イランという国で
sarasaya.exblog.jp
  ブログトップ
タグ:イラン事情 ( 44 ) タグの人気記事
|
|
2012年 03月 15日 |
 すっかり時期はずれになってしまったのですが、イランの国会議員選挙投票日の前後数日間、調査のためにギーラーン州をうろうろしていました。
 テヘランでは、選挙ポスターも見られず、日本のように街宣カーがうろうろすることも、立ち会い演説会もないので、いつ選挙があるのやら、というくらいに静かだったのですが、選挙三日前、テヘランを出発し、カスピ海岸に向かって走るうちにどんどんと様子が変わってきます。
 マンジールというダム湖と風車で有名な町に着くと、夜9時を回っているのに人々が町に出て、町のあちこちに置かれた選挙事務所に出入りしています。テヘランでは見られなかった巨大ポスターもあちこちに貼られていますし、「なにこれ?」状態です。
 運転手によると、「地方の選挙は一族同士の争いだから盛り上がるんだよ」とのこと。
 日本の地方選挙のようなものか、と納得です。

 選挙区のあちこちに事務所を置き、グッズや食事を配り、投票を呼びかけている様子は、一種のお祭り騒ぎです。まあ、政策などを論ずる必要がない選挙ですから当然なのかもしれません。

 投票日当日は、あちこちの村を回っていたのですが、この日も結構な人出でした。投票所はどこも閑散としていましたが、なぜか村の中心には人が溢れていました。

 テヘランに戻ってから知ったのですが、人々が投票所に押しかけ、投票時間を延長したとか、投票用紙が足りなくなったとか。
 中央政権と関係のある投票所(市役所等)は、動員がかかっていたでしょうから、確かに投票するために人が列を作っていましたが、その他の場所は、比較的体制よりであるはずの地方都市や村ですら閑散としていたように見えました。

 投票に多くの人が訪れたということを協調するために「投票用紙が足りなくなりそうだった」と報道したのでしょうが、選挙権を持つ人の数は分かっていたはずなのですから、それを用意していなかったのだとしたら選挙委員会の落ち度であり、誇らしげに発表するようなことじゃないよなあ、と、少し疑問に思ってしまったのでした。

 面白かったのが、ある場所での議論でした。
 政府が行っている現金ばらまき策が本当にイラン人のためになるのか、それよりも、経済政策をしっかりと行い、物価の抑制に努めるのが本筋ではないかというものでした。紙幣を大量に発行して国民に配ったところで、物価の上昇がそれを上回っている現状では、どれほど意味があるのか分かりませんし、デノミの話も出ているようですが、それもトルコと違ってきちんとした経済政策のないまま実行したところで同じことの繰り返しになるように思われます。

 イランの国会はかなり影が薄い感じもするのですが、正月以降、イランをどのような方向に進めていくのか気になるところです。
 とりあえず、ガソリンの値上げについては否決してもらえないかなあと期待はしているのですが。
[PR]
by sarasayajp | 2012-03-15 16:33 | いろいろ |
2012年 02月 25日 |
 3月2日に迫った国会議員選挙の投票日ですが、全く盛り上がっていません。私の周囲でも無関心な人がほとんどで、投票日を知らない人もいるほどです。有権者は4800万人とのことですが、投票率はどうなるのだろうと思わず心配になってしまいます。少なくとも、テヘラン北部地域ではほとんど投票に行かないのでは?と思うくらいです。

 そんな中、もしかすると選挙に影響を与えるかもしれないし、私自身にも大きな影響があるかもしれないニュースを発見してしまいました。

 エスファンド月の15日(3月5日)から、自由価格のガソリンの販売を停止するかもしれないというのです。そんなことをされたら地方での調査活動に影響が出てしまうので困ってしまいます。

 現在、毎月60リットルくらい(月によって違うことも)が給油カードを持つ人に割り当てられ、これが1リットル4000リヤール。それを使い切ると自由価格のガソリンを使用することになり、これが1リットル7000リヤールです。

 そんなことをしたら大騒ぎになるだろうなあと思っていたら、すぐにこの報道は否定されていたようです。でも、ノウルーズの後、自由価格のガソリンの販売停止ではなく、1万リヤールに値上げされるというのはまず間違いようです。一時、1万2千リヤールという話もありましたが、報道は1万リヤールで一致しているようです。

 自由価格のガソリンを7千リヤールにしてから、ガソリンの消費量が減ったと政府は言っています。確かに値上げ当初はずいぶんと交通量が減っていましたが、今ではすっかり元通りです。もしかすると値上げ以前よりひどくなっているかもしれません。
 イランの物価は、ガソリンが値上げされるとそれに伴って上昇することになっているので、正月明けにはまた物価が上がることになりそうです。

 イラン国内でのガソリンの生産量は、11年9月のHamshahri紙によると、4千万リットルで、6千500万リットルから7千万リットルは輸入に頼っているとのこと。面白いのは、この輸入について、「中国からではない」と強調されていることです。その意味はよく分かりませんが、きっと何かあるのでしょう。(もっとも、その後のファールス通信の報道によると、政府高官は「イランはもはやガソリンを輸入していない」と発言したが、海外報道機関によると未だ一ヶ月6万3千バレルのガソリンが輸入されているとのことで、情報を確認中とのこと)

 日本では、ほとんどの原子力発電所が稼働をやめているため、火力発電所での石油需要が増えていて、貿易黒字を国内ではなく中東など産油国からの原油購入に費やしているようなものとも聞きます。イランもガソリンの輸入やガソリン代への補助金が、財政をかなり圧迫しているとも言います。
 現代の生活に欠かすことのできないエネルギーの問題は、難しいなあと思う今日この頃なのでした。
[PR]
by sarasayajp | 2012-02-25 09:53 | いろいろ |
2012年 02月 22日 |
 相変わらず、突然メールが遮断されたり開いたりしているテヘランです。この金曜日の国会議員選挙の投票終了まではこんな感じなのかも知れません。

 と、あくまでイランの国内的な事情に巻き込まれつつ、正月休みに一時帰国をするために、リエントリービザの申請をしに外事警察へ。
 申請に必要な書類を揃え、入り口で携帯電話を預け、まずは顔写真の撮影ボックスへ。
 テヘランの申請窓口では、オフィスに付属した写真屋で撮った写真以外は受け付けてくれません。外の写真屋よりも割高なのですが、写真の片隅にその写真屋で撮った証明がプリントされていて、それがない写真は受け付けてもらえないので仕方がありません。
 しかし、私は自分で手続きをしているので、そこで写真を撮ることができますが、企業の駐在員などは代理人が申請しているところがほとんどです。そうした場合は、ビザオフィス特注写真でなくても構わないのだろうか?と何となく思っていたのですが、今回の申請時にその秘密が分かってしまいました。

 私が写真を撮るために椅子に座ったところ、一人のビザ申請代理人が割り込んできて、中国人のパスポートを数冊係の女性に差し出しました。
「私が先に並んでいたんですけど?」と文句を言うと、「急いでいるんだから構わんだろう」と言い放ちます。女性の方も、何の疑問もなくそれを受け取っています。
 むっとしながらも、何をするつもりなのかと眺めていると、パスポートの顔写真をスキャンしています。
 おお、これを利用していたのか、と感心しながらも、「でもヘジャーブ無しの写真はだめなのでは?」という疑問も湧いてきます。
 すると、写真のサイズの調整を終えた女性が、画面の隅からなにやら黒い画像を撮りだしてきました。なんと、黒いマグナエ(既に形を作ってあるかぶり物)の画像です。
 それを、スキャンした女性の写真にうまくはまるように微調整を行い完成です。

 こういう証明写真って、加工禁止じゃないの?という疑問は残るのですが、妙に感心してしまった一コマだったのでした。

 と、びっくり感心したのですが、サウジアラビアはさらにその上をいっているとのこと。

 メッカへの巡礼のためにサウジアラビアに入国する人も、メッカがサウジアラビアにある限りはサウジアラビアのビザを取得する必要があります。その申請の際に、「書類に添付する証明写真は、パスポートと同じ写真を使用すること」という注意があるのだとのこと。
 つい最近パスポートを取得したばかりの人なら、その申請の際に使った証明写真を持っているかも知れませんが、パスポート取得から何年も経っている場合はそんな写真をもっている人の方が圧倒的に少ないはずです。
 仕方がないからと、イランのビザオフィスのようにパスポートの写真をスキャンして使ったところ、「色合いが違う」と文句を言われて差し戻されてしまったというのです。もちろん、画像ソフトで色を変えることも可能ですが、それもなかなか大変です。
 どうしたものかと困っていたところ、「パスポートの写真と同じ服を着て、同じ色のバックで写真を撮ればいい」と言われたというのです。
 しかし、髪型が違っていたり、痩せていたり太っていたり加齢のために顔立ちが微妙に変わっていることもあるでしょう。それは構わないのかなあと、微妙な疑問が湧いてきます。

 証明写真一つにしてもいろいろあるなあと思った一週間だったのでした。

b0006449_3412552.jpg

マグナエをかぶった子供たち。小学生は白で、大人は黒や紺などをかぶることが多い。(ファールス通信より)


b0006449_3432866.jpg

形が分かりにくいが、向かって右の女性がかぶっているのがマグナエ。左の女性のはシャール。(ファールス通信より)

[PR]
by sarasayajp | 2012-02-22 03:54 |
2012年 02月 16日 |
 閣下の「重大発表」というのが「アメリカとの関係改善だったらすごいですよね〜」「国際社会の英雄になれますね〜」などと多少の期待を込めて冗談を言い合っていたのですが、まあ、ある意味予想通りの結果だったようです。
 中国とロシアがバックについている限り、制裁もアメリカが期待するほどには効果もないでしょうから、こんなものかもしれません。
 アメリカと関係を改善しようがしまいが、イスラエルに取ってはいらだたしい国には違いないと思うのですが、どうするのでしょうか。

 先日、イランの観光ビザについてのお話をしましたが、イランの安全についてのご質問も増えています。治安がそれほど悪くないことは言えますが、「旅行をしても大丈夫でしょうか?」という質問には、どう答えて良いか難しいところです。

 アメリカやイスラエルの攻撃があるかどうかは分かりませんし、今にも戦争になるぞというような緊迫感もそれほど感じないのですが(個人的にはこの意見に近いかも)、イランの通貨リヤール(日常生活ではトマーンという単位の方を使っていますが)の暴落に伴って、物価が上がっているため、何となくぎすぎすした感じが漂っているなあとは感じます。
 もっとも、物価については制裁が厳しくなる前から上がっていたので、純粋に制裁のためだけなのかはよく分からないのですが。

 私がイランに来た頃には闇レートがあり、公定レートは1ドル3千リヤールの固定相場だったのが、闇レートでは4千500リヤールくらいでした。その後、公定レートが変動相場となり闇レートはなくなったのですが、このところの国際情勢に、外貨に対するイランの人々の需要が増えたのか、闇レートが復活したようです。
 フェルドウスィー広場周辺に集まる民間の両替屋は、店先にその日のレートのボードを出しているのですが、最近、政府の指導が入ったとのことで、ボード上では政府の発表する公定のレートを表示しています。もちろん、店内では闇レートで交換している店も多いのですが。
 外貨からリヤールへは両替していても、リヤールから外貨へは、「外貨の持ち合わせがない」と断ることも多いようです。

 オーストラリアやカナダへの移住を目指す人も多いようですし、戦争になるならない以前に、人と資金の流出が問題なのではないかと思わずにいられないのでした。

個人的に頭の痛いこと
[PR]
2012年 02月 14日 |
 とりあえず、連休明けの朝にメールは復活。
 大学でもとりあえずネットはつながっていたので一安心。ただ、テヘラン市内の一部ではまだネットあるいはメールがつながりにくいようです。改革派系のデモが週末に行われるという噂なので、それが終わるまではこんな状態ではないかとのことですが、携帯電話のSMSは使えているのでメールやSNSだけ遮断しても意味はないだろうなあとも。何のための遮断なのか悩みます。もしかして本当に単なる事故なのでしょうか?にしてはできすぎなのでやはり悩んでしまいます。

 今は、大学の各種事務手続きもオンライン化されつつあり、定期試験の結果の入力や授業の履修登録などはオンラインで行うこと、となっています。学食の利用もオンラインで予約するシステムとなっているようです。
 現在テヘラン大学では新学期の履修修正登録期間となっていて、ネットが使えないと混乱を来すことになってしまいます。

 大学内には学生が自由に使える無線LANもあって、自分のPCを持ち込んでネットを使うこともできるようになっていて便利なのですが、学科事務室や先生の研究室の事務用PCに接続されている有線のLANはトラブルが多くていらいらすることがしばしばです。

 テヘラン大学をはじめ、イランの学校の多くは最近、オンラインでの授業登録が普通になっています。しかし、都市部のある程度の収入があり、ネットを積極的に使う若者世代がいる家庭以外では、コンピューターを持っていない家も多く、このシステムだと履修登録ができなくて困る家もあるのではないかと思います。
 大学は学内に学生の使えるPCルームがあるので、自宅でコンピューターを持っていなくとも大学で登録ができますが、高校まででは私立の学校ならともかく、公立学校ではそういう設備もないため自宅かネットカフェからということになることも多いようです。
 しかし、ネットカフェから、といっても、テヘランなど大きな町ではそれほどでもないですが、地方の町ですと他に遊ぶ場所もないため、ネットカフェが若い男の子達のたまり場のようになっているところが多く、女性一人だと入りにくいそうです。
 聞いたところによると、結局、ネットを使うことのできない人のために、学校の先生が代わりにオンライン登録をしてあげることになるのだとか。

 イランのこうしたオンラインのサービスは、本来の目的である事務手続きの簡素化・省力化という目的と相反した、煩雑化につながっているように見えるところが微妙だなあと思わずにいられないのでした。
[PR]
2011年 12月 24日 |
 以前、私が持っている当局からの調査許可書を振りかざす運転手の話をしたことがあったと思います。
 似たような話はイランでも日本でもたくさんあると思います。
 自分に何か特別な力や立場があるわけではないのに、そうした力を持つ人や機関とつながりがあるというだけで、何かを勘違いしてしまうということは。

 特に、中央の権力が強く、許可書&警察国家であり、さらには外国人(より正確には自分の属するコミュニティーの外の人)排斥の気分が強いイランではそうした傾向が強く、閉口してしまうことがあります。

 先日、以前、調査に行った聖者廟を6年ぶりくらいに訪れました。
 様子がすっかり変わっているのでびっくりし、以前の様子と比べるべく、写真を撮ろうとしました。
 すると、背後から、「写真は禁止だ」と怒鳴りながら男性が近づいてきます。
 とりあえず、カメラを下ろし、自分の身分と目的を伝えたところ、「モジャッヴェズ(許可書)を持たない人間には写真は撮らせん」と偉そうに言います。
 まあ、けんかしても仕方ないし、と、「じゃあ、写真は結構です。でも、少しだけ話を聞かせてくれませんか?廟を立て替えているようですが、前の建物はいつ取り壊したんですか?それと、以前、調査でここを訪れた時には聞き損ねたんですが、どういう来歴があるのかお聞きしたいのですが」と切り出したところ、「話を聞きたいなら、許可書を持ってこい」とのこと。
 さすがにかちんと来てしまいました。
 私の周りでは、携帯電話のカメラなどで記念写真を撮っている家族連れなどもいます。彼らの写真撮影も禁止するのなら話は分かりますが、「外国人に対して強く出ている偉い自分」「許可書を要求することのできる強い立場の自分」に酔っているだけに見えてうんざりしてしまいました。

 何かというと禁止事項を増やし、規制をすることで立場の強さを示そうとしているように見えるイランの各種機関ですが、写真撮影について言えば、マスコミなどの規制に当たるイスラーム文化指導省によると、軍事施設等、撮影禁止となっている場所以外については、例えば、聖者廟やモスクの外観を取ることに特に規制もないとのことです。内部は許可が必要だそうですが。同じ事を、こうした宗教関連施設を管理しているワクフ慈善庁も言っています。

 これまでにも調査中にはいろいろなことがありましたが、今回の男性のように、話を聞くことにすら許可書を求めるというのは初めてです。
 こちらに許可書を求めるのなら、向こうにも、許可書の提示を要求することができる立場であることを証明する文書を見せてもらいたいなあと、ついつい思ってしまいます。必殺、許可書返し。一度言ってみたいものです。

 こういう人物に当たるのは、都市部に割と近い、都市に吸収されかかっているような農村に多いのですが、あまりの多さにうんざりしていた数年前、イスラーム文化指導省の外国プレス担当者に対し、「撮影禁止の場所以外の撮影は許可されている」という証明書を発行してほしいと言って笑われたことを思い出してしまいました。
 でも、考えてみたら、この数年は、許可書のおかげということもありますが、こういう人物に当たること自体が少なくなっていたのだなあとも、しみじみ思い返してしまった出来事だったのでした。
[PR]
by sarasayajp | 2011-12-24 04:47 | イラン人 |
2011年 05月 19日 |
 うちには息子が3人いて、まず、最初の息子には、お金のあるときにしか渡してやれなかったが、結局、大学を出るまでに500万リヤール(約3万9千円)くらい渡してやれたかな。足りない分は自分で働いていたらしい。とにかくまあ、そういうことで、テヘランの大学を出て、大学院まで進んで、今はテヘランの官庁に就職もして一人立ちしているよ。
 二人目にも同じようにして、やっぱり500万リヤールくらいしか渡してやれなかったが、こちらは地元の大学を出て、技術者になって、ある企業で働いているよ。
 三人目はまだ高校生だが、こちらも仕事を手伝ってくれながら勉強して、この夏に受験の予定だ。上の二人と同じようにたいして金はかけてやれないけど、がんばって勉強しているよ。

 私が調査している間に、運転手が近くで開墾をしていたおじさんと世間話をする中で聞いた話だとのこと。

 今、私がテヘラン大学で教えている学生の半数はテヘラン出身です。テヘラン出身の学生と地方出身の学生の経済格差は感じていましたが、やはりそうなのだよなあと改めて感じさせられました。

「先生、電子辞書がほしいんです。予算はいくらかかってもいいので、一番良いのを買ってください」
 と簡単に言ってしまう学生もいれば、自分のほしいクラスの電子辞書だと300万リヤール(約2万3千円)ほどかかってしまうと知って、悩んだあげくにあきらめてしまう学生もいます。(ランクを落とそうと考えないところがおもしろいのですが)

 通学用に自動車を買ってもらい、一時間も授業に遅刻してきたあげくに「大学の近くに(自動車を)止められる場所が見つからなかったので遅刻しました。でも授業が始まる時間には大学に着いていたのだから遅刻にはカウントしないでください」と言い放つ学生もいれば、遅刻をするといけないからと、朝5時に起きて自分の住む町から大学に向かうという学生もいます。

 簡単にテヘランの学生だから、地方の学生だからと分けるつもりはありませんが、何だかなあと思うこともしばしばです。

 イランの国立大学は基本的に学費が無料です(夜間部を除く)。つまり、全て国のお金によってまかなわれているわけです。それがどんなにありがたいことなのか、お金に困ったことがない階級の学生だと分からないのだろうなあと思います。あまりに勉強をしない学生たちに、「国のお金を浪費するくらいなら大学をやめてしまえ」としかったところ、何を言われているのか分からないという反応しか返ってこなくてがっかりしたことがあります。
 まあ、「結婚するときに条件の良い相手を見つけるため」に進学しましたという学生ばかりだもんなあと、好奇心も向学心もない相手にどうやって授業をすべきなのか悩む毎日なのでした。

人気blogランキングへ
[PR]
by sarasayajp | 2011-05-19 22:41 | いろいろ |
2011年 04月 08日 |
 3週間に及ぶ調査旅行からテヘランに戻り、授業再開、だったのですが、この春休み中にイラン国内でどういう報道が行われていたのか(旅行中はテレビをほとんど見ていなかった)、「サーレ・ノウ・モバーラク」の次に「日本は大変だね。大丈夫?」と心配の声がかけられるのは旅行中と一緒でしたが、「東京で化学物質に汚染された人に近づくと、その人も汚染されるんでしょ?日本に帰ったら大変じゃないの?」という人がちらほらいることにびっくりでした。

 もし放射性物質(これと「化学物質汚染」は違うと思うのですが、イランでは同じに報道しているらしい)が身体や衣服についたとしても、(今のところは)衣服を脱いだり拭いたりすれば済む程度ですよ。それに、放射線は時間と共に減るのですよ、と説明したのですが、何となく納得してもらえません。
 で、こうした問題について書かれたものを読んでもらおうと思ったのですが、なぜか、こうした問題を扱ったサイトの一部が閲覧禁止となっています。
 とりあえず、イランでも閲覧できるサイトの中でも良くまとまっているのがこれでしょうか。

 http://smc-japan.sakura.ne.jp?p=956

 今、東京外国語大学や様々な学会が、風評被害を防ぐために正しい情報を発信しようと、各国語による情報発信をしようと努力しています。こうした活動は絶対に必要なのだと感じた次第でした。

 そういえば、閲覧のできたサイトからの情報によると、湿原保護のラムサール条約で有名なイランのラームサルは、10.2mSv(=10,200μSv)の放射線を1年間で浴びているとのこと。世界的な平均はというと、1年間約2.4mSvとのこと。
 日本のことをどうこう言うなら、ラームサルに住むのだって危ないことになりますよ、と言ってやろうかとついつい意地の悪い気分になってしまう今日この頃です。

 一回で100mSV以上の放射線を浴びると危険といえるとのことなので、そのようなことが起こらないよう、原発で作業にあたっている方々には無理のない程度にがんばっていただき、関係機関にはきちんと情報を開示してほしいと思うのでした。

人気blogランキングへ
[PR]
by sarasayajp | 2011-04-08 15:48 | いろいろ |
2011年 03月 11日 |
 デモの呼びかけに使われることを警戒してなのか、それとも、外国の退廃した文化を純真な国民が目にしないようにというありがたい配慮からなのか、このところずっと、インターネット上の検閲が厳しくうんざりしています。
 調べ物をしていても「このページは開けません」のオンパレード。仕事にならん、と、ディスプレイに当たり散らす毎日です。それにしても、イラン国内の組織によって運営されているはずの、ペルシア語最大の辞典『Loghatnameye Dehkhoda』のサイトも開けないのですからびっくりです。

 ここ数ヶ月ずっと、「Amazon.co.jp」の閲覧が禁止されていて困っていたのですが、昨日から「Google.co.jp」までアクセスできなくなり、うんざりしているところです。

 不思議なのは、「Amazon.com」とか「Google.com」は問題なく開けるというところで、つまりは、何か意図があっての閲覧禁止ではなく、「たまたま」なにかが引っかかっているということなのだと思います。
 が、それでも、なんだかストレスがたまるのは確かで、一応、フィルターの運営組織に対して抗議のメールは出してはいるのですが、何の変化も見られないところを見ると、アリバイ的にメールを受け付けているだけなのだろうなあと思わずにいられません。

 もちろん、こうしたフィルターをかいくぐることもできるのですが、まあそこまでしなくてもいいし、と、とりあえず、そのまま放置しているのでした。なぜか今日から、Google.comと手入力して開くと日本語版になるし。

 一時帰国をするたびに感動するのが、「わーい、通信速度が速い」「余計なフィルターがない」だったりするのでした。個人的には別になくとも構わないのですが、「YouTube」が開くのと、こうした動画があっという間にダウンロードできることにはやっぱり感動してしまうのでした。

 どんなにネットに規制をかけようと、通信速度を抑えようと、たいした意味がないというのは諸外国を見ていて分かるだろうになあと思わずにいられない今日この頃なのでした。

人気blogランキングへ
[PR]
by sarasayajp | 2011-03-11 16:56 | いろいろ |
2010年 05月 12日 |
 昨日、大学へ行くと、「昨日、やっぱり、休みになるのは学校だけという発表があったんですけど、大学は学校に含まれないですよねえ。どうなるんでしょ」とのこと。
 私は家に帰ってすぐに寝てしまったため知らなかったのですが、夜のニュースで、銀行や公的機関の臨時休日は取りやめになったと発表されたのだとか。

 結局大学は土曜日も日曜日も通常通り授業が行われることになったのですが、一度休みと発表されたからには学生は来ないだろうと思われます。

 それにしても、朝に発表して、夜には撤回というのはこれぞ朝令暮改だなあと感心してしまったのでした。

人気blogランキングへ
[PR]
by sarasayajp | 2010-05-12 11:01 | いろいろ |
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Yuzuki Skin by Sun&Moon