イランという国で
sarasaya.exblog.jp
  ブログトップ
中傷
2007年 12月 08日 |
 風邪が治りにくいことやアレルギー性鼻炎が酷いことについて、大気汚染やストレスが原因で抵抗力が落ちているのでは?というご指摘を何人の方からいただきました。
 言われてみればなるほどという感じです。

 いくつかの仕事が重なってばたばたしていたのもそうですが、何よりも、私にとって訳の分からない人物たちの言動に結構なストレスを感じていたようです。

 ある二人の人物が、私に関する全く根も葉もない中傷をあちこちで振りまいていることは耳にしていました。その内容はあまりにもばかばかしいもので、私を知っている人ならどちらが正しいかくらいすぐ分かるだろうからと、できるだけ無視するようにしていました。周囲の人には話していましたが。
 これまでは、中傷の意図が何となく想像はできるものの、はっきりとは分からなかったために、不思議なことをするものだと思っていたのですが、最近になって、どうやら、私が自分たちの仕事のライバルになるといけないのでつぶしておかなければならないと思ってそういうことをしているらしいということが分かってきて、がっくりくるやら呆れるやらです。

 また、自分たちがそのような中傷を振りまいていることが私の耳に入っていないと思っているのか、「お会いして話をしたい」とか「仕事の話があったらいつでも手伝いますよ」などと私に連絡を取ってくるのがなんともいえず不気味なところです。

 この二人、恐らく全くお互いに面識がないと思われるのですが、中傷の内容といい、行動パターンといい、本当にそっくりなところが興味深いと思わずにいられません。

 自分の能力に自信があり、人に誇れるだけの仕事をしているのなら、その自分の道をひたすらに進めば良いだけのことで、他人は関係ないし、巻き込む必要はないと思うのですが、そう考える私の方がおかしいのでしょうか。私は、他人を中傷することで仕事を得ようとは思いません。
 彼らに関わるつもりも、ましてや彼らの仕事の邪魔をするつもりもなく、自分のやるべきことをこなすことに精一杯な私としては、いい加減にして欲しいなあと思わずにいられません。彼らの言動がどの程度の影響力を持つのかは分かりませんが、少なくとも、私にはうっとうしいなあとストレスを与えることに成功しているようです。

 人の中傷をする人というのは結局は信用されなくなるものだと思います。もし、本当に仕事をより沢山得たいがために人のことを悪く言っているのだとしたら、それをやめ、淡々と自分のすべきことを誠実に実行した方が、仕事相手からの信用が増し、仕事も増えることに繋がるのではないかと思うのですが。なぜ、彼らがまき散らしている言葉が、すぐに悪意あるものとして理解され、私の所に伝わるのかをちょっと考えてみれば、そのようなことはすぐに分かるはずです。
 人を悪く言うことは、最終的に自分に跳ね返ってくるということを知ってほしいと思います。これはこの二人だけでなく、私も、誰もが気をつけなければならない大切な原則ではないでしょうか。

 と、頭では分かっていても、やはり、私には理解しがたい彼らの心のありように、ストレスが少しずつ溜まっていってしまうし、ついつい周囲の人たちにこぼしてしまいます。気をつけなくてはいけないとは思うのですが、まだまだ未熟なようです。

人気blogランキングへ
[PR]
by sarasayajp | 2007-12-08 15:09 | いろいろ |
<< 青空 ページトップ 診療所 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Yuzuki Skin by Sun&Moon