イランという国で
sarasaya.exblog.jp
  ブログトップ
<   2013年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧
|
|
2013年 02月 22日 |
 風邪の方は相変わらず。
 声は全く出ないし、咳が出るようになり、どうやら熱も少し出ている模様。とはいっても、うなされながら寝込むほどでもなく、ベッドでごろごろとしながら寝たり起きたりを繰り返す週末一日目です。

 考えてみると、この1〜2年間は、小さな身体のトラブルに悩まされた(?)のでした。

 どこでもらってきたのか分からない足親指の爪疥癬にはじまり、それがなおったところでちょっとした深爪から曲爪をひきおこし。

 視界に居座る大きな飛蚊症が気になり、眼科を訪れたところ、そちらは加齢によるものなので仕方がないが、それとは関係なく先天性白内障ですねと診断され、さらには緑内障の疑いがあるとのことで視野検査を受けさせられ。こちらはとりあえず問題なしという結果にはなったものの、検診の度に気にされるのが気になるところ。
 母がやはり先天性白内障だったというのでこれはそれほど驚きはないのですが、私が知る限りの親戚に緑内障と診断された人はいないので、少々びっくりです。

 そんなこんなでトラブルが続く中、家族や親戚の病歴などを確認する必要があり、その中でしみじみ思ったのが、どんなに嫌だ嫌だと思っていても、両親から半分ずつ遺伝子をもらっているのだなあということでした。
 私は全く似ていない三姉妹の長女なのですが、でもやはり三人とも親にあるいはその親から外見も中身も似た部分を受け継いでいて、それが故に親しさを感じたり反発したりなんだなあ、と、ありきたりな感想ではありますが、そんなことをつらつら考えるようになったのでした。

 私は全体の骨格、髪や瞳の色は父と同じなのですが、顔立ちは母方の祖母がベースになっているようです。どうせ似るのなら、母方の祖父に似ればもうちょっと美人だったのになあと、祖父によく似た美人のおば二人を思うと少々がっかりなのでした(笑)。

 
[PR]
by sarasayajp | 2013-02-22 07:40 | いろいろ |
2013年 02月 20日 |
 この二週間ほど、風邪をひいて大変な思いをしています。
 先週は鼻水とくしゃみに苦しめられ、鼻の皮が二枚くらいむけたところで症状は治まり、やれやれ峠を越えたか、などと思っていたのですが、今週に入ってからとんでもない方向に。

 週頭の土曜日。
 なんだか咳が出るようになったなあ。でも、それほどひどいものでもないし大丈夫だろう。
 と、実際、少し咳が出るくらいで他にはそれほど症状もないので仕事が山積みになっている大学へと出かけたのでした。
 仕事をするうちに、喉ががらがらとしてきて、声が出にくくなっていくのが分かります。風邪をひくと鼻水と頭痛に悩むことが多く、喉は案外と丈夫だったのでびっくりです。とはいえ、この日は事務仕事だけだったので、ある程度片付いた所で帰宅。

 そして日曜日、朝起きてみると、普段とは全く違う、かすれた声しか出なくなっています。日曜日は朝から午後まで3コマの授業があり、この声で乗り切れるのかどうか。
 学生に、先生大丈夫?という視線を向けられながらもなんとか一日を乗り切ったのですが、喉は悪化の一途。

 月曜日。
 朝、完全に声が出なくなっています。一縷の望みをかけて大学へ行ってみたものの、とても講義などできそうにありません。
 ということで、1限目は休講。
 2限目は学生の発表が中心の授業なので、なんとかなるだろうと、授業担当のない先生に(マイク代わりに)同行してもらい、何とか終了。

 火曜日。
 相変わらず、ささやくような声がかすかすと出るのみ。幸い、授業はないので、学科事務室で事務作業。
 とはいえ、日本語研修生応募の書類のチェックやら、日本からの大学生グループとの交流会に関する作業やら、日本語能力試験関連の問い合わせの電話やら、声を出さなくてはいけないことばかりです。
 これはもう仕方がないと、電話は、個人のものも含めて他の先生にお願いし、学生の対応は、できる部分は筆談で、それ以外はやはり他の先生にお願いすることに。
 他の先生や学生に迷惑を掛けつつ、なんとか一日が終了。

 それにしても、これから、留学関連の書類の作成など、学生とじっくり話さなくてはならないことが増えるのに大丈夫なのか?と、風邪のせいではなく頭が痛いのでした。
 
[PR]
by sarasayajp | 2013-02-20 09:36 | いろいろ |
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Yuzuki Skin by Sun&Moon