イランという国で
sarasaya.exblog.jp
  ブログトップ
2013年 07月 11日 |
 日を改めて、もう一度同じ村へ。8時までには来るようにと言われていたのに、車の調子が悪く、8時半を回っての到着。先日とは違う案内人に「遅い」と言われながら出発。
 村の外れの道路脇から谷へ。谷の奥に向かって下り、涸れ川を渡り、谷を登り、また谷を奥に向かって下り、涸れ川を渡り、谷を登り、泉で水を飲み、休憩を取り、また歩き、歩き、歩き、泉で休憩し、ギーラーン州とガズヴィーン州の境界となっているという川を渡りガズヴィーン州側へ。また谷を越え、谷を越え、谷を越え。大小合わせ幾つの谷を越えたのか分からなくなった頃。これが最後の難関、という崩れやすい岩場を恐る恐る下り。
 あそこだよ、と案内人が指さしたのは、岸壁の中程に口を開けた洞窟でした。
 引き続き崩れやすい岩場を登り、踊り場のようになった洞窟の前にへたり込んだのが午後2時頃。
 アップダウンそのものはそれほど多くないのですが、急な上り坂下り坂を避けるために谷をぐるりと迂回するために、とにかく歩く距離が長くなってしまいます。先日と同じく、はじめの30分ほどは高地の空気の薄さに身体が慣れるまでの時間で、ひたすらぜいぜいとあえぎ、案内人について行くのがやっとです。自分の体重と荷物を移動させることの大変さをしみじみ感じます。
 洞窟の前で、案内人が持参のお茶道具でお茶を沸かしてくれ、同じく持参のパンとチーズ(両方自家製とのこと)、私の持参したお菓子で小腹を満たし、洞窟内へ。
 懐中電灯を持ってくるようにとあらかじめ言われていたのですが、それでも暗く、濡れて足場の悪い洞窟内をよじ登り、最奥まで行くのは難しく、途中までで断念せざるを得ませんでした。しかし、来てみないと分からないことはたくさんあるということは改めて実感できたのでした。

 村に帰り着いたのは実に夕方7時過ぎ。2700〜2800メートルという山の中でよくまあ歩いたものだと、自分で感心してしまったのでした。不思議と筋肉痛などはなく、右足の外反母趾気味の親指の付け根が痛くなっただけだったのはありがたかったのでした。
[PR]
# by sarasayajp | 2013-07-11 08:39 | いろいろ |
2013年 07月 07日 |
 期末試験も終わり、一時帰国までの期間をこれまで継続してきた聖所の調査に充てることにしていたのですが、これまでずっと行ってきた調査の中で山の上にあるとか遠いとかいう理由で残されてきた場所が多く、非常に難渋しています。

 まず、山の中にあるという場所。これが実に多いのです。
 昨年の夏、一時帰国直前にある聖所を訪れようとしたのですが、資料にある最寄りの村というのがまず大変な場所でした。ギーラーン州のルードバール郡にあるということなので、ルードバール市から村に向かったのですが、これがまた大変な道のりで、山の中の人影もない道をひたすら走り、結局道を間違えてしまい、村にたどり着くことができずに一回目のトライは終わってしまいました。
 その際、道を間違えてしまったことを教えてくれた人が、ルードバールからではなくて、ガズヴィーン州側から行った方が道も良いし(少なくとも道の半分までは舗装されているとのこと)、近いと教えてくれたので、そちらから挑戦することに。しかし、村から随分歩いた山の中に目的地があると言うし、これは日の長い時でないと難しいだろうということで、一年待って、この夏に再トライです。
 テヘランからだと大変なので、ガズヴィーンに一泊して早朝出発(テヘラン-ガズヴィーン間は約2時間)、と考えていたのですが、宿の数の少ないガズヴィーンはシーズンを迎えたアラムート観光の客でいっぱいだというので、夜、テヘランを出発して村に向かいました。
 テヘランからガズヴィーンまで2時間、そこから村まで山道を2時間半、村に到着するだけでも一苦労です。
 村で目的地について尋ねるとびっくりです。何と、私が調査する予定だった場所の他に、もう一カ所調査対象になる場所があるというのです。元々の目的地は途中まで車で行って、そこから徒歩片道一時間とのこと。しかし、もう一カ所は、徒歩で片道4時間はかかるというので、一日で両方の調査を終わらせるのは無理だと、とりあえずは近い方から行くことに。
 しかしこれが大変なのでした。村のある場所が標高2700メートルという高地ですから、恐らく富士山の五合目より高いのではないかと思います。そこを歩くのですから大変です。案内を頼んだ村の人は慣れていますからすたすたと歩いて行きますが、普段テヘラン住まいで(標高1000メートルくらい)、デスクワークが多く、加齢もあって体力の低下が目立つ私は、まず呼吸だけでも大変です。カメラなどの荷物6キロを担ぎ、休み休み歩くのが精一杯です。案内の人が親切で、こちらの状況をすぐに分かって荷物を持ってくれたので助かりましたが、それでも身体が慣れるまでは死ぬ思いでした。
 残雪の残る、道なき道を歩くこと1時間半、目的地に到着です。
 現在ではここに詣でる人もいなくなってしまったという標高2800メートルを超える山の上で、どうしてここが聖所とされたのか、やはり高いところに立つと神を近く感じられるのかなあと、ぼんやりと感慨に浸ったのでした。

b0006449_6403716.jpg

雲がとても近く見える感じ

[PR]
2013年 07月 02日 |
 大学の期末試験も一応無事に終わり、大統領選挙も現時点で恐らく最も良い結果に落ち着き、何とか夏休みを迎えることができました。
 選挙が終わり、とりあえず国際電話はかけやすくなり、ネットも恐らく選挙前に比べればましになったのではないかと思います。それでも、このブログにログインできない時間帯も多く、更新は諦めることにしてしまいました。

 大統領選挙は、改革系唯一の候補者アーレフ氏が選挙戦を降りてルーハーニー師の支持を表明、ラフサンジャーニー元大統領やハータミー元大統領がルーハーニー支持を打ち出したところでだいたい決まったな、と思っていたので結果は意外ではなかったのですが、決選投票ラインぎりぎりだったのは少々意外でした。

 それにしても面白かったのが、投票に行かなかったという人たちの多くが、決選投票には絶対に行くつもりと言っていたことでした。決選投票になると、最高指導者側の組織票固めが行われてルーハーニー師の当選がおぼつかなくなるということのようです。とにかく、ガーリーバーフ氏やジャリーリー氏の当選だけは阻止しなくては、との決意だったのでしょうが、それならどうして最初から投票に行かないのかなあと、不思議ではあるのですが、前回のように投票操作が行われるだろうと様子見をしていたということがあるようです。
 しかし、一応本命扱いだったジャリーリー氏やガーリーバーフ氏の得票数の少なさは、何となく予想はしていたものの結果として出てきてみるとやはり少しびっくりだったのでした。
「だって、外国に行くと西欧文化にかぶれてしまうから、国民にはパスポートを与えないとかあり得る?」だそうです。選挙運動期間中にジャリーリー氏がそんな発言をしていたとは知らなかったのですが、こんな発言をして国民の支持を得られると思っていたのかなあと、大いに首を傾げてしまったのでした。

 たまたま、開票が行われた日は、知り合いとレストランで夕食でした。レストランに入ったところでは、まだ開票中で、ルーハーニー師が52パーセントとか51パーセントとか言っているところでした。夕食を終えてレストランを出ると、道行く車がクラクションを鳴らし、車内から風船やら布きれやらを振り回したりVサインをしたりと、町は大騒ぎになっていました。ああ、決まったんだなあと思いながら、なんとなく、ハータミー師が初当選を果たした時のことを思い出したのでした。あの投票日、投票を終えた人たちのはしゃいだ様子は、やはりこんな感じだったなあと。

 ルーハーニー師とは実は一度言葉を交わしたことがあります。頭のいい人だなというのがその時の印象でした。行政府の長に過ぎず、その上に最高指導者という権威が控えている中、ハータミー師のように押しつぶされてしまうのか、それともうまく舵取りができるのか、がんばって欲しいなあと思わずにいられません。そして、公約に掲げていた教育の改革をぜひ実現して欲しいと思うのでした。

b0006449_1115250.jpg

地方の荒物屋の店先に貼られたルーハーニー師のポスター

[PR]
# by sarasayajp | 2013-07-02 00:58 | いろいろ |
2013年 05月 17日 |
 調査のためにカスピ海沿岸州ギーラーンへ来ています。

 今回は、これまで調査した中で情報不足だった場所をもう一度調査するのが目的の一つでした。

 その中の一つ。
 茶畑が広がる中に浮かび上がる、こんもりとした樫の木の森の中にある聖者廟を訪れたときのことです。
 以前ここを訪れたときに確認を忘れていた、この廟の住所を確認するため(この廟の周囲には三つの村があり、この土地がその内のどの村に属すのかを知る必要があった)通りがかりの軽トラックの運転手に、「この場所はどの村に属すか分かる?」と尋ねました。返ってきた答えは少し離れたところの村の名前だったので、ああ、よく分からないのだなと思いつつも「ありがとう」と分かれ、その後誰も通りかからないので、廟の周囲で写真を撮りつつ、誰かが通りかかるのを待っていました。

b0006449_3311873.jpg

こういうところ。右手奥に見える建物は製茶工場。


 すると、後ろから声をかけられました。
 振り向くと、制服警官、役付きらしいのとその部下らしい若いのという二人と、兵役の若者が二人と四人もの警察関係者が立っています。
 珍しいことではないのですが、軽トラックの運転手が不審な外国人がうろうろしていると通報したのでしょう。それにしても、警官一人と兵役中の若者一人がバイクで二人乗りをしてやってくるのが普通なので、四人というのは随分と大がかりです。

 大がかりではありましたが、フレンドリーな警官たちで、身分説明と調査許可書の提示でその場は納得してもらえ、さらにはこの場所の正確な住所も教えてもらえました。ところがなんと、「これから情報省の役人が来るからそれまで待つように」とのこと。
 ところが、近くの町からやってくる役人が道に迷っているということで時間がかかりそうだから、調査を続けてもいいよ、というので、それじゃあと廟の中へ入ろうとしました。が、扉が開きません。かぎはかかっていないのにどうして、と、扉をがたがたと押してみたもののやはり開きません。警官たちも何事かと集まってくる中、なんと、中から扉が開きました。
 中には20代くらいの若者が一人立っています。
 中で願掛けをしたり祈っていたりしたのかな、じゃあ邪魔をして悪かったかな、と考えている私の後ろでは警官たちが誰だ誰だ、何だ何だと色めきたっています。
 早速役付き警官が尋問を始めました。
 尋問に応える若者の話し方や声を聞いて、警官たちが色めき立った理由が分かりました。一応運転手に「モウタード(麻薬中毒者)だよね」と確認を取ると、そうだろうとのこと。
 若者は警官に、自分はがんを患っているのだが、この廟に40日間籠もると治るから廟に籠もっていたのだと説明しています。
 病気快癒のために聖者廟にお籠もりすること自体は珍しくありませんが、40日間というのは珍しいかもしれません。廟の中を見ると毛布も持ち込んであり、泊まり込み体制でいたのは間違いないようです。
 警官たちは若者の家に電話をして事実確認をしていますが、要領を得ないようです。
 そうこうするうちに、道に迷っていたという情報省の役人がハンディビデオを片手にようやく到着です。
 ビデオで何を撮るのだ?尋問の様子でも撮るのか?と微妙に疑問です。
 疑問に思いながらもパスポートを見せろというので、たまたま持っていたパスポート渡すと、なんと写真モードで撮影しています。情報省ではカメラではなくビデオで写真を撮るようです。

 結局、尋問らしい尋問もなく、調査許可書のコピーを持って、じゃあね、と一行は不審者扱いの若者を連れて去って行きました。
 一行を見送りながら、情報省はサマンド(イランの国産車)だけど、警察はやっぱりトヨタのピックアップなんだなあと、どうでもいいことなのですが、思わずにはいられませんでした。トヨタのピックアップ、警察にも密輸業者にも未だに人気が高いようです。

 まあ、通報されたから出動せざるを得なかったんだろうなあと思い、調査許可書等を揃えておいて良かったと思うと同時に、地方での外国人に対する過敏さに大変だなあと思ってしまったのでした。
 日本でも、大きな神社ではなくて村の田んぼ脇の稲荷の祠を外国人がうろうろして、写真を撮っていたら通報されて警官が来るかなあ、来るかもなあとも思わないでもないのでした。

b0006449_3332519.jpg

 
木立の中の廟。この中に若者が籠もっていた。


 調査の際に許可書を用意するのは当然なのですが、パスポートは通常、宿泊ホテルに預けさせられるので、調査中は持ち歩いていないことがほとんどです。この日はたまたま、何を思ったのかホテルの従業員が「持っていった方がいい」と渡してくれたのでした。彼には感謝です。
[PR]
2013年 05月 03日 |
 相も変わらず、ネット環境には苦労する日々が続いています。

 このブログにも、夜中を過ぎないとログインできない状態で、更新どころではありません。

 国際電話がつながらないのも相変わらずですし、メールで「電話して」と頼み、日本から電話をしてもらっていたのですが、どうも日本からの電話も時々つながりにくいようです。
 日本だけではなく、マレーシアやイギリスなどとも電話がつながりにくいということなのですが、その一方で全く支障なく電話ができる国もあるというのが不思議なところです。一体どういう基準なのでしょうか。

 ペルシア語学校でも、5月末までしかビザを出さないことで、学生たちを国外へ追い出そうとしているそうですし、観光ビザも団体ツアー以外ではかなり出にくくなっているようです。

 物価はじりじり上がり、その一方で収入はさほど増えずですから、不満はたまっていると思うのですが、前回の選挙とは違って現金のばらまきはさほど見られないようです。
 大統領選挙の結果がどうなるかは全く予想が付きませんが、こういう微妙な息苦しさは早く終わってほしいなあと思わずにいられないのでした。
[PR]
# by sarasayajp | 2013-05-03 05:28 | いろいろ |
2013年 04月 22日 |
 ここしばらく、自分のブログにログインできない日が続いていました。
 ページを開くことはできるのですが、ログインをしようとするとあまりのネットの速度の遅さに、時間切れですとログインを拒否されるという情けない状態でした。

 仕事のため、写真を何枚もある人に送る必要があったのですが、これも写真のサイズを相当に落としているにもかかわらず、なかなか送ることができません。

 ネット上に流れる情報を盗聴するための装置というのがあって、それを使っているとネットスピードが極端に落ちるそうですが、それかもね、とため息をつく日々です。

 国際電話も滅多に通じない状態で、日本に電話をしなければならないときなど、電話と格闘です。何十回に一回くらいは通じるのですが、それにしてもいらいらします。私だけなのかなあと思っていたのですが、うちもそうだよ、と言う人が何人もいて、日本だけでなく、何カ国か非常に電話がかかりにくい状況にあるようです。相手国によっては問題ないらしいし、完全に切れているわけではないのが不思議な感じです。
 大統領選挙が近いせいかとも思ったのですが、1999年の大学寮襲撃事件の時には、私の家の国際電話は完全に切られていたことを考えると、もしかすると違う理由なのかな、とも思いますし、何とも悩ましいところです。
 
[PR]
# by sarasayajp | 2013-04-22 11:21 | いろいろ |
2013年 04月 11日 |
 昨日は、今学期末がどうなるか分からないとお話ししましたが、昨日の午後、ようやく正式な通達が回ってきました。やはり、学期を短縮、期末試験を選挙までに実施してしまえということのようです。

 ということで、試験日程の作成をよろしく、と、学科室で仕事をしている私に、学科事務員が一般教養と第二外国語の試験日程リストを手渡し去って行ったのでした。
 事務員にも、私は時間割作成職人だと認識されているようです。確かにこの数年、私が時間割を作成しているのですが。

 試験日程は二週間。ところが二週目には祝日が二日も入っているため、試験に使える日は実質9日間です。これで、学生や先生から文句の出ない日程を組むことができるのかどうか。なにせ、

・一日に同じ学年の試験を二つ入れてはいけない
・二日連続で同じ学年の試験を入れてはいけない
・一般教養や第二外国語の時間割を優先する

 ですから大変です。
 1年生や2年生はまだ授業そのものが多くないですし、特に1年生は一般教養も入っていませんから何とかなるのですが、3年生や4年生になると専門教科も増えているので大変です。専門教科を二日連続で置こうものなら抗議がやってきます。さらには、一週目や二週目に自分の担当教科の試験が集中すると文句を言う先生もいたりするので、そのあたりも配慮しなくてはいけません。

 一日に試験を二つ実施してはいけないというのは、大学だけではなくイランの全ての課程でそうだというのですが、ちょっと甘やかされすぎではないかと、一日二〜三教科くらいの試験が当たり前だった私からすると、少々納得がいかない気分なのでした。

 これが通常の学期時間割となると、
・正規教員は月曜日に授業を入れるな
・正規教員は一日2コマ以上授業を持つな
・一般教養・第二外国語の時間に専門教科の授業を重ねるな
・単位を落とした学生が、落とした単位とその学期に履修できる単位全てを履修できるよう配慮しなくてはならない
・教務課に時間割を提出した後は、一切の変更を認めない

 等々、更に縛りが厳しくなります。
 学生の単位取得状況全てを把握して、彼らが本来履修できる授業を全て履修できるように時間割を作成するなど至難の業です。だいたい毎年一人くらいは困った学生がいて、単位を落としまくっていたりして、学期末の時間割作成作業時にこちらを困惑させてくれます。

 最近では、時間割を作成してくれるソフトがあるということですが、イランでもそういうソフトを開発してもらえないだろうかと思わずにいられないのでした。
[PR]
2013年 04月 10日 |
 先日テヘランに戻りました。
 午前に空港に到着。荷物を家に置いてすぐに大学へ。午後最初の授業を実施。
 諸事情からテヘランに戻るのが遅れたため、何とも慌ただしい正月明けの授業となってしまいました。

 大学での話題は、「授業がいつまでなのか」「試験がいつ始まるのか」です。
 今学期が始まる頃から話はありましたが、大統領選挙があるから、という、通常なら理解不能な理由から、授業が2〜3週間短縮されるというのです。まだ大学側からは正式に通達は来ていないのですが、学生や先生方の間では既定の路線として語られています。
 授業を短縮するとなると、シラバスはめちゃくちゃです。今学期中に終わらせるべきことが終えられない可能性があります。そのため、もし本当に学期が切り上げとなるのなら、授業の進度を速める必要があります。また、小テストなどを行う時間ももったいないため、これらも省略する必要があるかもしれません。
 しかし困ったことに、正式な通達が行われないのです。つまり、もしかすると噂だけで、実際には授業の短縮という措置は行われないかもしれないのです。ある学生によると、文科大臣自身は「大学の授業は一ヶ月延長すべきだ」と発言しているのだとか。

 これまでの経験から、事前の通達なしに、ある日突然、「今週で授業は終わり」と言い出すことは十分にあり得ると、どちらに転んでも良いように準備をするつもりではありますが、それにしても頭が痛いところです。

 と、ある意味大統領選挙の話題で盛り上がってはいるのですが、実際の選挙については、誰が立候補するとかそういった話がほとんど全く聞かれないせいで、大統領選挙なんて本当にあるの?という感じでもあるのでした。
[PR]
2013年 03月 21日 |
 忙しさに取り紛れ、すっかり放置していたブログですが、皆様には色々とご心配をおかけしていたようで申し訳ありませんでした。

 一週間ほど声が出なくなるという風邪をひいた後、未だに時々せきが止まらなくなることはあるものの、とりあえず体調は戻りつつあります。

 ノウルーズ休みに合わせ、先日、一時帰国をしたのですが、二三日して気がつきました。
 なんと、花粉症の症状が全く出ないのです。
 風邪をひいているときは花粉症は出ないというのですが、(一応)風邪は治っていますし、これは花粉症が治っていることかと、ちょっとびっくりです。
 このところ、健康問題で悩むことが多かっただけに、嬉しい驚きでした。このまま、イランに戻るまで症状が出ないでいてほしいものです。

 仕事の方は相変わらず、大学もイラン政府も大統領選挙を目の前にぴりぴりしているため、大学でもそれ以外でも仕事がしにくくて大変です。日本企業の撤退・縮小の動きも止まらず、私がイランに来た頃に戻ったようです。

 先日、アパートの契約更新をしたのですが、どう考えてもテヘランの平均的な労働者の平均月収の二倍にはなるだろう家賃を請求されてしまいました。別に大家さんが、私が外国人だからとぼったくっているのではなく、ごく平均的な家賃を請求しているだけなのが(むしろ周辺のアパートよりも少し安いくらい)怖いところです。

 ノウルーズの行事に便乗しての政治批判を封じ込めようと当局が躍起になっていましたが、この物価高では明るい正月どころではないよなあとも思わずにはいられなかったのでした。

 saheiziさんからご質問がありましたが、下の絵は、正月前に小路小路を回る「ハージー・フィールーズ」という人物を描いたもので、イランの『民衆文化』という雑誌の何年か前のノウルーズ特集号の表紙です。
 顔を墨などで黒く塗り、トンバック(太鼓の一種)を叩きながら歌ったり、おもしろおかしい身振り手振りをしたりしながら小路を練り歩いていたのだとか。日本の正月の門付けに似たようなものでしょうか。
 このハージー・フィールーズ。ノウルーズの象徴の一つなのですが、革命後、禁止されてしまいました。私がイランに住むようになってしばらくして解禁されたのか、時々見かけるようになりましたが、またテヘランでは見なくなりました。正月グッズには、黒く塗った卵に顔を描き、赤い帽子をかぶせたハージー・フィールーズが見られます。
 こうしたハージー・フィールーズグッズの写真を探したのですが適当なものが見つからず、手近にあった雑誌の表紙を利用したのですが、手抜きでした。
 あまり良い写真ではないのですが、今は、こんな感じのグッズが見られます。

b0006449_17173614.jpg
b0006449_17174740.jpg

[PR]
# by sarasayajp | 2013-03-21 17:18 | いろいろ |
2013年 03月 21日 |
b0006449_028634.jpg


 サーレ・ノウ・モバーラク
 イラン暦1392年の始まりです。

 大統領選挙を控え、なんとなくきな臭い新年の幕開けですが、良い年になってほしいと心から願っております。

 皆様にとっても、この春の訪れが新しい希望をもたらすものでありますように。
[PR]
# by sarasayajp | 2013-03-21 00:30 | いろいろ |
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Yuzuki Skin by Sun&Moon