イランという国で
sarasaya.exblog.jp
  ブログトップ
300
2007年 04月 30日 |
 仕事や買い物などで外出する度に雨に降られてしまうのは何故なのでしょう。
 仕事先や店を出て数歩も歩かないうちにぽつぽつと降り始め、雷を伴った土砂降りに、というパターンが何度も続き、ちょっとうんざりです。

 日本から戻ってきて三週間が経ちましたが、あちこちで言われるのが、「300は見た?」です。
 アメリカで公開された映画『300』が古代ペルシア人を醜悪に描いているのはイランに対する侮辱だと、イランの大統領閣下などが抗議声明を出したのが、私がまだ日本滞在中のことでした。
 友人などからのメールでは、イランではノウルーズ休み中でもあるし、それほどの大騒ぎにはなっていないよ、ということだったのですが、イランに戻ってみたらあちこちでこの映画についての話を聞くのでちょっと驚きでした。
 映画を見た人は「これは酷い」と顔をしかめ、まだ見ていない人は「どんな感じ?」と評価を求めるといった様子で、先日はとうとう外国語学部内での上映会まで行われたとか。
 私も友人の家で一部を見たのですが、まあなんというか、「はあ、さいですか。時代考証やらなにやらが全くなっていないね」という感想しか出てきませんでした。

 ちょっと思ったのが、「イラン政府などが騒がなかったら、これほどに注目されることもなく、DVDやVCDを買う人もそんなにはいないアメリカ製のB級映画というところで終わったのでは?」ということでした。
 イランでは以前にも、『マールムーラク』という映画に対して「ルーハーニー(イスラーム法学者)をばかにしている」という圧力をかけて、映画館が自主的に上映を取りやめるようにしたことがありました。この時、もともと面白い映画と評価が高かったこともありますが、「へえ~~そんなことになるなんてどんな映画なんだろう」とかえって人々の興味を煽る結果となり、違法コピーVCDがあちこちで飛ぶように売れました。
 それを思い出し、友人などにそう話してみたところ、「そうかもね」と同意してくれる人がほとんどでした。
 以前、普段どのような映画を見ますか、というアンケート調査の協力をしたことがあるのですが、アメリカ映画や歴史を扱った映画は意外と人気がなかったということもあります。

 もしかすると、イラン国民にこの映画を見てもらい、アメリカに対する怒りをかき立てさせて、「反アメリカ」意識を高めようという大統領閣下の深謀遠慮だったのかもしれないね、とはある知人の言ですが、大統領閣下はそこまでは考えていなかったんじゃないのかなあという感じがするなあというのが正直なところです。

人気blogランキングへ
[PR]
by sarasayajp | 2007-04-30 12:30 | いろいろ |
<< 値上げ決定 ページトップ 雨とバラキャト >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Yuzuki Skin by Sun&Moon