イランという国で
sarasaya.exblog.jp
  ブログトップ
<   2009年 10月 ( 18 )   > この月の画像一覧
|
|
2009年 10月 29日 |
 インフルエンザによる欠席が目立つようになったクラスや、学内に貼られた新型インフルエンザに対する注意のポスターに、イランでも新型インフルエンザが流行しているのだということを実感する今日この頃です。

 小学校などでは一クラス10人の欠席者が出た場合学級閉鎖にするという発表が行われたとか。しかしその一方でその指示書がまだ届いていないため、どんなに欠席者が出ても学級閉鎖にできないという学校もあるとか。一方で指示書が既に届いている国立の学校や私立の学校では既に学級閉鎖あるいは学校が休みになっているところも出ているようです。

 学校が休みになると逆に、普段以上に親戚の間での行き来が増えたりするのではないかと思ったのですが、実際に、小学校のPTA集会では、インフルエンザ患者のいる家庭では人を招いたり人の家に出かけたりしないようにして、インフルエンザの拡大を防ぐようにという注意があったとか。

 大学では学級閉鎖はないものの、欠席が多いと試験が受けられなくなるからとよれよれしながら出席する学生も見られます。授業中ぐったりとテーブルに突っ伏していたり、他の人にうつしたりするくらいなら休んでくれた方が良いんだけどなと思わないでもないのですが、根がまじめなのか無理にも出席してしまうようです。
 しかしそれは先生の側も似たようなもので、授業を休講にすると補講をしなくてはならないという大学の規則があるため、なるべく補講を避けようと、高熱があろうとなんだろうと、かなり無理をして授業をすることになってしまいます。補講をしようにも、第二外国語だとか一般教養だとかの授業があるために、学生が集まれる空き時間を見つけるのはほぼ不可能だからなのです。

 早く流行が終わってくれるようにと願うしかないのが辛いところです。

 そういえば、新型インフルエンザに関する啓発ポスターに、「インフルエンザにかかっている人から最低一メートルは離れましょう」とありましたが、なんだか少し違和感を感じてしまったのでした。

人気blogランキングへ
[PR]
2009年 10月 28日 |
 午後、ふと気がつくと、北の空が黒い雲に覆われています。
「ああ、これは雨になるね」とテヘランの人々はわくわくと北の空に注目です。
 窓の外に目をやっては「雨はまだ?」とそわそわ。

 ざっとお湿り程度ではありましたが降った後には、うっすらと白くなった山々と、すっきりひんやりした空気に、少しほっとしたのでした。

 ここしばらく、様々な事務仕事などで長時間市内をあちこち異動することが多かったため、テヘランの空気の悪さを実感していたということが大きいかもしれません。
 数時間外出して帰宅すると、しばらく横になって休憩しなくてはならないほどのひどい頭痛や気分の悪さに悩むということもあったほどでした。

 空気の浄化のために雨を望むのではなくて(もちろん雨が降ることは必要なのですが)、根本的な大気汚染対策が必要だよなあとテヘラン市内を移動するたびに思わずにいられません。延々と続く交通渋滞、暑いからと窓を開けながらも切ろうとしない暖房、新たな設備投資をしたくないからと賄賂で汚染物質を垂れ流しのままにする工場、どうにかしないと本当に人が住むのに適さない町になってしまうのでは?と心配になってしまいます。実際、冬になると子供や高齢者を中心に大気汚染が原因の死者が増加しているとのこと。

 そういえば、昔読んだ短編小説に大気汚染に対応して進化(?)した都市住民が、田舎に出かけて、大気汚染のない田舎と自分たちの住む場所の違いに衝撃を受ける話があったなあと、ふと思い出したのでした。誰の作品だったかは思い出せないのですが。でも、そこに描かれていた、長い鼻毛というのは嫌だけど、汚染物質や塵芥のための喉のフィルターというのは本当にほしいかも、と思ってしまう今日この頃なのでした。

人気blogランキングへ
[PR]
2009年 10月 26日 |
 ある村で調査をしていたときのことです。

 私がGPSで測定をしたり、周りの様子を確認したりしていると、同行していた知人が村の人となにやら話をしているのが見えました。情報収集をしているのだろうと思っていたら、村を離れてから「今の人の話はおもしろかった」と言います。
 何かと思ったら、「50万リヤールをもらって大統領閣下に投票をするように言われたので投票したが、その後なかなかお金を持ってきてくれない」と言われてしまったとのこと。
「50万リヤールで4年分の将来を売ったのかあ」と思わず言うと、「一ヶ月約1万リヤールでね」との返事。
 一万リヤールというと、一家族一ヶ月のパン代にもならないような金額です。

 お金を持ってきたのは「コミテ・エムダード(正式名称はコミテ・エムダード・エマーム・ホメイニー=イマーム・ホメイニー救援委員会)」と言われる弱者救済のための組織だそうです。都市部の貧困層だけではなく、現金収入の少ない農村部の生活・医療支援のために活動をしていて、もともと、生活支援のための現金給付もその活動の中に入っています。ですから、買収というほどではなく、通常の支援業務の一環だったのかもしれませんが、そこに投票依頼の言葉を織り込むというのはやはり選挙違反なのではないかと思ってしまいます。
 また、名前から分かる通り、最高指導者などの影響力の強い組織ですし、まあ、そういう依頼があっても不思議ではないよなあとも思います。

 選挙前には、全国民に一定額の現金を支給するとか、寮で暮らす学生には特別手当を配ると宣伝していましたが、結局は配られずじまいです。まあ、ある意味分かりやすいなあと思うのですが、それで配らなければ不満がたまるとは考えないのかという部分が不思議です。「予算がない」の一言で片付けているようですが。

b0006449_12153995.jpg

コミテ・エムダードの募金箱(自発的喜捨であるサダカをあつめるための箱)。一日の始まりに必ず小銭を入れる人。おつりの小銭が邪魔だからと入れる人。何かあったときに神の助けを求めて入れる人など利用者は様々。

人気blogランキングへ
[PR]
by sarasayajp | 2009-10-26 12:18 | いろいろ |
2009年 10月 25日 |
 用があってある役所へ。
 近づくにつれて警官の数が目立つように。
 もともとイランとも関わりの深い国々の大使館なども多い場所なので、先日のテロ関連で警備が厳しくなっているのだろうなあと思いながら目指す役所の前に来てびっくりです。
 それほど広くない道路の片側に警察車両や消防車まで止まっています。火事?と一瞬考えたのですが、どこにもそんな様子は見られません。
 何事かとびっくりしながら受付で来訪目的を告げると、「今日は会議があって一日職員はそちらにかかりきりになるから、明日以降来るように」とのこと。

 各地の支部などからもいろいろな人がやってきて大きな会議を開催しているため、テロ防止と万が一があったときに備えて警備を行っていた模様。宗教関連の仕事をしている役所なので、宗教がらみのテロに巻き込まれやすいかもしれないとも考えられたのかもしれません。

 これはテロ対策とは関係ないと思うのですが、最近、テヘラン市内の道路のあちこちが封鎖され、自動車の流れが非常に悪くなっています。渋滞対策という話もありますが、どう見ても渋滞を悪化させているだけです。都市整備をもう少し何とかしないと、都市機能そのものが麻痺してしまうのでは?と思わず心配してしまうのでした。緊急車両も渋滞で身動きがとれないというのは今でも当たり前のようになっているようですし。

人気blogランキングへ

b0006449_12511218.jpg

これも巣材にするのだ


人気blogランキングへ
[PR]
2009年 10月 24日 |
 夢の中で亡くなった家族が「私は家を建てた」と言うと、数日中に家族の誰かが亡くなるんだよ。母が「亡くなった父が夢に出てきて『家を建てた』って言った。誰かが死なないように何とかしなくちゃ」と電話をしてきて、ナズル(一種の願掛け)をしたりしたんだけど、その二三日後に、母の(母方の)叔父の息子が亡くなったんだよね。

 と、知人の一人が教えてくれました。建てた家で一緒に暮らす人を引っ張って行ってしまうということなのでしょうか。
 最初聞いたときは意味が分からず、「家を建てた?誰が?」と間抜けな聞き返しをしてしまったのでした。

 どうやらハマダーンあたりで言われている夢判断らしいのですが、ちょっと聞いてみると他にもいろいろあるようです。例えば、

 夢の中で亡くなった人が何かをあげようとしてももらってはいけない。受け取ってしまうと家族の誰かが亡くなってしまうから。

 というのもよく聞かれる夢判断だとか。

 亡くなった人の夢の話はよく聞きますが、そういえば、こういう占いめいた話はあまりしてこなかったように思います。

 占いはイスラームでは禁止じゃなかったっけ?と思ったそばから、占いは禁じられているけど夢判断は構わないんだったと思い出し、どこがどう違うのか悩んでしまったのでした。

人気blogランキングへ

b0006449_11293929.jpg

お久しぶり!ぼくはこれも巣材にするのだ


人気blogランキングへ
[PR]
by sarasayajp | 2009-10-24 11:31 | いろいろ |
2009年 10月 22日 |
 仕事でマシュハドに何日か滞在中。
 一年ほど前にも来ているのですが、その時はほんのかすめただけでしたので、何日も滞在するのは久しぶりです。

 久しぶりにマシュハドの町を歩いてびっくりしたのが、「ハラム(イマーム・レザー廟を中心としたコンプレックス)がまた拡張している」ということと、「安宿が減っている」ということでした。
 マシュハドを訪れる人が増えているということなのでしょうが、あちこちで大型のホテルを建設中だったり、ハラムを拡大するための工事が行われていたりで、イランで一番活気がある場所かも、とついつい思ってしまったほどでした。イランで一番の国際的観光都市ですし。ある意味、エスファハーンやシーラーズよりも外国人観光客が多いかもしれません。正確には観光客ではなくて「巡礼者」なのでしょうが。

b0006449_12154939.jpg

13年前、ハラム拡張のために取り壊され始めていた古いバーザール


 今回は中の下くらいのホテルに宿泊したのですが、それほど高級でもないこうしたホテルでも、新しいホテルであれば普通に無料で無線ランが使いたい放題というのはイランの他の都市では考えにくいです。エスファハーンやシーラーズではインターネットを部屋で使えるホテルを探すのが難しいことを考えると、感動的です。
 テヘランのホテルでは、中級レベルのホテルなのに、「一日1時間600円」などというふざけた料金設定をしているところもあるのに、です。

 そしてもう一つ驚いたのは、乗り合いタクシー専用メーターがある、ということでした。テヘランではいわゆるタクシーにはメーターがつき始めていますが、乗り合いタクシーにまではメーターはありません。乗客はだいたいの距離に応じてお金を払うか、運転手の言い値(たとえ途中で降りたとしてもその路線の終点までの料金を言われることがほとんど)を支払うしかありません。
 ところが、マシュハドでは四人分の金額表示が出るメーターが設置されていて、客が一人乗るたび、一人分が点灯して料金を刻んでいきます。技術的にはそれほど難しいものではないのでしょうが、それでもやはり驚かずにはいられませんでした。びっくりしているうちに写真を取り損ねたのが返す返す残念です。
 そういえば、普通のタクシーのメーターもいち早く設置されたのはマシュハドでしたから、新しい技術に対する何かがあるのかもしれません。

 アラビア語やトルコ語、ダリー語やウルドゥー語が飛び交う活気のある町に、少し元気な気分になったのでした。

 そういえば、マシュハドでお会いしたある日本の方が、「テヘランと違って平らなところがほっとしますね。テヘランはどこまで行っても坂だから」と仰っていました。マシュハドでのびのびとした気分になるのは、活気がある町の様子に加えて、そういうところも影響しているのかも?とちょっと思ったのでした。

 もう一つそういえば、ですが、ホテルで見た広告に、「マシュハド発の日本・中華料理店」というのがありました。写真を見る限りでは料理人はイラン人男性なのですが、どこで日本・中華料理を覚えてきたのか、腕前はいかほどなのか。時間があったら一度行ってみたかったのですが、今回は残念ながら予定がいっぱいで断念してしまいました。次回こそは、と思うのですが、次回マシュハドへ来たときにまだ営業をしているのかどうか、それだけが心配なのでした。

人気blogランキングへ
[PR]
2009年 10月 20日 |
 バルーチェスターンの「ピシン」で自爆テロ、とのこと。
 「ピシン?」としばし悩み、「ピーシーンのことね」と納得。パキスタンとの国境に近い小さな町です。バルーチェスターン州東部を南北に結ぶ街道と、東西に結ぶ街道の交差する場所にあり、南部バルーチェスターンでパキスタン側へ抜ける場合に必ず通る町の一つです。正確にはピーシーンの後にもパキスタン国境直前にもう一つ町があるのですが、こちらはピーシーンに比べるとずっと小さいので、イラン側最後の町と言ってもいい町です。

 街道の両脇に商店が並ぶだけの白茶けたほこりっぽい町でした。
 「危ないから出ない方が良いよ」と言われ、結局車を降りることはなかったのですが、人が多いのに活気があるようなないような不思議な感じは伝わってきたということを覚えています。
 「ここをまっすぐ行けばもうすぐパキスタンだよ」と指さされた先は延々と白っぽい荒野が広がり、遠くに何も生えていない山の連なりが見えるだけでした。

 しかし荒れ地や禿げ山を越えてイラン側とパキスタン側にはバルーチ族が住み、独自の伝統や価値観を持ち、イランの多数派であるシーア派とは異なるスンニー派を信仰しています。イラン中央からみて辺境にあり、地下資源にも水資源にも乏しく、宗教的に相容れないという条件がいくつも重なり、バルーチの人々の不満は募るばかりです。政府は自分たちを見捨てている、から、政府は自分たちを差別している、へ。そしてイラン政府は敵である、と。もっとも、バルーチェスターンに限らず、どんなところへ行っても政府への不満の聞かれない場所はないのですが。

 イラン政府はアメリカが裏にいる、などと責任転嫁に躍起ですがそれはどうかと思います。もしかしたらそういう部分もあるのかもしれませんが、原因は自分たち自身にもあるということを自覚する必要もあるのではないかと思います。政府による恩恵を感じることができず、宗教による差別を行われ、意見は力により押さえつけられ、では反発しか感じなくても不思議ではありません。自分たちを押さえるつける警察・軍事力である革命防衛隊が標的になるのも不思議ではありません。
 国内政治がうまくいかないと反外国勢力に国民の目を向けようとするというのは様々な国で見られます。先日の大統領選挙の後の争乱の最中にイラン政府が「イギリスがバックにいる」をはじめとする様々な言い方で、外国をののしっていましたが、その後、中国でウイグル人と漢族の衝突が起こった際の中国政府の外国への責任転嫁の言説が、イランと全く同じで笑ってしまったのでした。

 現在、死者は40名を超えているようですが、シーア派の革命防衛隊だけではなく、防衛隊と会合を持っていた自分たちと同族であるバルーチ族の代表たちをも敵として巻き込むというやり方は、「自分の意見と違うものは許さない」という硬直した意志が感じられ、非常に嫌な感じです。
 イスラームを非難する人も多いですが、キリスト教であれ他の宗教であれ、あるいは自由主義であれ共産主義であれ、どれも一緒ではないかと思います。
 私に対して「ネトウヨ」「イスラーム至上主義者」「イラン体制派」という決めつけをしてくる人が時々いるのですが、こうした人たちに共通するのは、「自分の宗教や政治思想、その他の思想が絶対的に正しい」という頑迷な意識であって、そこに他を理解しようとする寛容性は見られません。決めつけ、思い込み、そういったもので他を勝手に規定して攻撃してくる。こうした人たちが自爆テロを行うテロリストとどう違うのか悩むところです。

 力による主張は力による抑圧を受けるというのはこれも古今東西の原理であって、これから警察国家イランはテロ防止に力をこれまで以上に注ぐに違いありません。そうなるとすべての部族がテロを支持しているわけでもないバルーチェスターン全体が、警察の圧力によって政府に対する不満を募らせるでしょう。負の連鎖というのは難しいものだと思わずにいられません。

b0006449_11445855.jpg

ザーヘダーンの貧困地区で遊んでいた子供たち。


人気blogランキングへ
[PR]
by sarasayajp | 2009-10-20 11:49 | いろいろ |
2009年 10月 19日 |
 この何日か、仕事などでマシュハドに出かけていました。
 テヘランに帰る飛行機の中で隣の人が読んでいる新聞が目に入りました。そこには「テヘランは昨夜眠らなかった(تهران ديشب نخوابيد)」とあります。
 何だろうと、新聞を盗み見るとその下には地震波の記録写真が載っています。ということは、昨日、テヘランで地震があったということ?とびっくりです。マシュハド滞在中はほとんどニュースを見ていなかったのです。

 テヘランに戻ってから調べてみると、詳細は次のようなものとのこと(テヘラン大学地震観測センター)
 2009年10月18日 11:55:23(UTC)=15:25:23(現地時間)
 震度?:1.8
 震源:北緯35度64分 東経51度55分(テヘラン南部シャフレ・レイ付近)
 震源の深さ:2キロメートル

 イラン国営のIRNA通信によると
 マグニチュード:4
 震源の深さ:12キロメートル

 イラン国営放送IRIBによると
 地震の発生時間:14:23:56

 と、なんだかまちまちなのですが、とにかくそれほど大きくない地震がテヘラン近郊を震源に起こったことは確かなようです。建物や住民への被害は報告されていないとのことですので、とりあえず一安心です。

 このくらいの地震で夜眠れないというのは、やっぱり地震慣れしていないよなあと思いつつ、それほど大きくない地震でも大変な被害を出しそうな建物に住み暮らしていることを考えれば、仕方がないかもしれないとも思います。
 150年周期で大地震に見舞われているテヘランですから、前回の地震から170年近く経つ現在、いつ大地震に襲われても不思議ではないわけです。頼むから、建物の中にいるときに起こらないでくれと祈るしかないようです。

人気blogランキングへ
[PR]
2009年 10月 15日 |
 調査のために相変わらず地方を走り回る週末です。

 昨日も山や丘を登ったり降りたりしてほこりまみれになりながら調査をし、最後に訪れたのが、イランでは有名な殉教者チャムラーンの出身地(正確には父親の生地)チャムラーン村でした。
 外国人である私にとっては「チャムラーン」というと、私のアパートの近所を通っている高速道路(常に渋滞しているので「高速」ではないですが)の名前、という印象しかないのですが、イランの人たちにとってはそれが肯定的なものであれ否定的なものであれ、一種独特な印象があるようです。私に同行していた知人も、「チャムラーンですか」と、なんだか感慨深そうにしていたのが印象的でした。

 アメリカに留学していながらイスラーム革命運動の指導者として中東北アフリカ各地を転戦し、イランでは革命防衛隊の指揮官として、防衛大臣としてイラクとの戦闘に従事し、戦死するという彼の生涯は、イスラーム政府の讃える革命戦士としての模範そのものでしょう。そのため、チャムラーンという名は道路だけではなく、学校など様々なところで使われています。
b0006449_2027451.jpg


 チャムラーン村は、人口441人というごく小さな村で、革命の闘志との関連を思い起こさせるような彼を讃えるスローガンも銅像もなく、自宅の修理をするおじさんたちの姿だけが見える静かなところでした。
 どうして人口が441人と分かるのかというと、村の入り口に大きな看板が建てられていてそこに書かれていたからです。
 チャムラーン村のあるマルキャズィー州というのはこういうことに熱心なのか、すべての村とは言いませんが、一部の村にこうした看板を立て、村の戸数と人口が一目で分かるようになっているのです。この数値が定期的に更新されているのかどうかは分かりませんが、テヘラン州内でも見ないこの看板、ついつい写真に撮ってしまうのでした。
b0006449_20281946.jpg

上から、内務省、マルキャズィー州庁、サーヴェ郡事務局、ノウベラーン部事務局

チャムラーン村(地図の表記ではチャムラム村なのですが)

戸数:124、人口441名


人気blogランキングへ
[PR]
2009年 10月 14日 |
 この数日、テレビやラジオ、新聞などでは必ずと言って良いほど、オバマ大統領のノーベル平和賞受賞に対する非難が何らかの形で行われています。閣下が受賞できなかったのが悔しかったようです。国連総会での演説でも注目してもらえなかったようですし。

 それはともかくとして、こちらで時々聞かれるのが、「オバマ大統領が平和賞を受賞して喜んでいるのは閣下かもしれない」というジョークです。「平和賞をもらっておいてイランに軍事攻撃をするわけにはいかないでしょ」というのがその理由だそうですが、オバマ大統領はアフガニスタンに対しての増派を打ちだしていたように思うのでどうなのかな、とも思うのですが。

 アフガニスタンといえば、先日行われた大統領選挙で大規模な不正が明らかになったとか。その不正の方法を聞くと、何となくイランの大統領選挙での不正方法を彷彿とさせます。「国際的な選挙監視団が監視を行うべきだ」とムーサヴィー氏が主張していましたが、もし本当に監視が行われていたらどうなっていたでしょうか。気になるところです。

b0006449_1205642.jpg

 青果店の店頭にザクロが並ぶ季節に。写真はザクロで有名な町、サーヴェのあちこちの街道脇などで見られるザクロの露天商のもの。
 気がついたら今日は誕生日。もうザクロの季節か、と驚くように、一年一年の過ぎ去るのが随分と早くなったような気がするのは年齢のせいなのか、あれこれと忙しくて時間が足りないのか。

人気blogランキングへ
[PR]
by sarasayajp | 2009-10-14 12:07 | いろいろ |
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Yuzuki Skin by Sun&Moon