イランという国で
sarasaya.exblog.jp
  ブログトップ
休日
2008年 01月 07日 |
 一昨日からの大雪も昨夜には降り止み、今日は朝からぴかぴかに晴れ上がっています。

 しかし、気温は低いため、降った雪が凍り付き、ある意味で昨日以上に大変なことになっています。
 通学もままならないということで、今日は学校などは休みになり、子供たちが朝から外で遊んでいます。
 大人の方はといえば、何とかして職場にたどり着くべく努力したり、家の前の雪や氷を取りのけたり、雪下ろしをしたりと雪の後始末です。

b0006449_18401551.jpg

 こちらでは、雪が降ると、普段は日雇いをしている人たちなどが除雪用スコップを持って、二三人のグループになって「バルフィー~、バルフィー~」と言いながら小路を練り歩きます。家の前の雪をどけたり、屋根の雪を下ろしたりする雪かき作業をするアルバイトです。

b0006449_18433784.jpg

 こちらの雪はさらさらして軽いので、こういう板のような平たいスコップで十分に役に立つのです。
 このくらいの雪で雪下ろし?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、テヘランの現在の建築は、屋根に傾斜を付けず、雨がしみこまないようにアスファルトやイーゾガーム(日本語で何と言うのか分かりませんが銀色の防水用のシートのようなものです)を張ってあるだけです。これが毎年きちんと張り直していればいいのですが、夏の強烈な日光にさらされ、冬の雨や雪、氷にさらされているうちに劣化してしまい、雨漏りがするようになってしまいます。そのため、屋根の上に雪は乗せておかない方が屋根の持ちが良くなるので、雪下ろしをする必要があるのだとか。

b0006449_1852638.jpg

 今日は一つ仕事があったため、外出したのですが、小路は凍り付いていて非常に危険でした。大通りに出るまでに何度か転びそうになってしまいました。
 それでも子供たちは大喜びで雪だるま造りや雪合戦です。
 こんなかわいらしい雪だるまを発見。これを作った女の子はカメラを向けたら恥ずかしがって逃げてしまいましたが、自慢の作品だったようで雪だるまの写真撮影にはO.K.をくれました。

b0006449_185557.jpg

 目的地まではバスを使ったのですが、バスの窓枠にも氷柱が下がっていて、昨夜が非常に寒かったことを見せてくれていました。

 さすがに今日は、大通りは市役所があちこちに配っておいてあるスリップ防止用の砂利がまかれていて、交通にそれほど支障はなかったようですが、歩道は凍り付いていたり、舗装用煉瓦が雪で滑ったりでかなり怖い思いをすることになってしまいました。もちろん、店を開けていたところでは、自分の店の前の雪や氷を始末すべくみなさん頑張っていたのですが。

 さて、この冬は、こんな風に何回雪が降るのでしょうか。できるだけ多い方が来年のためにも良いのですが。

人気blogランキングへ
[PR]
<< ガス ページトップ 大雪 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Yuzuki Skin by Sun&Moon