましたが、イランの安全についてのご質問も増えています。治安がそれほど悪くないことは言えますが、「旅行をしても大丈夫でしょうか?」という質問には、どう答えて良いか難しいところです。

 アメリカやイスラエルの攻撃があるかどうかは分かりませんし、今にも戦争になるぞというような緊迫感もそれほど感じないのですが(個人的にはこの意見に近いかも)、イランの通貨リヤール(日常生活ではトマーンという単位の方を使っていますが)の暴落に伴って、物価が上がっているため、何となくぎすぎすした感じが漂っているなあとは感じます。
 もっとも、物価については制裁が厳しくなる前から上がっていたので、純粋に制裁のためだけなのかはよく分からないのですが。

 私がイランに来た頃には闇レートがあり、公定レートは1ドル3千リヤールの固定相場だったのが、闇レートでは4千500リヤールくらいでした。その後、公定レートが変動相場となり闇レートはなくなったのですが、このところの国際情勢に、外貨に対するイランの人々の需要が増えたのか、闇レートが復活したようです。
 フェルドウスィー広場周辺に集まる民間の両替屋は、店先にその日のレートのボードを出しているのですが、最近、政府の指導が入ったとのことで、ボード上では政府の発表する公定のレートを表示しています。もちろん、店内では闇レートで交換している店も多いのですが。
 外貨からリヤールへは両替していても、リヤールから外貨へは、「外貨の持ち合わせがない」と断ることも多いようです。

 オーストラリアやカナダへの移住を目指す人も多いようですし、戦争になるならない以前に、人と資金の流出が問題なのではないかと思わずにいられないのでした。

個人的に頭の痛いこと
[PR]
2010年 05月 22日 |
b0006449_11585775.jpg


 テヘラン市内の工事現場で見つけた看板。

 「一瞬の怠慢が一生の後悔」

 こんなスローガンがあったのかあとちょっと感心。
 工事現場でも宗教的なスローガンが多かったような気がしていたので、こういう実際的なスローガンもあったんだなあと思ってしまったのでした。実際はあっても不思議ではないし、目に入っていなかっただけなのかもしれませんが。

 イランの工事現場は事故も多いとのことで、ぜひとも安全を心がけてほしいと思ったのでした。

人気blogランキングへ
[PR]
by sarasayajp | 2010-05-22 12:10 | いろいろ |
2010年 05月 11日 |
 先週、風邪のために授業を一日休講にしてしまったのですが、昨日、その時の振替え授業について話したところ、「先生、来週の月曜日は休日です」とのこと。そういえばそうだったと、「じゃあ、土曜日に…」と言うと、「先生、来週は土曜日と日曜日も休みです」と嬉しそうです。
 は?月曜日は確かに祝日で休みだけど、何で土日まで?大学の入試とかはこの時期じゃないし、政治的な集会が行われるような時期でもないしと不思議に思いながら学科事務室へ戻って聞いてみると、なんと、朝、政府発表として、休日(金曜日)と祝日(月曜日)に挟まれた土日もテヘラン市内の公的機関、銀行、学校、大学を休みにすると大統領閣下によって発表が行われたのだとか。
 またか、と、がっくりです。
 思いつきのように突然休日を増やすのはやめてほしいのですが。

 「一学期16回の授業を行うこと」と言われても、もともと休日は多いし、こんな風に突然休日が入ったり、休日の前後に学生が勝手に休日にして授業が成立しなかったり、政治的運動によって授業が成立しなかったりと、こちらがもともと予定も想定もしていない休講も多いため、16回の授業を行うことが難しい状況です。そのため、そろそろ期末試験の日程が発表されるこの時期になると、予定していた範囲を終わらせることができるのかはらはらすることになってしまいます。

 「休みにしてやるから子作りに励むようにっていう大統領の陰謀という噂だよ」と憤慨していた先生がいましたが、もし本当なら、夫婦一組につき7〜8人の子供を持つようにというあの発言は、実は撤回されていなかったのかもしれません。

 関係ありませんが、「テヘラン市内は休み」ということは、他の地域は休みにはならないということで、どうしてテヘラン市内だけなのか意図がよく分かりません。強力な中央による統制が行われているこの国では、中央が休みになっていれば、地方の公的機関だって仕事になりにくい部分もあるだろうにと少々不思議です。どうせ休みにするのなら、全国一律に休みにしてあげればいいのにと思わずにいられないのでした。

人気blogランキングへ
[PR]
2010年 04月 24日 |
 調査のため、カスピ海岸方面へ出かけていました。あちらは例年に比べて雨が多いとかで、調査も途中で切り上げざるを得ませんでした。

 テヘランに戻る車中で同行の知人がこれから帰ると家族に電話をしています。聞くともなしに聞いていると、「結局、夜はみんな外で寝たのか?」と言っています。電話を終えてから、「昨日、テヘランは大変だったんだけど知っている?」とのこと。はて、なんのことやらと思ったら、「何でも大きな地震が来るからと言うので、テヘランの人がずいぶんとたくさん外で夜を明かしたらしいよ」と言います。「何それ?何時間も先のの地震の予知なんて、日本だってできないよ」と言ったところではたと気がつきました。
「それって、政府が発表した予報?それとも…」
「そう、うわさだよ」
「なんでまたそんな噂が」
「大統領がゴムのキャビール(荒野・砂漠)でミサイルの実験をするとかで、その影響で大地震になるって噂になって。以前に似たようなことがあったから」
 そんな噂が回っていたとは全く気がつきませんでした。調査に出る前に既に出ていたのか、調査に出てからだったのか。
「でも、そんな町が崩壊するような地震なんて、核実験をしたって無理じゃないかなあ。ゴムのキャビールなら、テヘランから100キロ以上離れているよねえ。揺れるかもしれないけど、でも、建物が倒壊するかなあ。というか、イランの建築物を信用していないのか」
「家族には、そんなことないから安心して家の中で寝るように言っておいたんだけどね。でも、本当に外で夜を明かした人もいるらしいよ」

 土曜日に大学で学生に聞いてみようとは思うのですが、大地震については「何月何日に起こる」と定期的に噂が出るようです。周期的に大地震に見舞われているというテヘランですが、前回の地震から既に次の地震が起こっても不思議ではない時期を過ぎているらしいので、何となく不安があるのかもしれません。
 日本も東海地震が近い将来起こると言われて久しいように思いますが、テヘランだけでなく日本での現住所も被害の予想される地域にある身としては、少しでも地震を先延ばしにしたいと思うのと同時に、被害をできるだけ少なくする努力が必要なのだろうなあと、地震予知も含む技術的な方面でもがんばってもらう必要があるのかもと思うのでした。

人気blogランキングへ
[PR]
2010年 02月 24日 |
 金曜日からテヘランの天気は不安定で、時折雷雨に襲われています。昨夜は強風を伴う雨で、また雨漏りをするのではないかとはらはらしてしまいました。
 それにしても、二重サッシに取り替えてもらってから二三年は何ともなかったのですが、ふと気がつくと窓枠と窓の間に隙間ができているというのはどういうことなのでしょうか?アパートが年々ゆがんでいるということなのか?と、少々不安になってしまいました。

 ずっとこぼしていることですが、雨が降ると停電したり電話が止まったりするのはどうにかしてほしいなあと思うのです。しかし、イランの人たちにとっては、年間数日しか降らない雨雪のことは別に考慮をする必要がないようです。雨漏りがするから隙間をふさいでほしいと言うと、「何か布でも置いておけばいいでしょ?」と言われて終わりです。

 とりあえず、今度休みができたら、シリコンを買ってきて、隙間埋めに励まなくてはいけないようです。でも、一番大きな、窓と窓枠の隙間はどうしたものかと悩むのでした。

人気blogランキングへ
[PR]
2009年 11月 01日 |
 先日、日本の駐在の方と話しているときに、「大学の新学期が始まると朝の渋滞がひどくなり、しばらくすると落ち着く」という指摘がありました。
 日本でも新学期が始まった頃は電車のラッシュがひどいのに、しばらくすると落ち着いてくるということもあるようですから、イランでもそういうことがあっても不思議ではないように思います。
 ただ、テヘランの大学生の大部分は自家用車で通学しているわけではないと思うので、それだけで渋滞がひどくなるのかどうか少し悩むなあ、と考えてみてふと「まさか、親が大学まで送っているわけではないよなあ」と思い、「まさか大学生にもなってそんなことは」と否定してみて、「でも、そういえばそういう話も聞いたなあ」ともう一度悩んでしまったのでした。外国語学部周辺は学生の乗ってきた自動車の路上駐車でいっぱいですし、人待ち顔の運転手の乗った自動車もよく見かけます。

 以前にも書いたことがありますが、テヘランでは子供、特に小学生はスクールバス、あるいは親同士がお金を出し合ってのタクシー、親自身が学校まで送るといったように、子供が一人で通学することはあまりないようです。
 私が大学へ通勤する途中に比較的大きな小学校と高校が道路を隔てて並んでいる場所があるのですが、朝の通学時間帯は子供を送りに来た親の自動車で道路がふさがってしまい、大変なことになっています。よく見れば殆どが近所の人たちで、歩いても通える距離なのにわざわざ自動車を利用するのです。私の友人がよく、「200メートル先のパン屋にも自動車で行くことが良いことだと思っているから」だそうですが、ちょっとした距離でも歩こうとしないというのは、生活道路レベルでも渋滞が起こる原因の一つではあるのだろうなと思うところです。

 そういえば、最近、政府のお達しによって、公立の小中学校の始業時間と公的機関の始業時間が変更になったそうです。
 なんでも、学校の始業時間が15分だか30分だか遅くなり、公的機関の始業時間が15分だったか30分だったか早くなったのだとか。そのため、子供を学校に送ってから出勤することが難しくなり、困惑する親も随分出ているとのこと。ジョークでしょうが、「一度出勤してタイムカードを押してから家に戻って、子供を送ってまた職場に戻るから渋滞がひどくなるだけだよ」と言う人も。実際にはまだこの措置は動いているわけでもないようなのですが、意味がよく分からない措置があれこれと出され、現場が混乱するというのはやめてほしいなあと思わずにいられないのでした。

人気blogランキングへ
[PR]
2009年 10月 28日 |
 午後、ふと気がつくと、北の空が黒い雲に覆われています。
「ああ、これは雨になるね」とテヘランの人々はわくわくと北の空に注目です。
 窓の外に目をやっては「雨はまだ?」とそわそわ。

 ざっとお湿り程度ではありましたが降った後には、うっすらと白くなった山々と、すっきりひんやりした空気に、少しほっとしたのでした。

 ここしばらく、様々な事務仕事などで長時間市内をあちこち異動することが多かったため、テヘランの空気の悪さを実感していたということが大きいかもしれません。
 数時間外出して帰宅すると、しばらく横になって休憩しなくてはならないほどのひどい頭痛や気分の悪さに悩むということもあったほどでした。

 空気の浄化のために雨を望むのではなくて(もちろん雨が降ることは必要なのですが)、根本的な大気汚染対策が必要だよなあとテヘラン市内を移動するたびに思わずにいられません。延々と続く交通渋滞、暑いからと窓を開けながらも切ろうとしない暖房、新たな設備投資をしたくないからと賄賂で汚染物質を垂れ流しのままにする工場、どうにかしないと本当に人が住むのに適さない町になってしまうのでは?と心配になってしまいます。実際、冬になると子供や高齢者を中心に大気汚染が原因の死者が増加しているとのこと。

 そういえば、昔読んだ短編小説に大気汚染に対応して進化(?)した都市住民が、田舎に出かけて、大気汚染のない田舎と自分たちの住む場所の違いに衝撃を受ける話があったなあと、ふと思い出したのでした。誰の作品だったかは思い出せないのですが。でも、そこに描かれていた、長い鼻毛というのは嫌だけど、汚染物質や塵芥のための喉のフィルターというのは本当にほしいかも、と思ってしまう今日この頃なのでした。

人気blogランキングへ
[PR]
2009年 10月 19日 |
 この何日か、仕事などでマシュハドに出かけていました。
 テヘランに帰る飛行機の中で隣の人が読んでいる新聞が目に入りました。そこには「テヘランは昨夜眠らなかった(تهران ديشب نخوابيد)」とあります。
 何だろうと、新聞を盗み見るとその下には地震波の記録写真が載っています。ということは、昨日、テヘランで地震があったということ?とびっくりです。マシュハド滞在中はほとんどニュースを見ていなかったのです。

 テヘランに戻ってから調べてみると、詳細は次のようなものとのこと(テヘラン大学地震観測センター)
 2009年10月18日 11:55:23(UTC)=15:25:23(現地時間)
 震度?:1.8
 震源:北緯35度64分 東経51度55分(テヘラン南部シャフレ・レイ付近)
 震源の深さ:2キロメートル

 イラン国営のIRNA通信によると
 マグニチュード:4
 震源の深さ:12キロメートル

 イラン国営放送IRIBによると
 地震の発生時間:14:23:56

 と、なんだかまちまちなのですが、とにかくそれほど大きくない地震がテヘラン近郊を震源に起こったことは確かなようです。建物や住民への被害は報告されていないとのことですので、とりあえず一安心です。

 このくらいの地震で夜眠れないというのは、やっぱり地震慣れしていないよなあと思いつつ、それほど大きくない地震でも大変な被害を出しそうな建物に住み暮らしていることを考えれば、仕方がないかもしれないとも思います。
 150年周期で大地震に見舞われているテヘランですから、前回の地震から170年近く経つ現在、いつ大地震に襲われても不思議ではないわけです。頼むから、建物の中にいるときに起こらないでくれと祈るしかないようです。

人気blogランキングへ
[PR]
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Yuzuki Skin by Sun&Moon