イランという国で
sarasaya.exblog.jp
  ブログトップ
<   2011年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧
|
|
2011年 11月 27日 |
 昨日のテヘランは雪でした。今朝もちらついていましたが、もう晴れ間が見えているようです。

 昨日、大学へ来て、お茶でも飲もうと給湯室へ行くと、「今日はガス圧が下がっていて、サモワールが使えない」とのこと。電気給湯器は使えるので、そちらでお湯だけもらい、ティーバックでお茶を入れたのですが、なるほどと納得でした。
 大学は、気温が下がり、暖房が入るようになってから、じっとしていても汗をかくほどの室温になっていたのですが、とても過ごしやすい気温になっていたからです。週末、暖房を止めていたからかと思っていたのですが、テヘラン市内の人々が一斉に暖房の設定温度を上げたため、ガスの圧力が下がってしまったというのが原因だったようです。

 暖房が入っているのは嬉しいのですが、それにしても、汗をかくほどまで温める必要があるのだろうか?もったいなくないか?と、毎年のように感じます。温度調整が難しい暖房方式なので仕方ないのかもしれませんが、暖房を入れながら、窓を開けて室温を下げているのを見ると、なにかが違うよなあと思わずにいられません。

 今日も大学内は日本人にとっては適温なので、まだガス圧は低いままのようです。でも、給湯室には電気サモワールが登場し、ちゃんとお茶は飲めるようになっていたのでした。

 私のアパートは、大学のある地区のお隣なのですが、こちらではガス圧が下がっているという話は聞かないので、これが大学だけのことなのか、大学のある地区のことなのかよく分からないのでした。
[PR]
2011年 11月 24日 |
 夜、机に向かっていると大家さんがやって来ました。
 「フェルフェルは好きか?」とのこと。

 シシトウのような唐辛子のようなフェルフェルは、生のままキャバーブの付け合わせになっていたり、肉と一緒にキャバーブにされたり、漬け物にされていたりと、口にする機会もそれなりなのですが、好きか、と聞かれて「好きです」と答えるには一瞬ためらってしまいます。

 このフェルフェル、日本のシシトウの当たりとは比較にならないような辛さのものに当たることがしばしばで(シシトウは生では食べませんが)、それがまた、しばらくはものの味が分からなくなるほどの辛さなのです。そのため、まず、数ミリだけかじってみて、食べても大丈夫かどうかを確かめる習慣がついてしまったほどです。

 「まあ、食べると言えば食べますけど…」と、微妙な答えを返したところ、「実は、うちの畑で取れたものなのだけど、ものすごく辛くて、うちでは誰も食べてくれなくて」とのこと。

 一体どれほど辛いのでしょうか。

b0006449_21453046.jpg

 とりあえず、赤いのを一本だけ使ってペペロンチーノを作ってみたところ、確かに辛いです。鷹の爪よりも辛いかもしれません。
 もう一度確かめてみようと、今度は青い方を使ってペンネ・アラビアータに挑戦です。やはり辛くて、食べきるのに一苦労です。
 でもまあ、生では食べられなくとも、調理をすれば何とか食べられそうです。

 激辛料理が好きというわけではありませんが、せっかくだし、がんばって、イランでも作れそうな激辛料理のレシピを探しているところなのでした。

 でも、イラン人の友人知人には絶対に食べてもらえないでしょうから、一人前しか作ることができないというのが最大の難点なのでした。
[PR]
2011年 11月 20日 |
 仕事から戻ると、待ち構えていたように大家さんがやって来ました。
 はい、これ、うちの農園から持ってきたもの、と差し出されたのはびっしりと実のついた柿の枝でした。

b0006449_7523027.jpg

 どうやら、たくさんの実のついた様子を見せたくて、枝ごと持ってきてくれたようです。

 実は生の柿は少し苦手なので、干し柿にしてみようかと、窓の外に吊してみたのでした。

 こちらではいろいろなドライフルーツがありますが、干し柿はまだ見たことがありません。ホルマー(デーツ)みたいで売れると思うんだけどなあ、などと思いつつ、雨の心配をする今日この頃なのでした。
[PR]
by sarasayajp | 2011-11-20 08:04 | いろいろ |
2011年 11月 16日 |
 土曜日・日曜日と、テヘランで第二回イスラム世界出版会議という国際会議が行われていました。
 主催者に名前を連ねる出版社のプロジェクトに加わっている私も、著作家枠で会議に招待されていました。
 「絶対に来てちょうだいよ」という出版社の人の電話に、午前中の授業が終わってから会場へ。

 午後の部が始まる直前に会場入りすると、出版社のスタッフの人が見つけてくれ、「コーラン分科会にいらっしゃいね。ホッラムシャーヒー氏も講演をするから」という命令が下りました。
 コーラン関連のプロジェクトに関わっているとはいえ、コーラン分科会というのは少し畑違いだよな〜。でも、ホッラムシャーヒー氏(ハーフェズの詩集の解説などを行った文学者であり、コーランのペルシア語訳者の一人←私も博士論文を書いた際にこの翻訳のお世話になった)の講演というのは聞いてみたいな〜。と、ミーハー心に誘われて、コーラン分科会の会場へ。
 会場に入ってみると、公用語はアラビア語という世界です。これは早まったかと思ったのですが、同時通訳が入っていてほっと一安心。よく見ると、アラビア語に堪能なはずのルーハーニーたちも同時翻訳のイヤホーンを使い、ペルシア語で質問をしているのを見て、また一安心。

b0006449_4421343.jpg

 
右はレバノンから、その隣はエジプトからの出席者。左は分科会の司会進行を担当したイラン人ルーハーニー。


 会場には、ロシアやトルコ、アフガニスタン、ケニヤ、ナイジェリア等、外国からの参加者も多く、同時通訳も、アラビア語、英語、フランス語、ペルシア語の四カ国語だったようです。後で聞いたところによると、世界40カ国から、イスラム関連書籍の出版を行っている出版社の関係者を招待したとのこと。

 と、分かったような分からなかったような、コーラン関連の話をたっぷり聞いて帰宅。
 翌日、朝から、ビザの更新の手続きのため文科省や外事警察を回っていたところ、件の出版社から連絡が。「今日の夜、大統領官邸で式典があるのだけど、あなたが出席したら大統領も喜ぶと思うのよ。ぜひ来てちょうだい」とのこと。
 別に大統領の支持者でもなんでもないし、外国人出席者が多い方が見栄えがいいから招待された、というのは分かっているとはいえ、普通には足を踏み入れることが難しい大統領官邸に入ることができるなら行ってみたいな〜と、またまたミーハー心に誘われて、夕方に入っていた予定をキャンセルし、待ち合わせ場所の出版社前へ。
 「鞄や携帯電話は持ってくるなっていうことだから、ここに置いていってちょうだい」ということで、出版社に荷物を全て置き、財布と鍵束だけを持って官邸に向かって出発です。

 何回かのセキュリティーチェックを抜けて、式典が行われる小ホールへ入ったのが午後6時頃。
 外国人客は一番前へ、ということで、SP席の真後ろという招待客としては最前列で、式典が始まるのを待ちます。
 しかし、待てど暮らせど大統領閣下は現れません。式典の開始は7時と聞いていたのですが、結局、大統領が登場したのは20分遅れでした。
 初めて生で大統領を見た感想は?と、翌日、知人から聞かれたのですが、「思っていたより小さくなかった」というのが第一印象。それから、「(ジャンパーではなくてスーツのためか)テレビで見るよりぱりっとして見えるなあ」。おめかしをしていて時間に遅れたのか?と思ったほど。
 もちろん、直接話す機会などはなかったわけですが、興味深い体験ではありました。

 海外では、大統領のとんでも発言ばかりがクローズアップされますが、陰謀史観があまりに強すぎることなどを除けば、意外と正論を言っていたりするのだよなあということを、式典の最後の演説を聴いて思ったのでした。私の周囲は海外からの招待客ばかりだったのですが、同時通訳を聞きながら、うなずいていたりメモを取っていたりという人も多く、植民地を経験した国の人達にとって、「自立」「独立」「植民地支配の排除」というキーワードはのほほんと過ごしてきた私よりも強い意味を持つのだろうなあと感じたのでした。

b0006449_5212169.jpg

 大統領府入場券。セキュリティーを抜ける度にパンチの穴が増えるらしいのだが、三回目のセキュリティーからは、入場者が多く、間に合わなくなったらしい。下は国際会議会場でのID。

 今回しみじみ思ったのは、イランのコートにスカーフという服装は、たとえ急に大統領も列席するような式典に招かれても慌てずに済むので助かるなあということでした。逆に、おしゃれに気を遣わなくなってしまうので、日本では困ってしまうのですが。
[PR]
by sarasayajp | 2011-11-16 05:34 | いろいろ |
2011年 11月 09日 |
 昨日のテヘランは一日中雪でした。
 例年に比べるとずいぶんと早い雪でびっくりです。
 雨も多いですし、このまま雨雪の多い冬になるのか、はたまたこの一時期だけのことなのか、この数年、水不足に苦しめられている農村部を目の当たりにしているだけに気になるところです。

b0006449_3433664.jpg

雪が降るといつもここから写真を撮っているような気がしますが、アパートの窓から見た外の様子です。


 明日の朝、積もっているようだと大学に行くのが大変なので少々心配ですが、どうなっていることでしょうか。天気予報では、明日は晴れそうなのですが。
[PR]
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Yuzuki Skin by Sun&Moon