イランという国で
sarasaya.exblog.jp
  ブログトップ
もったいない
2007年 11月 17日 |
 私の住むアパートにも何日か前から暖房が入りました。
 明け方など結構冷え込むので寝室だけ入れて、リビングなどはまだそのままにしてあるのですが、三階建ての二階にある私の部屋は、床や天井、壁を通る温水パイプのおかげでかなりぽかぽかとしています。というよりは暑いくらいだったりすることもあるのですが。

 毎年書いているような気がしますが、イランは冷暖房を効かせすぎです。
 適温に調整したり、付けたり消したりしにくい構造だということもあるのでしょうが、冷やしすぎで膝にストールを掛けながら仕事をしていたり、暑すぎて暖房を入れたまま窓を全開にしていたりするのを見ると、なんだか変だよと思わずにいられません。
 マータイさんではありませんが、「もったいない」なあと日本語で呟いてしまう季節がやってきてしまいました。本当に、「もったいない」を国際的に通用する用語にできないかなあと思うのですが無理でしょうか。

 暖房が入ってもう一つ大変なのが、乾燥に拍車がかかるということです。
 夜中に喉が渇いて目が覚めたり、朝起きると鼻の中や喉がからからになっていたり。特に今年は風邪で鼻や喉がやられているところに暖房が入ったので、これまで以上に大変です。今年こそは加湿器を買わなくてはならないだろうかと、財布の中身と相談中です。

 もったいないといえば、仕事のためにネットを通して調べ物をしたり原稿のやりとりをしたりと、ネットに接続する時間がかなり長くなっているので、重い腰を上げて、ようやくなんちゃってADSLを導入することにしました。
 申し込みをして、一週間から十日で開通しますから、とのことだったのですが、二週間以上経った今でもまだ開通していません。なのに、申込日から使用料を取られているというのはなんだか納得がいきません。結局、ダイヤルアップを使わざるを得ず、そちらでプロバイダー料や電話回線使用料を取られているわけで、なんかもったいないなあと思うのですが、何度電話をしても、「明日には」でらちが明きません。ある意味よくあることなので、文句は言っても特に腹を立てたりということはないのですが、それでもやはりがっくりとは来ます。

b0006449_1529230.jpg

 何か生き物が部屋にいると気持ちが和むかなあと、近所をうろうろしている子猫を拉致しようかと考えたこともあったのですが、仕事で何日も部屋を開けることも多いし、長期間日本へ帰ることもあるしで無理そうです。
 ということで、とりあえず元気な猫たちの様子を眺めて和む今日この頃なのでした。


人気blogランキングへ
[PR]
by sarasayajp | 2007-11-17 15:30 | いろいろ |
<< がんばろう ページトップ セパーハーン >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Yuzuki Skin by Sun&Moon