イランという国で
sarasaya.exblog.jp
  ブログトップ
大ショック
2007年 04月 06日 |
 日本の自宅にいるときは、自宅にあるMacで写真の整理をしているか、原稿を書いていることが多いです。
 イランでも使っているノートは日本に持ってはきますが、ソフトのアップデートなどをした後はメールのチェックくらいにしか実は使っていなかったりします。

 今回も、仕事などで外出している時間の他はひたすらMacの前で写真整理と原稿書きにいそしんでいました。
 秋から春にかけて撮り溜めたポジをフィルムスキャナーにかけ、取り込んだ画像にデータを付けてファイルして、という作業を黙々と続けていました。

 で、イランへ戻る日が目の前に迫った昨夜、突然、「バチッ」という音と共に画面がブラックアウト。

 不吉な予感に震えながら起動スイッチを押しますが、うんともすんとも言いません。

 見事なハードクラッシュです。

 とりあえず修理には出すそうですが、整理のできた写真から外付けのハードディスクやDVDに落としていたとはいえ、まだ未整理の写真百枚以上と、描きかけの原稿などが吹き飛んでしまいまったに違いありません。目の前が真っ暗です。

 持ち主も、ハードディスク内の仕事のデータが~~~~と青くなっています。

 それにしても、やっぱり、コンピューターというものは、便利ではあるけどこんな風に怖いものでもあるんだよなあと、二人で思わずため息をついてしまったのでした。

 PCを使い始めて20年近くになりますが、ハードクラッシュはこれで二度目です。前回もそうでしたが、改めてこまめなバックアップの必要性を身にしみて感じてしまったのでした。

 それにしても、イランで使っているPCがイランでこうなったら、と考えると、日本製でイランで同じものを見たことがないので、恐らく修理ができないだろうから怖いなあと、対策も何かしら考えなくてはならないとも思ったのでした。

人気blogランキングへ
[PR]
by sarasayajp | 2007-04-06 09:48 | いろいろ |
<< 都庁とヒルズから東京を見下ろす ページトップ ヒルズ巡り >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Yuzuki Skin by Sun&Moon