イランという国で
sarasaya.exblog.jp
  ブログトップ
<   2011年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧
|
|
2011年 01月 16日 |
 テヘランは昨夜から雪が降り続け、私が住んでいるあたりでもずいぶんと積もっているようです。交通機関の混乱が予想されることから、昨夜中に学校は休校が決まったとのこと。大学はまだ休校になるとの知らせはありませんが、どうなることやらです。昨日から試験が始まっているのですが、今日は、遠方から通っている学生が大学にたどり着けないのではないかと少々心配です。

b0006449_12394839.jpg

                                                                                                
(写真:Fars通信)


 話は変わって、今、ドーハでサッカーのアジアカップが行われており、イランがグループ予選をいち早く勝ち抜けたとのこと。
 このアジアカップに関連して、ある日本人の方から質問がありました。
「イランはイラクのことを今でも敵だと見なしているんでしょうか?」

 私は調査先への移動中だったために見ることはできなかったのですが、先日行われたグループ予選のイラン-イラク戦は非常に見応えのある良い試合だったとか。私の周囲でも、「良い試合だった。イラクがすばらしく良かった」という評価のようです。

 イランとイラクに間には確かに8年に及ぶ戦争があり、イランは未だに戦死者の数が分からないと言われているほどの人的被害をはじめ、大きな国家的損失を被りました。
 でも、じゃあ、イラン人は反イラクなのかというと、微妙に違うように見えます。
 移動中に立ち寄った食堂でお客をそっちのけでテレビにかじりついていた人たちも、食事中の人たちも試合を楽しんでおり、「イラクをやっつけろ」というかんじではありませんでした。

 戦争で家族を失った人たちも、イラク人を恨むという人はほとんどいませんでした。サッダームとアメリカが悪いのだ、ということで政治の責任であり、イラク人に対してあれこれ言っても仕方がないし、その必要もない。イランとイラクは古い仲だし、サッカーはサッカーとして楽しむし、国内がまだごたごたしている中でこれだけの結果を出しているイラクの代表チームは立派だ。そんな感じです。語弊があるかも知れませんが、イラクに対する一種のシンパシーはあるように見えます。うまく言えないのですが。
 ともかく、何かというと政治を持ち込んでくる一部の国々に比べると、大人なのかも知れないと思ったのでした。

人気blogランキングへ
[PR]
by sarasayajp | 2011-01-16 12:41 | いろいろ |
2011年 01月 11日 |
b0006449_20401889.jpg


 昨日降った雪は、私の住んでいたあたりではこのくらい。
 昼にはやんでしまったようですが、気温が低いので、日陰では今日もまだ少し残っていました。

 今日も予報では晴れでしたが、雲の多い、ちらちらと舞う雪も見られる一日でした。

 この冬、あと何回こういう記事が見られるでしょうか。

 人気blogランキングへ
[PR]
2011年 01月 10日 |
 テヘランはこの冬、ほとんど雨雪が降らず、このままでは深刻な渇水になってしまうと心配されていたのですが、昨日は朝から雨でした。私の住んでいるあたりでも一時は雪になっていましたので、テヘランの北の方の地区では積もるくらいになっていたのではないでしょうか。

 先週で実質的に学期が終了し、今週は学生が自主的に試験前の休みを取っているため、これ幸いと、こちらもたまっていた仕事を片付け、試験問題を作成しと机にへばりつきながら大忙しの数日間でした。たまっていた仕事はどうやっても片付きそうにないのですが。

 この雨は雪に変わるとのことで、明日は交通機関などが混乱するのではないかと少々心配なのですが、でもやはり冬にはちゃんと雨雪が降ってくれないと困るので、しっかり降ってほしいところです。と、いざとなれば歩いても大学へ行ける距離に住んでいるので言えることなのですが。

 雨といえば、友人などから、「アジア大会でメダルを取った選手に対する顕彰の席で『彼らの金メダルを祝してイランには太陽が輝いている』というようなことを言ったんだって。まったくひどい発言だよね」「アーシューラーの時に、アルダビール(イラン北西部アゼルバイジャン地方)で説教師が、『イランは神に祝福されているため、ヨーロッパは寒波に襲われているがアルダビールは例年の大雪がなく太陽が照っている』というようなことを言ったんだけど、雪が降らなくて、あっちの人たちは心配しているだろうにね」というような話をいくつか聞きました。
 しばらく、ニュースもろくに見ない生活をしていたので、本当にそのような発言があったのかどうか確かめようと調べてみたのですがネット上では見あたらないようです。
 でも、あまり世間の空気を読んでいない閣下や宗教関係者なら言うかもな、と思わせてくれる発言です。

 イランでよく聞くフレーズに、「シャーと共にバラキャト(神からの恩恵)も去ってしまった」というのがあります。実際、1979年の革命の頃から雨期に十分な降水がない年が増えているとのことですので、いろいろな意味を込めてそのように言う気持ちは分からないでもありません。
 農村部での調査に出ることが多いので、個人的には晴れていてくれた方が助かるのですが、もちろん、降るときにはきちんと降る方がずっと良いわけですから、これから少しでも降水量が取り戻せるように願わずにいられません。

 さて、明日は雪のテヘランの写真が撮れるのでしょうか。

人気blogランキングへ
[PR]
2011年 01月 01日 |
b0006449_12152720.jpg


 
あけましておめでとうございます。


 
ここしばらく更新もままならない状況でしたが、今年はもう少し余裕のある生活を送りたいなあと思います。


 
それと、遭難しないように&ダイエットのため、もう少し身体を動かすように気をつけたいなあとも思っています。


 
私にとっても、また皆様にとっても、この一年が良い年でありますよう願っております。


 
ということで、イランでは平日なので、これから授業に行ってきます。

[PR]
by sarasayajp | 2011-01-01 12:30 | お知らせ |
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Yuzuki Skin by Sun&Moon