イランという国で
sarasaya.exblog.jp
  ブログトップ
憲法
2008年 04月 20日 |
 大学で担当している授業の中に「日本一般」というものがあります。
 まあ、日本についての概説を学ぼうというものなのですが、今日はちょっと困ってしまいました。

 日本の憲法についての説明の中で、「戦争の放棄」について説明していると、学生から、「日本は軍隊を持っています」「防衛のための軍隊といいますがイラクにいます」「イラクでは武器を持って活動しています」との突っ込みが。
 参ったなあと思いつつも、「そうだよねえ」としか言えません。

 私個人の思想信条は置いておいて思うのは、日本国内でどんなに理屈を使って憲法問題をごまかしても、海外から見ればそんないいわけは全く通じず、そこにある現実だけが事実だということです。日本の宣伝下手というのもあるでしょうが。
 もし自衛隊を海外に派遣することが必要ならそれに必要な憲法の改正を行うべきでしょうし、改憲を行いたくないなら中途半端に自衛隊の海外派遣を行うべきではないのだろうと思わずにいられません。
 まあ、イランから見たらアメリカにくっついて活動している日本をはじめとする諸外国を、うさんくさく見てしまうという事情もあるのでしょうが。

 関係ありませんが、大統領閣下が「原油価格はまだまだ安すぎる」という意味の発言をしたそうです。すばらしいです。
 先日の日本の報道によると、閣下は、ハータミー前大統領の任期8年間に使った予算と同額の予算をこの2年間で使い切ってしまったとか。それも、人気取りのためにあちこちに現金をばらまいただけで、本当に必要なところには使っていません。
 ばらまくお金が足りなくなって、手っ取り早く原油価格のつり上げをねらっているんだろうなあというのがありありと分かるだけに、なんだかなあとあきれずにいられません。
 インフレ率20パーセントといいますが、実際にはもっとインフレは進んでいるような感じもします。ノウルーズがあけてからの野菜の値上がりにはちょっと怖いものがあったりするのです。

人気blogランキングへ
[PR]
by sarasayajp | 2008-04-20 17:33 | いろいろ |
<< 春 ページトップ 卵 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Yuzuki Skin by Sun&Moon