イランという国で
sarasaya.exblog.jp
  ブログトップ
タグ:イラン事情 ( 44 ) タグの人気記事
|
|
2014年 02月 18日 |
 今日のテヘランは曇り一時雨。この数日、暖かい日が続いていたのですが、さすがに雨の後はひんやりとしています。

 このところ、授業がない日はアルバイトのためにあちこち出かけている状況です。本当ならアルバイトをしないで生活できれば良いのですが、残念ながらそうもいきません。
 なんと、二年前の給料10ヶ月分が未払いのままなのです。
 周囲の人たちには「よく生活できるね」と感心されるのですが、まあ、何とかなるところがこれまたイランです。

 夏に大統領が替わり、イラン国内の官公庁で随分と人事異動があったようです。テヘラン大学も、夏休みが終わってイランに戻ってきてみたら色々と移動があったようです。
 外国語学部でも学部長が替わっていて、それに伴い事務職員の異動もあったようです。

 そして、「あなたの給料のことを交渉するなら今よ」という声に後押しされ、大学に対し二年前の給料が未払いであることを訴えるレターを送付(これまでは学科を通しての間接的な交渉のみしか許されていなかった)。
 これで本当に効果があるのかと半信半疑でいたところ、手続きをするからという返事がきてびっくりです。
 大学本部の国際部に出向いたところ、なんと、外国語学部前学部長が、外国人への給料の支払いを拒否していたという驚愕の事実が明らかに。本部も状況には気がついていて、前学部長に早く手続きを進めるように促していたのが無視され続けていたのだとか。
 学部長の交代によりようやく未払い問題が解決しそうではあるのですが、大きな問題が。2年前の契約ですから、2年前の予算から払われるべきものなのだそうです。ところが既にその年の会計年度は当然のことながら終わっています。それを既に残り少ないという今年の予算の中から支払ってもらうべく、大学に掛け合っているところなのですが、2年かけて解決しなかった問題が、大統領が替わった途端、解決に向かって動き出したということが何だかなあという感じです。

 アメリカなども大統領が替わると人事が一新すると言いますが、こんな感じなのかなあと思う今日この頃なのでした。

 ちなみに、予算がないのはテヘラン大学だけでなく、国営放送をはじめ、あちこちで似たような話はあるようです。細切れに分割で給与が支払われるので、どこまで支払ってもらっているか分からなくなるという話ですし、どこも大変なようです。
 それでも、大統領が替わって、なんとなく明るい雰囲気にはなったような気がします。観光客も増えているとかで、ノウルーズ以降はホテルの予約を取るのも難しいということです。欧米との関係も改善に向かいつつあるようですし、このまま良い方向に向かって欲しいと願わずにはいられません。
[PR]
2013年 07月 02日 |
 大学の期末試験も一応無事に終わり、大統領選挙も現時点で恐らく最も良い結果に落ち着き、何とか夏休みを迎えることができました。
 選挙が終わり、とりあえず国際電話はかけやすくなり、ネットも恐らく選挙前に比べればましになったのではないかと思います。それでも、このブログにログインできない時間帯も多く、更新は諦めることにしてしまいました。

 大統領選挙は、改革系唯一の候補者アーレフ氏が選挙戦を降りてルーハーニー師の支持を表明、ラフサンジャーニー元大統領やハータミー元大統領がルーハーニー支持を打ち出したところでだいたい決まったな、と思っていたので結果は意外ではなかったのですが、決選投票ラインぎりぎりだったのは少々意外でした。

 それにしても面白かったのが、投票に行かなかったという人たちの多くが、決選投票には絶対に行くつもりと言っていたことでした。決選投票になると、最高指導者側の組織票固めが行われてルーハーニー師の当選がおぼつかなくなるということのようです。とにかく、ガーリーバーフ氏やジャリーリー氏の当選だけは阻止しなくては、との決意だったのでしょうが、それならどうして最初から投票に行かないのかなあと、不思議ではあるのですが、前回のように投票操作が行われるだろうと様子見をしていたということがあるようです。
 しかし、一応本命扱いだったジャリーリー氏やガーリーバーフ氏の得票数の少なさは、何となく予想はしていたものの結果として出てきてみるとやはり少しびっくりだったのでした。
「だって、外国に行くと西欧文化にかぶれてしまうから、国民にはパスポートを与えないとかあり得る?」だそうです。選挙運動期間中にジャリーリー氏がそんな発言をしていたとは知らなかったのですが、こんな発言をして国民の支持を得られると思っていたのかなあと、大いに首を傾げてしまったのでした。

 たまたま、開票が行われた日は、知り合いとレストランで夕食でした。レストランに入ったところでは、まだ開票中で、ルーハーニー師が52パーセントとか51パーセントとか言っているところでした。夕食を終えてレストランを出ると、道行く車がクラクションを鳴らし、車内から風船やら布きれやらを振り回したりVサインをしたりと、町は大騒ぎになっていました。ああ、決まったんだなあと思いながら、なんとなく、ハータミー師が初当選を果たした時のことを思い出したのでした。あの投票日、投票を終えた人たちのはしゃいだ様子は、やはりこんな感じだったなあと。

 ルーハーニー師とは実は一度言葉を交わしたことがあります。頭のいい人だなというのがその時の印象でした。行政府の長に過ぎず、その上に最高指導者という権威が控えている中、ハータミー師のように押しつぶされてしまうのか、それともうまく舵取りができるのか、がんばって欲しいなあと思わずにいられません。そして、公約に掲げていた教育の改革をぜひ実現して欲しいと思うのでした。

b0006449_1115250.jpg

地方の荒物屋の店先に貼られたルーハーニー師のポスター

[PR]
by sarasayajp | 2013-07-02 00:58 | いろいろ |
2013年 04月 22日 |
 ここしばらく、自分のブログにログインできない日が続いていました。
 ページを開くことはできるのですが、ログインをしようとするとあまりのネットの速度の遅さに、時間切れですとログインを拒否されるという情けない状態でした。

 仕事のため、写真を何枚もある人に送る必要があったのですが、これも写真のサイズを相当に落としているにもかかわらず、なかなか送ることができません。

 ネット上に流れる情報を盗聴するための装置というのがあって、それを使っているとネットスピードが極端に落ちるそうですが、それかもね、とため息をつく日々です。

 国際電話も滅多に通じない状態で、日本に電話をしなければならないときなど、電話と格闘です。何十回に一回くらいは通じるのですが、それにしてもいらいらします。私だけなのかなあと思っていたのですが、うちもそうだよ、と言う人が何人もいて、日本だけでなく、何カ国か非常に電話がかかりにくい状況にあるようです。相手国によっては問題ないらしいし、完全に切れているわけではないのが不思議な感じです。
 大統領選挙が近いせいかとも思ったのですが、1999年の大学寮襲撃事件の時には、私の家の国際電話は完全に切られていたことを考えると、もしかすると違う理由なのかな、とも思いますし、何とも悩ましいところです。
 
[PR]
by sarasayajp | 2013-04-22 11:21 | いろいろ |
2013年 04月 10日 |
 先日テヘランに戻りました。
 午前に空港に到着。荷物を家に置いてすぐに大学へ。午後最初の授業を実施。
 諸事情からテヘランに戻るのが遅れたため、何とも慌ただしい正月明けの授業となってしまいました。

 大学での話題は、「授業がいつまでなのか」「試験がいつ始まるのか」です。
 今学期が始まる頃から話はありましたが、大統領選挙があるから、という、通常なら理解不能な理由から、授業が2〜3週間短縮されるというのです。まだ大学側からは正式に通達は来ていないのですが、学生や先生方の間では既定の路線として語られています。
 授業を短縮するとなると、シラバスはめちゃくちゃです。今学期中に終わらせるべきことが終えられない可能性があります。そのため、もし本当に学期が切り上げとなるのなら、授業の進度を速める必要があります。また、小テストなどを行う時間ももったいないため、これらも省略する必要があるかもしれません。
 しかし困ったことに、正式な通達が行われないのです。つまり、もしかすると噂だけで、実際には授業の短縮という措置は行われないかもしれないのです。ある学生によると、文科大臣自身は「大学の授業は一ヶ月延長すべきだ」と発言しているのだとか。

 これまでの経験から、事前の通達なしに、ある日突然、「今週で授業は終わり」と言い出すことは十分にあり得ると、どちらに転んでも良いように準備をするつもりではありますが、それにしても頭が痛いところです。

 と、ある意味大統領選挙の話題で盛り上がってはいるのですが、実際の選挙については、誰が立候補するとかそういった話がほとんど全く聞かれないせいで、大統領選挙なんて本当にあるの?という感じでもあるのでした。
[PR]
2012年 09月 02日 |
 タイミングの悪い時期、場所での仕事を終え、金曜日にはまた陸路テヘランに戻る予定でした。
 ところが、木曜深夜、追加の仕事が入り、「この面倒な時期に?」と目の前が真っ暗に。
 金曜朝、ホテルに掛け合ってみたものの、「ファルマンダーリー(内務省関連機関)から今日はホテルを空にするよう要請を受けている」とのことで、チェックアウトせざるを得ず。運転手も土曜日に仕事があるからということで、単身帰さざるを得ず、帰りがどうなるのかという不安ものしかかってきます。
 幸い、いつもシーラーズで使っているホテルで、一部屋だけなら開いているとのことで、とりあえず一晩の宿は確保できました。しかし、仕事がいつまでかかるか分からないので、バスの予約もできません。(金曜日の時点で、国内便は月曜の午後まで空席は一切無し)

b0006449_1728444.jpg

私には珍しく、有名観光地を久しぶりに訪問。


 土曜日夕方、何とか仕事を終わらせ、一縷の望みをかけ、休暇を過ごした人達でごった返す長距離バスターミナルへ。しかしそこでも、「火曜日まで全てのテヘラン便が満席」とのこと。
 長距離乗り合いタクシーを探してみたものの、テヘラン行きもエスファハーン行きもないとのこと。タクシー会社に電話をして見ても、「エスファハーンまで?無理」との返事。知り合いのつてで、ツアードライバーを探してもらっても、これもまたみんな仕事中だったり連絡がつかなかったりで、全く捕まりません。

 さてどうしたものかと途方に暮れていると、かすかに「テヘラン!テヘラン!」と呼び込みの声がします。大急ぎで近づき、「テヘラン?バス?タクシー?」と尋ねると、「乗り合いタクシー」とのこと。呼び込みをしている人は、正規タクシーの制服を着ていますし、まあ大丈夫だろうと、「乗るの?」に「乗る!」と返して、ついていくと、確かに黄色く塗られた正規のシーラーズタクシーです。
 道々聞いた話によると、本来はシーラーズ空港と市内を結ぶタクシーなのだけど、フライトキャンセルばかりで仕事にならないし、それならターミナルでチケットにあぶれた人を拾おうとターミナルにやって来た由。道理で、ターミナルのタクシー乗り場ではなく(シーラーズ市内専用)、ターミナルの外にとまっているわけです。
 何にせよ、これで朝にはテヘランに到着できると一安心。

 ところが、後部座席に三人で座っていると結構ぎゅうぎゅうで、眠るどころではないし、身動きもなかなか取れないために腰は痛いし、モスィーバト(難行苦行)な12時間だったのでした。
[PR]
2012年 08月 31日 |
 非同盟国首脳会議があるからフライトは軒並みキャンセル。
 という状況に、仕方なく、陸路テヘランからシーラーズへ。ホテルも軒並み満室で、ぎりぎりまで粘ってようやく、「金曜日の10時までにチェックアウトをしてくれるなら(イランでは13時から14時のチェックアウトが大多数)」という条件で確保できたのが、当日の11時。
 それから支度をして家を出て、シーラーズのたどり着いたのが深夜1時半。暑い最中の長距離移動はさすがに堪えます。

 「どうしてエジュラーセ・サラーン(非同盟国首脳会議の短縮形)がテヘランであるからって、国内便がフライトキャンセルになるわけ?」とぶつぶつ言っていたら、旅行社勤めの知り合いが、「そんなの、シーラーズやエスファハーンを観光する各国首脳のために決まっているじゃないか」とあっさり返されてしまいました。ホテルもそういうことかと納得したら、全くその通りだとのこと。

b0006449_12433873.jpg

議場の様子。120カ国が参加とのこと。(ファールス通信より)


 テヘランでも会場やホテル周辺には、数メートルおきに警官が立っています。それだけではなく、店舗は全て休業保証金を支払われて休業させられ、近隣住民も旅行クーポン(現金という話も)を渡され、半ば強制的に家を空けさせられているという話も聞いています。
 会議場やホテル周辺は、比較的高級住宅が集まった地区となっていますし(少なくとも住宅の価格は高い)、住宅が密集しています(正確にはテヘラン市内に住宅が密集していない場所はないかも)。どのくらいの範囲でこうした措置が実施されているのか知りませんが、もし本当なら大変な出費になっているのではないでしょうか。日本で先進国首脳会議を開催するから、APECを開催するからといって、そこまでしたかなあ、と思いつつ、そこまで徹底できるのならある意味すごいかも、とは思わないでもありません。

 テヘラン市内の政府関連機関、国営銀行、民間銀行の大多数が休みになるということは、テヘラン市民がこれ幸いと各地の観光地へと繰り出すということで、もともと数が少なくなっている国内線、列車、バスは軒並み満員。観光地のホテルは満杯。特にエスファハーンとシーラーズでは、各国首脳のために国営高級ホテルは借り上げられているので、人が公園や道ばたにまで溢れて野宿をしています。

 タイミングの悪い時に悪い場所で仕事になってしまったなあと思いつつ、粛々と仕事に励むのでした。
[PR]
2012年 08月 29日 |
 イランに戻ってから地方にばかりいたためぴんときていなかったのですが、30日から31日にかけて、テヘランで非同盟国首脳会議が行われます。
 不思議なことに、そのため、火曜日から政府関係機関と銀行が全て休みとなっています。それに伴って大学も入校できないようになっていてびっくりです。

 月曜日にタブリーズからテヘランに戻る国内便の機内で配られていた新聞の一面に、こんな写真が。

b0006449_12421020.jpg

 イラン国内のテロの犠牲となった核技術者の、テロリストにより爆破された自動車を会議場前に展示する。だそうです。

 イランがこの会議を、核開発に関する自分の立場を主張するために使うつもりなんだな〜と。
 そういえば、このテロの犯人が特定されたというニュースを聞いていないような気がするのですが、その後、捜査はどうなっているのでしょうか。

 もう一つこの会議でイランの立場の主張のために利用するはずだったエジプト大統領は、数時間だけの滞在予定なのだとか。エジプトとしても、イランの立場の宣伝に使われたくないというところなのでしょう。
 百カ国を超える国の首脳クラスが集まるのですから、まあ、いろいろな思惑があるのだろうなあと想像はできますが、そのために国内便のフライトを減らすとか、国内各機関を一週間も休みにするとかいうのは、一体どういう意味があるのか、ちょっと悩んでしまうのでした。仕事に支障を来すので困るのです。
[PR]
2012年 08月 25日 |
 急遽引き受けた仕事のため、あちこち走り回る毎日です。
 日本から午前中にテヘランに戻り、その夕方にはシーラーズへ飛ぶという慌ただしさでした。その後も、深夜にテヘランに戻り、翌朝の便でまた地方へ、といった具合で、大家さんたちにも、「本当に帰ってきたのかどうかわからないくらいだ」と言われる始末。

 イラン国内の移動では陸路を行くことが多かったのですが、今回はさすがにそうもいかないので国内便を利用しています。
 それも、いつもなら、あれこれえり好みをして、「マーハーン・エアのエアバスかボーイング(他に比べて比較的新しい機体を使っているので)」などと指定するのですが、今回は、直前にチケットを購入することが多いので、えり好みどころではない状況です。

 気がつくと、イランの国内便も、キーシュ島やアゼルバイジャン方面など、ある特定の地方を中心とした小規模航空会社が幾つも参入していて、選択肢が増えていることにちょっとびっくりです。

 今回、タブリーズへ移動するのに使ったのがアーター・エアライン。初めて利用するのでどんなエアなのかと、楽しみ半分心配半分といったところでした。

 予約をしていたのが18:10テヘラン発タブリーズ行きという便だったのですが、出発二日前に電話連絡があり、「12:50に変更になったから」とのこと。なんだそれはとびっくりです。私はその日特に予定はなかったから構わなかったのですが、仕事があったり乗り継ぎがあったりで困る人もいるだろうにと、人ごとながら少々心配に。
 出発が遅れたりキャンセルになったりすることの方はあったのですが、こんな風にいきなり5時間以上出発が早まることも普通にあるのでしょうか?

 ちなみに、今回の機体はボーイングのMD-83。その前日はフォッカー100。
 どちらも同じ型の機体で墜落事故があったような気が。

b0006449_12244325.jpg

シーラーズのバーザールの一画。観光バーザール風になり始めていて、ちょっとびっくり。

[PR]
2012年 08月 18日 |
 急な仕事で、夏休みを切り上げてイランに戻りました。

 イランと日本を行き来していて、あ〜日本だな〜、あ〜イランだな〜、と思うことの一つが、ネットのスピードと閲覧禁止フィルターの存在です。

 一時帰国前もずいぶんといろいろなサイトが閲覧禁止でそのたびにいらいらしたものですが、先日イランに戻ってみたら、今度はyahoo.co.jpまで閲覧禁止となっていたのにはびっくりでした。.comの方は使用できるので、イラン人がヤフーメールを使わないようにという政府の方針だとしたら間違っているよなあと、ちょっとがっくり来てしまったのでした。

google.co.jp(co.jp以外なら問題なし)
amazon.co.jp(co.jp以外なら問題なし)
ソフマップ.com
rakuten.co.jp
infoseek.co.jp
biglobe.ne.jp
ヤフーブログ
rakutenブログ
fc2ブログ
livedoorブログ
Amebaブログ
seasaaブログ
ココログ
はてなダイアリー
ロリポブログ
youtube
twitter
facebook
ニコニコ動画
BBC
CNN.com(co.jpは可能)
geocities.jp
東京外国語大学による「日本語で読む中東メディア」の「記事を読む」(トップページは問題なし)

 多分もっとたくさんあるのですが、この二三日の調べ物で引っかかったものを並べてみるとこんな感じです。
 どうしてフィルターがかけられているのか分かるものもあれば分からないものもありますが、動画とブログはとにかく気に入らないんだなあということは分かります。

 と、久しぶりの断食月を過ごしながら調べ物に邁進する毎日なのでした。

 アンチフィルターのブラウザはただでさえ遅いネットが更に遅くなるので、できるだけ使いたくないのですが、背に腹は代えられないといったところです。
[PR]
by sarasayajp | 2012-08-18 17:06 | いろいろ |
2012年 03月 17日 |
 選挙が終わり、大統領派が惨敗、ハーメネイー派が躍進、とのことですが、こうした勢力図が国会だけではなく、イラン国内のあちこちに影響を与えることになります。

 政治の影響が大学にまで及ぶのがイランらしいところ。

 私が博士号を取った後も、自分の足で調査を行い、記録をまとめていることに対してあちこちの役所などで言われることの一つに、「博士号を持っているのに、どうして研究なんかしているの?」があります。

「あなただって国に帰れば、政治家になるんでしょ?そのための博士号でしょ?」

 日本にも、政治の世界に対して野心満々な大学教授というのはいると思うのですが、人文系、それも語学や文学を先行している人ではそれほど多くないように思います。
 しかし、イランでは、どんな分野であれ、「政治の世界で出世するため」に博士号を取得する人が多いのだとか。
 確かに、どこの役所に行っても、書類にサインをするような立場の人達に、国内外で博士号を取得し、大学教授という肩書きを持っている人が多いのは事実です。内閣メンバーなどを見ていても博士号持ちが多かったように思います。大統領閣下も、その真正性に疑問を持たれてはいますが一応博士号持ちで、大学で教えていらっしゃったとか。厳格に守られているのかどうかは分かりませんが、国会議員は修士号以上を取得していることというのが条件だとも聞いています。

 テヘラン大学の学部長クラスを見渡してみても、政治家への野心満々という人がほとんどです。というか、そのためのステップとして大学教授をしているという感がありありです。ただ、どの有力者に連なるかということでその後の出世が左右されるのも仕方のないところです。大統領派だった人達は今頃青くなっているのではないでしょうか。まあ、人ごとではあるのですが、こちらの待遇にも関わってくるので気になるところです。

 日本では、所属する組織での肩書きで呼ばれることが多いですが、こちらではその人自身が所有している資格で呼ばれます。私だと「ハーノメ・ドクトル(博士さんくらいの意味)」です。その社会で何が重視されているかというのがよく分かる呼称だよなあと思うと同時に、こういう学歴社会も不思議な感じだなあと思うのでした。博士号を持っている人が必ずしも、組織や国家を運営するのがうまいとは限らないだろうになあと思うのです。

 ちなみに、もう一つよく言われるのが、「お金になるの?」です。
 博士号を持っているのに、お金にならないことをしているのはおかしなことなのだそうです。
[PR]
by sarasayajp | 2012-03-17 19:06 | いろいろ |
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Yuzuki Skin by Sun&Moon