イランという国で
sarasaya.exblog.jp
  ブログトップ
タグ:イランとのあれこれ ( 13 ) タグの人気記事
|
|
2014年 02月 18日 |
 今日のテヘランは曇り一時雨。この数日、暖かい日が続いていたのですが、さすがに雨の後はひんやりとしています。

 このところ、授業がない日はアルバイトのためにあちこち出かけている状況です。本当ならアルバイトをしないで生活できれば良いのですが、残念ながらそうもいきません。
 なんと、二年前の給料10ヶ月分が未払いのままなのです。
 周囲の人たちには「よく生活できるね」と感心されるのですが、まあ、何とかなるところがこれまたイランです。

 夏に大統領が替わり、イラン国内の官公庁で随分と人事異動があったようです。テヘラン大学も、夏休みが終わってイランに戻ってきてみたら色々と移動があったようです。
 外国語学部でも学部長が替わっていて、それに伴い事務職員の異動もあったようです。

 そして、「あなたの給料のことを交渉するなら今よ」という声に後押しされ、大学に対し二年前の給料が未払いであることを訴えるレターを送付(これまでは学科を通しての間接的な交渉のみしか許されていなかった)。
 これで本当に効果があるのかと半信半疑でいたところ、手続きをするからという返事がきてびっくりです。
 大学本部の国際部に出向いたところ、なんと、外国語学部前学部長が、外国人への給料の支払いを拒否していたという驚愕の事実が明らかに。本部も状況には気がついていて、前学部長に早く手続きを進めるように促していたのが無視され続けていたのだとか。
 学部長の交代によりようやく未払い問題が解決しそうではあるのですが、大きな問題が。2年前の契約ですから、2年前の予算から払われるべきものなのだそうです。ところが既にその年の会計年度は当然のことながら終わっています。それを既に残り少ないという今年の予算の中から支払ってもらうべく、大学に掛け合っているところなのですが、2年かけて解決しなかった問題が、大統領が替わった途端、解決に向かって動き出したということが何だかなあという感じです。

 アメリカなども大統領が替わると人事が一新すると言いますが、こんな感じなのかなあと思う今日この頃なのでした。

 ちなみに、予算がないのはテヘラン大学だけでなく、国営放送をはじめ、あちこちで似たような話はあるようです。細切れに分割で給与が支払われるので、どこまで支払ってもらっているか分からなくなるという話ですし、どこも大変なようです。
 それでも、大統領が替わって、なんとなく明るい雰囲気にはなったような気がします。観光客も増えているとかで、ノウルーズ以降はホテルの予約を取るのも難しいということです。欧米との関係も改善に向かいつつあるようですし、このまま良い方向に向かって欲しいと願わずにはいられません。
[PR]
2011年 12月 24日 |
 以前、私が持っている当局からの調査許可書を振りかざす運転手の話をしたことがあったと思います。
 似たような話はイランでも日本でもたくさんあると思います。
 自分に何か特別な力や立場があるわけではないのに、そうした力を持つ人や機関とつながりがあるというだけで、何かを勘違いしてしまうということは。

 特に、中央の権力が強く、許可書&警察国家であり、さらには外国人(より正確には自分の属するコミュニティーの外の人)排斥の気分が強いイランではそうした傾向が強く、閉口してしまうことがあります。

 先日、以前、調査に行った聖者廟を6年ぶりくらいに訪れました。
 様子がすっかり変わっているのでびっくりし、以前の様子と比べるべく、写真を撮ろうとしました。
 すると、背後から、「写真は禁止だ」と怒鳴りながら男性が近づいてきます。
 とりあえず、カメラを下ろし、自分の身分と目的を伝えたところ、「モジャッヴェズ(許可書)を持たない人間には写真は撮らせん」と偉そうに言います。
 まあ、けんかしても仕方ないし、と、「じゃあ、写真は結構です。でも、少しだけ話を聞かせてくれませんか?廟を立て替えているようですが、前の建物はいつ取り壊したんですか?それと、以前、調査でここを訪れた時には聞き損ねたんですが、どういう来歴があるのかお聞きしたいのですが」と切り出したところ、「話を聞きたいなら、許可書を持ってこい」とのこと。
 さすがにかちんと来てしまいました。
 私の周りでは、携帯電話のカメラなどで記念写真を撮っている家族連れなどもいます。彼らの写真撮影も禁止するのなら話は分かりますが、「外国人に対して強く出ている偉い自分」「許可書を要求することのできる強い立場の自分」に酔っているだけに見えてうんざりしてしまいました。

 何かというと禁止事項を増やし、規制をすることで立場の強さを示そうとしているように見えるイランの各種機関ですが、写真撮影について言えば、マスコミなどの規制に当たるイスラーム文化指導省によると、軍事施設等、撮影禁止となっている場所以外については、例えば、聖者廟やモスクの外観を取ることに特に規制もないとのことです。内部は許可が必要だそうですが。同じ事を、こうした宗教関連施設を管理しているワクフ慈善庁も言っています。

 これまでにも調査中にはいろいろなことがありましたが、今回の男性のように、話を聞くことにすら許可書を求めるというのは初めてです。
 こちらに許可書を求めるのなら、向こうにも、許可書の提示を要求することができる立場であることを証明する文書を見せてもらいたいなあと、ついつい思ってしまいます。必殺、許可書返し。一度言ってみたいものです。

 こういう人物に当たるのは、都市部に割と近い、都市に吸収されかかっているような農村に多いのですが、あまりの多さにうんざりしていた数年前、イスラーム文化指導省の外国プレス担当者に対し、「撮影禁止の場所以外の撮影は許可されている」という証明書を発行してほしいと言って笑われたことを思い出してしまいました。
 でも、考えてみたら、この数年は、許可書のおかげということもありますが、こういう人物に当たること自体が少なくなっていたのだなあとも、しみじみ思い返してしまった出来事だったのでした。
[PR]
by sarasayajp | 2011-12-24 04:47 | イラン人 |
2009年 10月 13日 |
 テヘラン市内にある人文科学研究所へ出版の打ち合わせ。
 少々緊張して研究室へ入ると、50代後半かもう少し上くらいの男性が二人。
 どちらが約束していた方なのかと内心焦っていると、一方が立ち上がり、「お茶でも飲む?」と一言。「いえ、そんな、お気を使わないでください」と返すと、「いやいや、用意はできているんだから。そこに座って待っていなさい」とさっさと出て行ってしまいます。どうやらこちらの先生が約束していた先生だったようです。部屋に残ったもう一人の先生は、デスクの引き出しからビスケットを取り出し、「まあ、どうぞ」と差し出してくれます。
 そうこうするうちにお茶を取りに出ていた先生が戻ってきて、原稿のチェックの開始です。

 チェックを入れた原稿を見ながら「どこだっけな」とやっていると、打ち合わせには関わっていない方の先生が、「日本のイラン研究というのはどんなものなのかな」「韓国では14世紀くらいの文書にペルシア語の詩の断片が書かれているのが発見されたそうだけど、日本にもそういうものはあるのか?」「井筒教授(イスラーム研究者・イラン王立研究所にも一時在籍していた)はイスラーム思想と他の東洋の思想を体系化しようとしていたが、それについてはどのように思う?」と話しかけてきます。打ち合わせの片手間に返事ができるような内容ではない質問も多く、冷や汗をかきながらの二方面作戦でした。
 そこからイランの大統領選挙、アメリカの大統領選挙(それも先日のではなく、ニクソンショック後の)、日本の政権交代と話が移っていき、その合間合間に私は原稿の訂正箇所などの注意を受け、打ち合わせ相手だった方の先生は日本の自民党下野の話に何か感じるものがあったのか、「サアディー(13世紀頃のイランの詩人)が(モンゴル軍による)バグダード陥落について詠った詩を知っているだろう?」と、暗唱を始めたところで電話中断。「じゃあ、続きは私が読んであげよう」ともう一方の先生が最後まで詠み、そこでおいとますることに。

 見送りに立ちながら「イランで暮らすのは大変でしょう」というので、「もう10年以上になりますし、まあ、慣れました」と返すと、「そうか。我々は50年以上住んでいるけど、まだ慣れないよ」とのこと。

 イランの学者らしい会話なのですが、何とも言えないまったりとした雰囲気で、楽しい一時を過ごすことができたのでした。しみじみと、ここしばらく続いている大学との交渉は神経をささくれ立たせていたんだなあとも。自分の研究・仕事だけに集中したいものだとは思うのですが、次から次へと予期せぬ事態が起こるというのもイランらしいのかもしれません。

人気blogランキングへ

b0006449_1255620.jpg

ここに巣を作るのだ。


人気blogランキングへ
[PR]
by sarasayajp | 2009-10-13 12:07 | イラン人 |
2009年 10月 08日 |
 新学期が始まり、調査許可などのレターを更新する必要があったり、助成金取得に必要な書類を整えたりといった事務仕事が多く、大学をはじめとする関連機関を回る日が続いています。

 今回に限らず思うのは、「責任者」というのは本来、仕事に対する責任も大きい代わりに平職員よりも給料をもらっているのではないのか?ということです。
 自分が何かを判断することで責任を負わされることが嫌だから書類を延々とたらい回しにして、結局うやむやに終わらせようとしたり、仕事もせずにふらふらと出歩いたり、代理を立てることなく休暇を取ってどこかへ消えてしまったりというのは「責任者」なのだろうか?と思ってしまうのですが、どうなのでしょうか。職場にいない「責任者」など責任者ではないように思えてなりません。

 責任を取らずに済むよう自分の仕事の範囲をはっきりと決め、それ以上のことはしないし、その代わりに他の人の仕事には触れず他の人には触れさせず。そして仕事の引き継ぎは行わないため、退職あるいは異動となると混乱が起こり。例年何の問題もなくできていたはずのことが、担当者が変わったというだけで利用者の方が右往左往させられる、というのがなんだか納得のいかないところです。

 それともう一つ、仕事をしていないのに「している」と嘘をつくのはやめてくれないかなと思います。
 何度足を運んでも「明日」「来週」ばかりでおかしいぞと、別ルートから様子を探ってみると実は仕事をしていなかった、というのも珍しくないというのはどうなのかなと。ひどいときには担当者の目の前の書類箱に何週間も置かれたままだったということも。

 日本語学科でも、今学期学科長が替わりました。というか、「あなたはもう学科長ではないから」と学科長に連絡が来たと突然知らされ、この人が新しい学科長になるらしいという名前は聞いたものの、当人によると辞令は来ていないから学科長としての仕事はしない、とのこと。前学科長にしても学科長ではないので学科長としての仕事はできません。どうしろというのかねえと、教員全員で頭を悩ませる毎日だったりするのです。

人気blogランキングへ
[PR]
by sarasayajp | 2009-10-08 12:40 | いろいろ |
2009年 04月 25日 |
 気になる情報を耳にしましたので、お知らせいたします。

 『地○の歩き方』や『アジア○断』で紹介されている宿の一つで盗難がありました。宿の主人の息子が犯人との従業員による証言があり、一度は身柄拘束されたのですが、現在のところ証拠不十分とのことで釈放されています。
 「証拠不十分」とされた理由が、荷物を預けた際に引換証をもらっていなかったため、「本当に預けたのかどうかを証明することができない」からというのです。
 かなり強引な理由で納得できないのですが、何かというと「文書」の提出を求めるイランならこういう理屈もありかもしれないと思う部分もあります。
 チェックアウト後、バスや飛行機の出発時間まで宿に荷物を預ける場合、必ず引換証をもらうよう気をつけて下さい。
 また、数年前には、共同シャワー室でシャワーを浴びている隙に、部屋に置いていた(もちろん鍵はかけていました)現金を盗まれた人もいました。

 もともとがカーガズバーズィー(書類遊び)と言われるくらいに書類を回すのが大好きな上、警察では英語が通じないことも多いですので、トラブルが起こった時に速やかに手続きが進まないことも多いです。また、手続きを取るために、「日本大使館認定の公式な通訳を連れてこい」と言ってくることもありますが、在テヘラン日本大使館はこうしたイラン側の要求に対して対応していません。

 もう一つはクレジットカードについてです。

 エスファハーンの絨毯屋で絨毯を買った旅行者が、手持ちの現金がなかったためクレジットカードで支払いを行ったところ、その夜、オンラインゲームの支払いにそのクレジットカードが使われたとのことです。
 もちろん、これは必ずしもイランでクレジットカードを使用したことが原因とは限らず、オンラインで使用した際に情報が盗まれた可能性もあります。
 しかし、クレジットカードに関する、実際に起こったいくつかのトラブルは耳にしています。
 イランではクレジットカードが基本的に使用できません。観光地のおみやげ物屋では3〜5パーセントくらいの手数料で使えるという店もありますが、ごくたまに悪質な商店もあります。
 気がつかれないように二枚重ねてサインをさせ、金額欄が空白のままの二枚目に、後日、適当な金額を記入して使うというのだそうです。イランだけでなく、アジア各地で見られるとのことですが、気をつけて下さい。

人気blogランキングへ
[PR]
by sarasayajp | 2009-04-25 07:09 | お知らせ |
2008年 01月 27日 |
 大学の期末試験も終わり、新学期まで一週間の休みです。もっとも、まだ採点が全部終わっていないので休みどころではないのですが。

 学期の終わりになってようやく、「そういえば、先学期の給料を出していなかったっけ」と思い出したのか、先学期の給料が支払われました。先学期といえば夏休み前の学期です。非常勤の先生同士で「6ヶ月以上支払いが遅れたんだから、利息も付けて欲しいよね」などと、半ば本気で笑い合うような遅れぶりです。

 まあ、それでも出たというのなら受け取りに行かなくてはと、会計課へと小切手を受け取りに行きました。それを銀行へ持って行き、口座に振り込んでもらおうとしてふとおかしなことに気がつきました。
 私は先学期、6コマ12単位の授業を担当していました。その前の学期も同じです。ところが、先々学期の給料と比べて先学期の給料は随分と少ないのです。時給単位が下がったとも聞いていないしおかしいなあと、とりあえず換金するのはやめて家に戻りました。
 次に大学へ行ったときに、学科長を捕まえて「ちょっとおかしいと思うんですけど」と訴えてみたところ、「あ、そうそう、非常勤の先生は10単位以上を教えてはいけないという規則があったので、あなたともう一人の先生は2単位分の給料が支払われていないのですよ」とのこと。
 その場にいた先生方全員で唖然としてしまいました。
 そういう規則があるのなら、どうして先学期の時間割を大学に提出したときにそれが指摘されなかったのでしょう。つまり、私たちはただ働きですか?とあきれていると、「とりあえず、今学期分の給料に残りの2単位分が加えられるようにしておきますから」とのこと。先々学期はそういう規則がなかったけど先学期にはそういう規則ができていたのか?と不思議なのですが、そういう通知は全く記憶にありませんし、他の先生方にしてもそうだったようです。

 これまでにもイランの事務のあれこれには、文句を言いつつも慣れていたつもりでしたが、まだまだ甘かったということを思い知らされた出来事だったのでした。

人気blogランキングへ
[PR]
2007年 12月 26日 |
 これまで、日本国内で、イランへの義援金のとりまとめをしてくれていた友人から、NGOを立ち上げることができましたという連絡がありました。それによって、これまで彼女の個人の口座へ振り込んでいただいていた義援金も、NGOの専用口座に振り込んでいただけるようになりました。

 口座は下の二つです。支援先をお選びいただけるようになっております。

みずほ銀行 調布支店(支店番号261) 普通口座 口座番号:1169712 
口座名義:シスターン.バルーチスターン州アフガン人支援会

みずほ銀行 調布支店(支店番号261) 普通口座 口座番号:1169704
口座名義:イラン.バム地震被災者支援会


 自然災害の被災者、さまざまな事情から困難な情況に追いやられている人々が、自分たちの足で立ち、人生を歩いていけるようにと支援をしているイラン国内の人々を応援して下さる方、関心を持って下さった方は、どうぞご連絡ください。
 ウェッブサイトも現在準備中とのことです。


 それから、これまでに個人旅行のビザ手配について色々な方からお問い合わせをいただいてきましたが、ホテルの予約と抱き合わせでないと手配をしないというイラン側の条件があり、なかなか大変でした。
 そこで、そこのところが何とかならないかと交渉をしていたのですが、ようやく、観光ビザのみの取得ができるようにしたそうです。イラン側での手数料が60ドルで、これに在東京イラン大使館に支払うビザの代金が加わります。
 申し込みからビザの発行まで10日~2週間くらいを見て下さいとのことでした。こちらも関心のある方はご連絡ください。


 お知らせばかりになってしまいましたので、久々にイランのケーキのシリーズから。

b0006449_136021.jpg


人気blogランキングへ
[PR]
by sarasayajp | 2007-12-26 13:06 | お知らせ |
2007年 12月 12日 |
「もう他に仕事を入れたら駄目だよ」
 と、冗談を言われながら新しい仕事がスタートしました。
 日本語の本をペルシア語に翻訳・出版するのですが、色々な意味で面白そうであり、なおかつ私にとっても有益そうなので楽しみです。

 ただ、この仕事の過程で「ああ、またか」と思ったことが一つありました。
「外国人とは契約しません」
「従って、翻訳者として名前を出せません」
 イランの公的機関はいつもこんな感じです。特に、大統領が替わってからは排他性が以前にも増して強まっているようです。

 先日、アメリカが「イランは核兵器開発をストップしていた」と認めたことに対して、やるだろうなあとは思っていましたが、本当に、大統領閣下が勝利宣言をしてくださいました。
 まあ、それはそれで構わないのですが、でもやはり、何だかなあという感じです。

 もともと、「自分たちは高度な文明と文化を持っていた(あるいは今でも持っている)」と信じ、実際、そう言っても決して間違いではないであろう歴史を持ち、現在も高い能力を持っている人たちですから、そのプライドたるものやこちらがびっくりするくらい高いものがあります。その表し方がちょっと独特なので、こちらは戸惑ってしまうことがあるのですが。

 外国のものを積極的に取り入れることが好きで、また外来の新しい文化や技術が好きな割に、それを否定もしたいというところが難しいところです。そして最近は、大統領閣下のイラン孤立主義が、外国否定の傾向に拍車をかけているのかな?という感じがしています。大統領閣下が本当にそういう主義を持っているのかどうかは分かりませんが、そう見えて仕方がありません。

 そういった政治に影響を受けやすい大学であるテヘラン大学の外国語学部でも、最近は、「外人講師など必要ありません。イラン人だけで十分な教育ができますから」だそうです。
 外国語を学ぶのにネイティブ講師など全く必要ないと断言してしまうことにまずびっくりして、そのくせ外国語教材は欲しくて、各国の協力機関に寄付させればいいとを考えるその態度に唖然としてしまいました。
 日本の外国語大学がどんな様子かは良く分からないのですが、大抵の語科でネイティブの教授あるいは講師が一人くらい教えていたように思います。私は大学に関しては、日本とイランくらいしか知らないのですが、イランのような考え方をする国の方が普通なのでしょうか?

 私の場合は「イランで学位を取っているのだから」ということでなんとか受け入れられるのですが、海外で学位を取った外国人だったら受け入れないということなのかなあ?それとも、欧米人なら受け入れるのかなあ?とちょっと悩む今日この頃なのでした。

人気blogランキングへ
[PR]
by sarasayajp | 2007-12-12 12:46 | イラン人 |
2007年 11月 14日 |
 大学で、いわゆる卒業レポート作成のための授業を受け持っているのですが、これが非常に大変です。
 学生がどうこうというのではなく、大学図書館に日本関連の書籍が全くと言っていいほどにないのです。日本語関連の書籍・辞書はある程度ありますが、日本の社会や文化に関連するようなものは全くないに等しい状態です。これでどうやって「研究」をさせるんだ?と頭が痛くなるほどです。「日本語・日本文学科」のはずなのに、「日本文学」に関する書籍すら見あたりません。

 日本語学科ができてからもう10年以上経つはずです。その間、大学は日本語学科のために予算を割くこともなく、また図書館も「高い外国の書籍など買わない」と国際交流基金などの寄贈図書だけを当てにしている状態です。
 テヘラン大学は年間予算などを開示したがらないので、どのくらいの予算で大学が運営されているのかよく分からないところがあります。「テヘラン大学はお金がないから」という人もいれば、「テヘラン大学はお金持ちだよ」という人もいます。
 お金がないのなら仕方がないのかもしれませんが、お金を持っているとしても、少なくとも外国語学部の図書館を見ている限り、日本語に限らず、外国語や地域研究をしようとしている学生のために有益な図書を購入しようという意志はほとんど見られないように思います。

 学生としてイラン文学を研究していたときには、さすがに自国の文学のことですし、歴史のある学部だったこともあって、図書館の蔵書にさほど不満を持ったことはなかったのですが、外国語学部に関してはちょっとひどいなあと思わずにいられませんでした。

 そして先日のことです。
 学科会議の席で、学科長がおもむろに講師陣に語り始めました。図書館がいかに日本語教材を必要としているかと。
 お、図書館も少しはやる気になったのか、と思った私たちでしたが続いた言葉に耳を疑ってしまいました。
「ということで、先生方がお持ちの教材、日本の映画やテレビ番組のビデオなどをコピーして図書館に寄贈するように」とのこと。
 日本にはコピーライトというものがあるし、全ページのコピーとか、ビデオのダビングなどをして寄贈というのは考えられない、と日本人講師たちは戸惑いの声を上げたのですが、イラン人であるところの学科長は我々の言葉の意味が分からないという顔です。コピーのどこが悪いのだと、あまりにきっぱりと言われてしまうともう二の句が継げません。
 そんなことよりも、ちゃんと予算を取って正規に購入して欲しいという要請には、「そんなお金のかかることはできない」の一言で却下です。

 日本とイランの経済格差故に、日本の書籍などを購入するのが大変なのは分からないでもありません。しかし、イランの学生にとっては、イランで出版されている本も決して簡単に手が出せる価格ではないことも多く、ましてや外国の書籍をレポートや研究のためにほいほいと買うことはできません。大学図書館が頼りと言っても過言ではありません。そうした学生や研究者への便宜よりも、「いかに予算を使わずに済ませるか」を考える大学側の姿勢には疑問を感じないではいられないのでした。

人気blogランキングへ
[PR]
2004年 12月 04日 |
 夕食会の中での話題の一つ。

 バムの地震の直後、世界各国から救援隊や医療チーム、マスコミがバムに殺到したために、通訳の料金が異常に跳ね上がったという話しをしたところ、一人が非常に驚いていました。

「救援に来ているのに、通訳料を払わされたんですか?それっておかしくないですか?」

 通訳はあくまで通訳という仕事であってボランティアではないのだから、通訳料を払うのは当然だと思っていた私は、彼の発言に逆にびっくりしてしまいました。

 聞けば、トルコで地震が起こった時は、日本語通訳に関しては、トルコ国内にいた日本人学生などが動員され、全員ボランティアで通訳をしていたとのこと。

 イランの場合、そういうことは行われず、それぞれのチームがそれぞれに通訳を探して雇っていました。その際、日本人学生には声はかかりませんでしたし、日本語のできるイラン人は相当ふっかけていたそうです。
 また、マスコミに関しては、海外のマスコミに関する業務を行っている文化イスラーム指導省が、自分の傘下にある通訳会社のスタッフを使うよう、「強力に」指導していたそうですから、その会社の言い値で通訳を雇わざるを得なかったそうです。もちろん、その通訳料の半分は指導省のものです。しかしそれを拒むと取材ビザが出ませんから従わざるを得ません。地震の直後からしばらくは、普段の通訳料の3~5倍だったそうです。

 こうして並べてみると、文化イスラーム指導省とイラン人通訳は、バムの災難を金儲けの種にしたのだなあと思わずにいられません。
[PR]
by sarasayajp | 2004-12-04 06:44 | イラン人 |
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Yuzuki Skin by Sun&Moon