イランという国で
sarasaya.exblog.jp
  ブログトップ
ラマダーン中に増えるもの
2004年 10月 31日 |
 ラマダーン中に増えるもの。

 食料品の消費量、交通事故、そして物乞い。

 ラマダーン中にあちこちで目につくようになるものの一つに、物乞いがあります。

 ラマダーン中に行う善行は普段よりも高く来世において評価されるとされているため、この時期は、エフタールを親戚や友人にふるまうことに始まって、エフタールをモスクや聖者廟でふるまったり、養護施設や老人ホームでエフタールをふるまったり、集会場や学校で子供たちを招いてエフタールをふるまうなど、エフタールを使った善行がまず目につきます。

 あるいは、お金を募金箱へいつもより多く入れたり、孤児院やその他事前施設へ寄付をしたり、モスクや宗教施設へお金やものを寄付したりといったことも行われます。

 エフタールが大きくふるまわれている会場には、にわか物乞いも沢山集まってきます。また、道路脇の物乞いの数もこの時期には増えます。

 この時期には持たざる人への同情心が高まっていて、そうした人々に普段よりも快くお金を出す人が増えます。あるいは、最後の審判での得点を稼ぐためにお金を出す人もいます。

 イスラームでは「来世のため」にお金を出したりエフタールをふるまうことは決して「偽善」とは見なされません。自分の来世を畏れて善行を行うことは自分のためではありますけど、宗教的には「意図」を持った行為とされているからです。
 しかし、「ここでお金を出したら、○○さんが自分を高く評価してくれるに違いない」とか、「この地区の人に自分が善行を行ったことを見せびらかそう」と考えて善行を行うことは「偽善」であり、来世においてマイナスポイントになります。これは現世において自分の利益を得ようとする行為だからです。あらゆる行為は、来世での利益のために行われなければなりません。

 こうした考え方に基づいて、自分が善行を行っていることをあからさまにしないよう、エフタールをふるまうという行為ではなく、募金箱にお金を入れたり、物乞いに通りすがりにお金をあげるといった行いを選ぶ人も多いのです。


人気blogランキングへ
[PR]
<< ただいまもどりました ページトップ 今日はイマーム・ハサンの誕生日 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Yuzuki Skin by Sun&Moon