イランという国で
sarasaya.exblog.jp
  ブログトップ
もやもやと考えてみたこと
2007年 10月 31日 |
 PCの前に貼り付いていなければならない仕事がたて続き、またまた腰痛の危機が近づいているような予感がひしひしとしています。
 集中してくると姿勢が固まってしまい、なかなか休憩を取らないのが原因だとは分かっているのですが、なかなか改まらないものです。先日の指のしびれも、肘を机に付けたままタイプをしたりノートを取ったりしていたために、肘のところで神経が圧迫されて起こったものらしいとのこと。こちらはとりあえず、畳んだタオルを肘の下に敷くという応急措置で少しずつ良くなってはいるようです。
 「家の中でエコノミー症候群というのは笑えないからね」との言葉に、そうか、そういうこともあり得るのかとちょっとびっくりでした。

 腰痛とエコノミー症候群の他に気になることといえば、部屋が汚くなっていくことと、メールの返事が溜まっていくことでしょうか。

 いただいたメールの中で、日本人大学生の誘拐事件に関連した質問や意見を書かれている方が何人かいらっしゃいました。できるだけ一人一人にお返事をするべきなのは分かっているのですが、この場でお返事をさせていただきます。申し訳ありません。

 旅行の安全情報についてですが、これは以前に書いた通りです。絶対の安全も絶対の危険もありません。ごく普通の注意を払っていれば、それほど簡単に事件に巻き込まれることはないと思います。
 それから、これは現地の人たちや、私の友人たちからも注意されたことですが、旅先で知り合ったイラン人の家に一人では行かない方が良いと思います。
もちろん、そうして誘ってくれる人のほとんどが好意からであることは間違いないと思います。しかし、以前もお話ししたとおり、イランの習慣の一つとしてとりあえず言っているだけのこともありますし、また、ごくまれにではありますが、強盗・強姦事件に結びついていることがあります。

 それから、日本での報道にある、「今回の事件がイランの貧困故に起こった」という決めつけに対して違和感を感じたり、意見を書かれている方もいらっしゃいました。

 今回の事件を起こしたとして、バルーチェスターンの部族の名前が挙げられています。そして彼らがバルーチェスターンの貧困故に麻薬の密輸に手を染め、今回の犯罪を引き起こしたというのが日本での報道の大部分のようです。

 確かに、バルーチェスターンは8年間も続いた干ばつのために非常に苦しい状態にあります。また、テヘランから遠く離れている国境州であることと、バルーチ族という12イマーム・シーア派の政府とは異なるスンニー派信徒が住む場所であることから、投資や開発の対象としての優先順位が低く、これといった産業がありません。
 農業、工業が駄目となれば、あとは商業しかありません。しかし、現地の人たちの話によれば、国境を接しているパキスタンとアフガニスタンに輸出できるものといえばガソリンやガスくらいだとか。実際、パキスタンやアフガニスタンと行き来をするピックアップには、ガソリンを入れるためのポリ容器やガスのボンベが積まれているのをよく目にします。
 そしてアフガニスタンから入ってくるものは、欧米や日本製の電化製品や医薬品、そして麻薬です。パキスタンからは煙草や紅茶、そして武器や麻薬です。

 初めてこの話を聞き、また実際に国境を越える人々を見たときにはかなり驚いたものでした。

 アフガニスタンから入ってくる欧米や日本製の電化製品、医薬品というのは援助のためにアフガニスタンに渡ったものです。それが、現地の人たちによって品物よりも現金とばかりに売り飛ばされてしまうのです。そしてスィースターン・バルーチェスターン州の人々の手を経て、イラン国内へと流れていきます。そして麻薬の場合はイランを経由して更に第三国へと。
 アフガニスタンの人々がどうして援助物資をイランへ売るのか、どうして麻薬を生産してイランへと流すのか。
 パキスタンの人々がどうしてアフガニスタンで生産されたアヘンの精製を行い、イランへと流すのか。
 スィースターン・バルーチェスターン州の人々がどうして両国から入ってくる品物を、時に麻薬すら、イラン各地へ運ぶのか。

 理由の一部は確かに貧困だと言わなくてはならないと思います。アフガニスタンやパキスタンの事情はよく分かりませんが、少なくともスィースターン・バルーチェスターン州に関してはそう言わざるを得ない部分はあります。

 産業がないから就業の機会は少ない、農業は荒廃している、それでも食べていかなくてはならない、となれば、麻薬や武器の密輸に手を出す人が出てきても仕方がないのではないでしょうか。
 まして、バルーチェスターン地方はイラン国内でも一家族の構成人数が最も多い州の一つです。家族のためにと、良くないこととは思いつつも、密輸や強盗・誘拐を行う人もいるかもしれません。

 貧しいから犯罪を犯す、という単純な決めつけはしたくありませんが、そうなる可能性が高くなるということは否定しきれないようにも思います。
 ただ、スィースターン・バルーチェスターン州の場合、アフガニスタンやパキスタンと国境を接しているという地理的な要因もそこに加わっており、また、中央政府からのスンニー派に対する有形無形の圧力とそれに対する反発、伝統的慣習へのこだわりなど、様々な要因も絡み合っているため、一面的な決めつけをすることは問題の本質を見失わせることになるのではないかという感じもします。まだそのあたりはもやもやとして形を為していないためにうまく言えないのですが。

 貧困だけに原因を求めると、じゃあ、金持ちあるいは生活に困っていない人は犯罪に手を染めることはないの?ということになるのですが、こちらはこちらで結構ひどいことをしていたりするわけで。

 なんだかよく分からなくなってきましたが、麻薬密輸組織(組織と言えるのかどうか疑問ですが)による犯罪とされる今回の事件ですが、たとえスィースターン・バルーチェスターン州が貧しくなかったとしてとも、麻薬を欲しがる人たちがいる限り、麻薬の生産や密輸はなくならないに違いないと思うのです。

人気blogランキングへ
[PR]
by sarasayajp | 2007-10-31 12:22 | いろいろ |
<< 浦和レッズVSセパーハーン観戦... ページトップ ちょっと待っていてね >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Yuzuki Skin by Sun&Moon