イランという国で
sarasaya.exblog.jp
  ブログトップ
カテゴリ:テヘランにて( 129 )
|
|
2009年 08月 29日 |
 ビザの話で思い出したのですが、この一年、ビザに関してはトラブル続きでした。トラブルと言っても深刻なものではなかったのですが。

 例えば

 昨年の夏休みも一時帰国をしていたのですが、その最中に滞在ビザが切れました。リエントリービザの期限(出国日から三ヶ月)までにイランに戻り、24時間以内にビザの延長手続きをするように、とのことでしたので、夏休み前にレター類は揃えておき、帰国の翌日、朝一番でビザの延長申請に行きました。
 ビザの延長のために料金を支払わなくてはならないのですが、これが予告無しに変更されることがあるので、オフィス内でお知らせがないかどうか確認したかったのですが見つかりません。そこで、窓口のおじさんに尋ねたところ、「10トマーン(100万リヤール=約1万円)、学生はそこから80パーセント引き」とのこと。
 思わず耳を疑ってしまいました。
 その半年前は1万2千トマーン(12万リヤール=1200円強)でしたから、いきなり8倍以上の値上げです。
 多少多めに持ってきていたとはいえ、そこまでとは思ってもいませんでした。自宅まで戻ってお金を用意して、銀行に振り込みに行っていたら、書類の提出期限に間に合いません。
 不法滞在をするわけにはいかないと、窓口のおじさんに頼み込み、何とか書類を受け取ってもらうことができました。「受け取りはしたけど不備があることに後で気づいた」ということにしてくれたようです。こういう不思議な融通の効き方はイランで助かるところです。

 翌日と翌々日は仕事があってオフィスへ行くことができず、三日後にようやく銀行の振り込みレシートを持って行くことができました。
 オフィスの前でタクシーを降りると、なんだか変です。いつも人でいっぱいになっている入り口の門が閉まっているのです。今日は休日ではないはずだけどなあ、臨時の休日だっけ?と考えながら中をのぞき込むと、警備の兵士が見えます。休みなのかと聞くと、「引っ越した」とのこと。そんな話は聞いていません。オフィス内に告知も出ていなかったはずです。
 引っ越したなら引っ越したで、入り口に新しいオフィスのアドレスくらい出しておいてくれても良さそうなものですが、そうしたものもありません。兵士に聞いてみても、「よく分からないんだけど、ポリス通りのどこかにあるよ」と、なんとも心細い返事です。
 ポリス通りならキャランタリー(警察署のような場所)もあるし、そこで聞けば分かるだろうと、タクシーを拾ってポリス通りへ。
 ところが、キャランタリーの受付も通り沿いの商店も、誰も引っ越してきたオフィスのありかを知りません。
 そうこうするうちに、他の仕事の時間が迫ってきたため、新しいオフィスの捜索は翌日に持ち越しです。

 翌日、もう一度、前のオフィスへ行ってみることに。
 そこにいた兵士にオフィスの引っ越し先を聞くと、ポリス通りからソルーシュ通りに入ったところにあるということが判明。意気込んでソルーシュ通りに行ってみたものの、警察学校や軍関係の施設ばかりでビザオフィスは見つかりません。それほど長くもないソルーシュ通りをうろうろしていたら、警察関連施設の看板を掲げた門の前に立っていた兵士が、「ビザか?」と声をかけてきました。その通りと応えると、ここがそうだよ、とのこと。

 タイミングが悪かったといえばそれまでなのですが、右往左往させられてしまったのでした。

 しかし、ビザオフィスの方でも思うところがあったのか、ビザの種類に応じた申請・更新に必要な書類、金額、振り込みの口座番号などが書かれたパンフレットを用意するようになりました。これは非常に助かります。こうしたことができるなら、
ちゃんと引っ越しの案内もして欲しかったなあと思いつつ、やはりビザの手続きで必要になるであろう人の分までパンフレットをもらって帰ってきたのでした。

人気blogランキングへ

 おまけ

b0006449_857040.jpg

この春生まれの雛たちは好奇心いっぱい。頼むから、PCの上で遊ぶのはやめてちょうだい。


人気blogランキングへ
[PR]
2009年 07月 01日 |
 護憲評議会がようやく、大統領選挙が有効であったことを認証したとのこと。
 どんなに回答を引き延ばしたところで、これ以外の回答があるとは思えなかったので、まあ、こんなところだろうなあというのが正直なところです。引き延ばしている間に、徹底的に改革派の運動を弾圧して、なし崩し的に体制の維持を図ろうということだろうなあというのは、誰の目にも明らかでしたから。

 開票後、毎晩のように小路に響いていた声もだいぶ少なくなりました。犯罪者として投獄するという脅しと、バスィージが巡回し、声を上げている人の家をチェックをしているということから、たとえ本人が運動を続けることを願っても、家族が止めさせているということも耳にします。
 実際、私が住んでいるあたりでは目にしませんでしたが、知人の話によると、この一週間ほど、バスィージが声を上げている人の部屋をチェックし、建物に印をつけて歩いていたそうです。
「誰の家か分からないように、周辺の建物全部に同じ印をつけなきゃね」「しるしをつけられないように、壁にホメイニー師のポスターでも貼っておかないと」などと冗談を言いながらも、日一日と圧力が強まっていることは誰もが感じています。
 何より嫌なのは、これ幸いと、近所の人が密告をすることだとか。体制に忠誠を誓っている人だけではなく、保身のためや個人的なさや当てに利用する人もいるというのが嫌だと。

 私がイランに来た当時も、似たようなことがありました。家でパーティーを開いていると近所の人に密告され、警察が踏み込んでくるのです。家で行うパーティーも「集会」なので、本来なら届け出なくてはいけないのだとか。踏み込んできた警官に少しお金を渡して見逃してもらうのですが、楽しい集まりがぶちこわしです。

 「コミテ」と呼ばれる一種の風紀監視委員会が町を巡回し、前髪をスカーフからはみださせてしまっていた女性や、デート中のカップルを逮捕して回っていた時代をなんとなく思い出してしまうのでした。
 ポピュリストとも言われる閣下ですので、そこまで時代に逆行するようなことはしないと思いたいところですが。

人気blogランキングへ
[PR]
2008年 05月 07日 |
 ふと気がつくと、この土曜日から乗り合いタクシーが値上げされていました。テヘラン市内全体で値上げがあったのかどうかはまだ分かりませんが、少なくとも我が家の近所では25〜50トマーンの値上げがあったようです。

 普通、ノウルーズ休みが明けると値上げがあるのですが、今年は一ヶ月遅れての値上げでした。油断していたところにやられてしまったという感じで、ちょっとびっくりです。

 ガソリンの値上げがあったわけでも何でもないのに、物価の上昇にあわせて自動的に値上げが行われるイランのタクシー業界というのがどんなものなのかちょっと悩むところなのですが、この物価高では仕方がないかともついつい思ってしまうのでした。

 ただ、乗り合いタクシーに関しては、ちょっと不満はあります。

 昨年の夏休み明けころから乗り合いタクシーの数がずいぶんと増えました。認可乗り合いタクシーを増やすことでテヘラン市民の足を確保するとか、ガソリンの値上げに伴うタクシーの値上げを防ぐとか色々な理由はあったらしいのですが、交通渋滞をひどくしただけで全く意味がないように見えます。

 乗り合いタクシーの会社に登録すると、一般車に比べると優先的にガソリンスタンドで給油ができ、また配給量も多いのだとか。
 そのため、乗り合いタクシーとして登録だけして客を乗せようとしない人も多いのだそうです。貸し切りとして一日に三四人の客を乗せて終わり、という人も見られるとか。その代わり貸し切り料としてかなり高くふっかけてきます。
 と、友人・知人たちから聞いているのですが、実際、乗り合いタクシーを拾おうとしても、なかなか拾えないことも多いのでその状況はなんだか分かります。どうして客を乗せていないのに客を拾おうとしないのだろう?と不思議に思うくらいに空の乗り合いタクシーがたくさん走っているからです。

 乗り合いタクシーの値上げがあるとしばらくは、乗客と運転手の間でのけんかが多く起こるようになるのですが、今年はどうなるでしょうか。25トマーンくらいでそんなけんかまでしなくても、という光景を目にすることもあります。
 でも実際、このインフレで、乗り合いではないタクシーに乗ったときなど、500トマーンや千トマーンくらいなら誤差のうちかも、という気分になり始めているところがちょっと怖いところです。

人気blogランキングへ
[PR]
2008年 01月 17日 |
 寒波と大雪でどうなることかと思っていましたが、雪は一段落したようです。まだ寒さは続いているのですが日差しは戻ってきました。
 このままでは延期になってしまうのでは?と心配していた大学の期末試験も、この土曜日から無事に始まっています。

 この寒波により、イランの各地で問題が起こっていたようですが、私自身がそうした問題の一部に巻き込まれていたため、ニュースを見たり聞いたりする余裕もありませんでした。困ったものです。

 私が巻き込まれた雪&寒波の影響はまず、

 1.アテンドの予定が完全に狂ってしまった。
 まず、空港が使えなくなってしまったため、日本から到着する便が軒並みキャンセルあるいは遅延という事態に。それを受けて、国内便の予定変更やキャンセル、ホテルの予約の変更などなどを大急ぎで行うことに。
 また、イランだけではなく、中東各地で似たような状況だったらしく、ドバイ空港がとにかく飛行機を飛ばすことが精一杯だったのか、ロストバッゲージや積み残しなどが出て、これでまたあれこれ大変なことに。
 役所や学校が休みになったり、いつドバイから飛行機が飛ぶか分からなかったりで、スケジュールの変更もままならないというのもありました。

 2.タクシーが来てくれない。
 雪で私の家の前の道路が埋まりまた凍結していたため、家の前までタクシーが来てくれなくなってしまい、タクシー会社まで出向く羽目に。また、運転手が家から出たがらないためにタクシーの数自体が不足してしまい、タクシー会社自身も苦情が殺到して大変だったようです。

 3.ゴミの収集&お掃除おじさんが来ない。
 上で書いたとおり、私の家の前の小路が車が入りにくい状況だったということがあるのか、ゴミの収集車があまり来なかったようです。ゴミを家の前に出しても翌朝まで残っていることが何回かありました。
 ゴミ袋を出しっぱなしにしていると、猫やカラス、資源ゴミを探す人間がゴミをあさったりするので、ゴミが散らかされて大変なことになるのです。そして普段ならそれを朝早くから掃除のおじさんたちがきれいにしてくれるのですが、一番雪や寒さがひどかった時期はそれも来なくて、何日もゴミが散らかったままになってしまっていました。

 この二週間ほど、外出続きでテレビやラジオと縁のない生活を送っていたのですが、それでもイラン国内、特にイラン北部が大変だということは耳に入っています。特に、テヘランでガスの大量消費をしているため、イラン北部、カスピ海岸やアゼルバイジャン地方などでガスが不足し、様々な影響を及ぼしているそうです。なんとか、テヘランのガス消費を抑えて、そちらへガスを送ろうとしているようなのですが、便利な生活に慣れたテヘランの人たちがノースリーブで過ごせる室温を手放そうとしないためになかなかうまくいかないようです。
 カスピ海岸の方では、パンを焼くためのガスがないため、パンの値段が通常の20倍に跳ね上がり大変なことになっているとか。

 イランは世界で二番目のガス埋蔵量を持つと聞いているのですが、国内で使っている分はトルクメニスタンからも輸入しているのだとか。なんだか不思議な話です。もっとも、産油国なのにガソリンも外国から買っているのですが。

 ニュースを見ていないので、ガスが止まっている地方の人たちがどのように過ごしているのかはよく分からないのですが、かなり大変だろうなあと思います。

 正確な数は分かりませんが、死傷者も多く出ているようです。

 大変な人がいる一方で、この雪を利用して儲けた人もいます。

 私がよく使っているタクシー会社の社長は、自動車部品などの店も持っているのだそうですが、この雪と凍結でチェーンが異常に売れたそうなのですが、一方で、タクシーをうまく回すことができない状態が長く続き大変だったとか。

 昨日の昼に乗っていたタクシーの中で聞いたラジオニュースによると、サウジアラビアでこどもが寒さのために凍死したということです。イランを覆っていた寒波がサウジアラビアにまで達していたとは知らなかったので、非常に驚いてしまったのでした。

 そういえば、寒波のもたらした影響がもう一つありました。

 イランは(シーア派地域ではの方が正確でしょうか)アーシュラーの10日間が始まっています。
 いつもなら、ダステと呼ばれる行列が鎖で体を打ったり、胸をたたいたりしながら通りを練り歩くのですが、今年は今ひとつ盛り上がりに欠けているような感じがします。寒波のせいだけではないかもしれませんし、私の気のせいかもしれないのですが、何となくそんな感じがすると気がついたこの二三日なのでした。

人気blogランキングへ 
[PR]
2008年 01月 13日 |
 昨日は日射しもあって、久しぶりに気温が上がったような気がする一日でした。

 それにしても、バグダードで100年ぶりくらいに雪が降ったというニュースにはびっくりです。いかに強烈な寒波がこの地域を覆っていたのかを実感してしまったのでした。

b0006449_1183551.jpg

 この寒波で滑走路が凍結し、空の便は正月からずっと混乱しています。
 1月中は日本から来られる方のアテンドの仕事がいくつかあり、これまでスケジュールの変更やら何やらでばたばたしていました。
 昨日も日が落ちてからはまた随分と冷えてはいたのですが、そろそろ寒波にも立ち去って欲しいなあと、寒波到来から二週間目を超えて、しみじみと思わずにはいられないのでした。

人気blogランキングへ
[PR]
2008年 01月 09日 |
 テヘランは月曜火曜と、小学校から高校までの学校と、国の機関などが全て休みになりました。今日は小学校から大学までだけが休みですが、明日は木曜日ですから学校はきっと休みになるはずですし、国の機関等も休みです。

 実際、昨日、火曜日は最高気温がマイナス7℃だったそうで、大晦日から長々と居座る寒波に、「こんなに寒いのは生まれて初めてだ」というイラン人も多いようです。確かに、私がイランに来て以来12年、これほど寒さが続いたことは記憶にありませんから、みんなの言うことはそれほど誇張されたことではないのではないかと思います。
 今日は比較的寒さも和らいでいますが、金曜日にはまた雪が降るとの予報だとか。あまり当たらない天気予報ですが、今回は当たってしまうかもしれません。

 それにしても、雪が降ったからといって、学校はともかく国の機関までが休みになるか?と不思議だったのですが、理由を聞いて納得というかびっくりというか。
 「暖房に必要なガスを節約するために休む」
 のだそうです。
 確かに、寒さが厳しくなるととにかく暖房の温度を上げる人たちですから、少なくとも国の機関だけでも休みにして暖房に必要なガスを節約しようというのでしょう。
 実際、ガスの消費がこの寒波の到来で跳ね上がり、テヘラン市の一部ではガスの圧力が下がったり、断ガス状態になってしまったりする地域も出ていると聞いています。そうした中でガスの節約をしなければ、という気持ちは分からないでもないのですが、結局は無意味な行為じゃないのかな?という感じもします。ニュースなどでは「今日一日で○○立方メートルのガスが節約できた(数値は聞き逃してしまいました)」と成果を誇っていますが、ちょっと疑ってしまいます。
 国の機関や学校でガスを節約しても、その人たちが家で「ガスが切れる前に家を暖めなくては」「家の中が寒くなるなんて耐えられない」とボイラーの設定温度を上げ、あるいは更にガスストーブを買ってそれをつけているという様子を聞くと、何だかなあと思ってしまいます。

 中学生や高校生は、ちょうど試験期間だったこともあって、「試験が延びた」と喜んでいるとかいないとか。
 大学も来週から試験が始まる予定です。大学は雪が降っても滅多に休校にはならないのですが、さてどうなることでしょうか。

b0006449_2156522.jpg

 先日の「猫禁止?」の看板の雪が落ちて中身が見えました。
 「動物の侵入禁止」だそうです。ということは、看板の絵は犬だったようなのですが、私にはどう見ても猫に見えてしまいます。一緒にいた知人も「猫だ」と言っていましたから、そう見える人も多いのではないでしょうか。もし本当に猫の絵だったとしたら、飼い猫はほとんどいないイランで「公園に動物を入れないで」という看板に猫を使うのか?と、ちょっと不思議な感じになるなあと思ってしまったのでした。

人気blogランキングへ
[PR]
2008年 01月 07日 |
 一昨日からの大雪も昨夜には降り止み、今日は朝からぴかぴかに晴れ上がっています。

 しかし、気温は低いため、降った雪が凍り付き、ある意味で昨日以上に大変なことになっています。
 通学もままならないということで、今日は学校などは休みになり、子供たちが朝から外で遊んでいます。
 大人の方はといえば、何とかして職場にたどり着くべく努力したり、家の前の雪や氷を取りのけたり、雪下ろしをしたりと雪の後始末です。

b0006449_18401551.jpg

 こちらでは、雪が降ると、普段は日雇いをしている人たちなどが除雪用スコップを持って、二三人のグループになって「バルフィー~、バルフィー~」と言いながら小路を練り歩きます。家の前の雪をどけたり、屋根の雪を下ろしたりする雪かき作業をするアルバイトです。

b0006449_18433784.jpg

 こちらの雪はさらさらして軽いので、こういう板のような平たいスコップで十分に役に立つのです。
 このくらいの雪で雪下ろし?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、テヘランの現在の建築は、屋根に傾斜を付けず、雨がしみこまないようにアスファルトやイーゾガーム(日本語で何と言うのか分かりませんが銀色の防水用のシートのようなものです)を張ってあるだけです。これが毎年きちんと張り直していればいいのですが、夏の強烈な日光にさらされ、冬の雨や雪、氷にさらされているうちに劣化してしまい、雨漏りがするようになってしまいます。そのため、屋根の上に雪は乗せておかない方が屋根の持ちが良くなるので、雪下ろしをする必要があるのだとか。

b0006449_1852638.jpg

 今日は一つ仕事があったため、外出したのですが、小路は凍り付いていて非常に危険でした。大通りに出るまでに何度か転びそうになってしまいました。
 それでも子供たちは大喜びで雪だるま造りや雪合戦です。
 こんなかわいらしい雪だるまを発見。これを作った女の子はカメラを向けたら恥ずかしがって逃げてしまいましたが、自慢の作品だったようで雪だるまの写真撮影にはO.K.をくれました。

b0006449_185557.jpg

 目的地まではバスを使ったのですが、バスの窓枠にも氷柱が下がっていて、昨夜が非常に寒かったことを見せてくれていました。

 さすがに今日は、大通りは市役所があちこちに配っておいてあるスリップ防止用の砂利がまかれていて、交通にそれほど支障はなかったようですが、歩道は凍り付いていたり、舗装用煉瓦が雪で滑ったりでかなり怖い思いをすることになってしまいました。もちろん、店を開けていたところでは、自分の店の前の雪や氷を始末すべくみなさん頑張っていたのですが。

 さて、この冬は、こんな風に何回雪が降るのでしょうか。できるだけ多い方が来年のためにも良いのですが。

人気blogランキングへ
[PR]
2008年 01月 06日 |
 テヘランは昨日からの雪が降り止みません。
 おかげで、朝から交通機関がほとんど動かず大変でした。
 バスは何とか動いていたようなのですが、タクシー、乗り合いタクシーなどはほとんど動いていませんでした。
 以前にも書いたように、私の住むアパートはちょっと急な坂の上にあるので、雪が降るとちょっと大変です。
 今朝も、大雪になっているのを見て、「これは大学へ行くのは難しい」と半ば諦めモード。しかし、「今日は学生と約束があるしなあ」「真面目な子が多いから、この天気でも来るだろうなあ」「でも、普段の授業ならサボるだろうなあ」と思い悩み。結局、歩いて約束の時間にたどり着けるぎりぎりの時間になって大学へ行くことを決意。

 大通りまで出てみると案の定、いつもならいくらでもやってくる乗り合いタクシーどころか、乗用車もほとんど姿を見ません。みんな、諦めて歩いて坂の下まで歩いています。私も一緒に坂の下までひたすら歩きます。途中で坂を上れなくなった自動車などが渋滞を起こしているのを横目に歩き、結局は坂のしたどころか地区の外まで歩き、大学の近くまで歩き、ようやく大学前を通る乗り合いタクシーに乗ることができました。

b0006449_2143677.jpg

 大学の前で下り、お金を払おうとしたら「いらないよ」と運転手。大学からの帰りもそうでしたが、乗り合いタクシーやバスが少なくなっているために、行き先が同じ人が親切心から乗せてくれているのです。ついでのことだからお金はいらないというのです。

 大学に着いてみると、家が遠い学生の方がちゃんと来ています。「二時間かかりました」「普段の倍以上の時間がかかりました」と言いながらも、ほぼ約束の時間に来ているのだから驚きです。大学の目の前にある寮に住んでいる学生の方が、遅刻をしたり来なかったりというのが何とも言えません。

 大学から帰る頃になると、交通事情は大分良くなってはいましたが、それでもやはりまだ車の数は少なくて、善意のドライバーのおかげで家にたどり着けたのでした。

b0006449_2116713.jpg

 私のアパートのある小路は大学から戻ってみるとすっかり雪に埋もれていました。
 子供たちは大喜びで飛び回っていましたが、大人はしかめっ面です。
 それほど北にある地区でもないこのあたりでもこのくらい降っているのですから、標高の高いテヘラン北部の地区は一体どうなっているのやらと、あまり関係はないのですが心配になってしまったのでした。

b0006449_21214935.jpg

 おまけ。
 猫禁止?

人気blogランキングへ
[PR]
2008年 01月 03日 |
b0006449_1684094.jpg


 夕闇が迫る中で子供たちが雪遊び。

 昨日一日降り続いた雪も今朝は一休みです。テヘランの北の地区などでは降っているのかもしれませんが、我が家周辺は降り止みました。

 坂の上に住んでいるので、雪が降ると「凍結したら坂が上れなくて困るなあ」とか「いや、下りだって怖いぞ」とか、そんなことばかり考えてしまうのですが、子供たちにはそんなことは関係ありません。
 厚着をして外に飛び出し、雪を集めて雪だるま造りに懸命です。

 私といえば、寒さや雪の中、無理をして仕事や買い物に出たのが悪かったのか、すっかり風邪をひいてしまい、この週末は家の中で過ごさざるを得ないようです。

 この冬は何度こんな風に雪が降るのでしょうか。暖冬続きで昔に比べると雪が降らなくなっているそうですが、降って欲しいものです。
 雪国出身なので、冬に雪がないと、面倒だな~などとは思っていても、やはり冬らしくないと感じてしまうのでした。

人気blogランキングへ
[PR]
2008年 01月 02日 |
b0006449_19283952.jpg


 テヘランは昨夜から雪が降っています。
 雪道の運転に慣れていない人が多く、なおかつつるつるのタイヤを履いている自動車も多いテヘランでは、朝から渋滞をしているようです。
 子供たちは大喜びで外に出て雪遊びをしていますが、この分だと、明日は休校になりそうです。

 
b0006449_19304744.jpg

 さて、明日はどこまで積もるのでしょうか。この様子だと、出かけるのをキャンセルして正解だったかもしれません。

 人気blogランキングへ
[PR]
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Yuzuki Skin by Sun&Moon