イランという国で
sarasaya.exblog.jp
  ブログトップ
近所に気兼ねをして
2004年 10月 23日 |
 昨日は、大家さん宅でも、下の階の一家でもエフタールに客を呼んでいたらしくアパート中がとてもにぎやかでした。

 大家さん宅では大家さん夫婦と娘さんがまじめで(息子二人は全然です)、礼拝も断食もきちんとするし、近所で行われる宗教行事にも割と参加しているようです。また下の階の一家は奥さんが非常にまじめです。

 と、このようにアパート内でまじめに断食している家庭にはさまれていると、昼食を作るにも躊躇してしまいます。あからさまにご飯を作っている匂いをまき散らすと悪いなあなどと、ついつい罪悪感に駆られてしまいます。どちらも私がムスリムでないことを知っていますし、気にすることはないよと言ってくれるのですが。

 そこで、なるべく火を使わない昼食をと、パンとハムなどを買ってきてサンドイッチ、あるいは全くの朝食メニューで、パンとチーズ、バターやジャムなどで済ませてしまったりという日が増えます。

 イラン全土でこのラマダーン中には、ハムの売り上げが非常に増えるそうです。私のように近所に気兼ねして、なるべく匂いのでない昼食をということでサンドイッチを選択する家庭がいかに多いか分かります。

 下の階の奥さんは子供がまだ小さいのでご飯を食べさせているのですが、ご飯を作り、食べているところをみてなお自分は断食を続けるというのはすごいなあと思わずにいられません。

人気blogランキングへ
[PR]
by sarasayajp | 2004-10-23 14:11 | イラン人 |
<< イラン映画のこと ページトップ 概念が違う…のかな? >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Yuzuki Skin by Sun&Moon