イランという国で
sarasaya.exblog.jp
  ブログトップ
イランでの服装について
2007年 08月 22日 |
 イラン旅行をされるという方などから、イラン国内での服装について質問を何回か受けました。9月に入ってから旅行される方が多いのでしょうか。

 「チャードルをかぶらなくてはならないのでしょうか?」というのが最も多い質問ですが、外国人観光客がチャードルをかぶる必要は基本的にはありません。
 チャードルが必要となるのは、宗教的な施設においてのみで、そうした場所は基本的に非ムスリムの入場を禁止しているか、チャードルが用意されているところも多いのでそれを使わせてもらうことができます。
 マシュハドのエマーム・レザー廟、ゴムのマアスーメ廟、シャフレ・レイのシャー・アブドゥルアズィーム廟、シーラーズのシャー・チェラーグ廟などは、貸しチャードルの用意はありますが、非ムスリムの入場ができることもあればできないこともあります。

 では、どのような服装をすればいいのか。
 まず、スカーフ(正方形のもの)あるいはシャール(長い長方形のスカーフ)で髪を被います。このとき、あごの下でスカーフを縛るか、シャールを交差させてください。あご下から胸が見えないようにします。
 スカーフあるいはシャールの色には特に制限はありません。極端に派手な色柄ものでなければ大丈夫です。ただ、宗教的な施設(モスクなど)に入場する場合は、黒のような地味な色の方が良いですから、観光のことを考えたら地味目な色のものが良いかもしれません。

 それから、少なくともおしりが隠れる長さの薄手のコートを着ます。これも色は派手なものでなければ問題ありません。袖まくりなどをして腕を見せるのは本来NG.です。コートの下は下着でもタンクトップでも構いませんが、とにかく、外には素肌を見せないでください。

 靴下はできるだけはいてください。イランの若い人の中には素足にサンダル履きという人も多いですが、本来は女性が素足を見せることは許されていませんので、足首まであるパンツと靴下で、素肌が見えないようにすることをおすすめします。

 わかりやすいように写真を、と思ったのですが、こういうときに限ってちょうど良い写真が見つからないのはなぜでしょう。ということで、こちらの写真で。

b0006449_19145572.jpg


 楽しい旅行になりますことを願っております。

人気blogランキングへ
[PR]
by sarasayajp | 2007-08-22 19:13 | いろいろ |
<< 看板 ページトップ しょうが >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Yuzuki Skin by Sun&Moon