イランという国で
sarasaya.exblog.jp
  ブログトップ
<   2012年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧
|
|
2012年 09月 02日 |
 タイミングの悪い時期、場所での仕事を終え、金曜日にはまた陸路テヘランに戻る予定でした。
 ところが、木曜深夜、追加の仕事が入り、「この面倒な時期に?」と目の前が真っ暗に。
 金曜朝、ホテルに掛け合ってみたものの、「ファルマンダーリー(内務省関連機関)から今日はホテルを空にするよう要請を受けている」とのことで、チェックアウトせざるを得ず。運転手も土曜日に仕事があるからということで、単身帰さざるを得ず、帰りがどうなるのかという不安ものしかかってきます。
 幸い、いつもシーラーズで使っているホテルで、一部屋だけなら開いているとのことで、とりあえず一晩の宿は確保できました。しかし、仕事がいつまでかかるか分からないので、バスの予約もできません。(金曜日の時点で、国内便は月曜の午後まで空席は一切無し)

b0006449_1728444.jpg

私には珍しく、有名観光地を久しぶりに訪問。


 土曜日夕方、何とか仕事を終わらせ、一縷の望みをかけ、休暇を過ごした人達でごった返す長距離バスターミナルへ。しかしそこでも、「火曜日まで全てのテヘラン便が満席」とのこと。
 長距離乗り合いタクシーを探してみたものの、テヘラン行きもエスファハーン行きもないとのこと。タクシー会社に電話をして見ても、「エスファハーンまで?無理」との返事。知り合いのつてで、ツアードライバーを探してもらっても、これもまたみんな仕事中だったり連絡がつかなかったりで、全く捕まりません。

 さてどうしたものかと途方に暮れていると、かすかに「テヘラン!テヘラン!」と呼び込みの声がします。大急ぎで近づき、「テヘラン?バス?タクシー?」と尋ねると、「乗り合いタクシー」とのこと。呼び込みをしている人は、正規タクシーの制服を着ていますし、まあ大丈夫だろうと、「乗るの?」に「乗る!」と返して、ついていくと、確かに黄色く塗られた正規のシーラーズタクシーです。
 道々聞いた話によると、本来はシーラーズ空港と市内を結ぶタクシーなのだけど、フライトキャンセルばかりで仕事にならないし、それならターミナルでチケットにあぶれた人を拾おうとターミナルにやって来た由。道理で、ターミナルのタクシー乗り場ではなく(シーラーズ市内専用)、ターミナルの外にとまっているわけです。
 何にせよ、これで朝にはテヘランに到着できると一安心。

 ところが、後部座席に三人で座っていると結構ぎゅうぎゅうで、眠るどころではないし、身動きもなかなか取れないために腰は痛いし、モスィーバト(難行苦行)な12時間だったのでした。
[PR]
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Yuzuki Skin by Sun&Moon