イランという国で
sarasaya.exblog.jp
  ブログトップ
再生ゴミ
2007年 02月 13日 |
 ガズヴィーンで仕事をしていたときのこと。
 オフィスの片隅に黄色いゴミ箱が据え付けてあるのがなんだか気になりました。
 別なオフィスへまた行くと、また黄色いゴミ箱が。
 ある中学校へ行ってもまた黄色いゴミ箱が。

b0006449_1482264.jpg

 気になって仕方がなかったので、ゴミ箱の近くに座っていたのを幸いにじっくり観察してみました。
 すると、なんと、紙専用のゴミ箱でした。
 テヘランをはじめとする他の町では見たことがありませんし、ガズヴィーン市のマークが入っているところを見るとガズヴィーン市だけでの取り組みなのかもしれませんが、良いことだなあと思いました。

 イランはゴミの分別収集を行っていないため、生ゴミだろうが紙ゴミだろうが金属、プラスチック、すべて一緒に集め、町の外へ運んで捨ててそれで終わりです。
 日本ほど神経質になるのもどうかと思うところですが、イランのような捨て方はいくら使えない土地が沢山あるからといっても、環境を汚染することになるだろうと気になって仕方ありませんでした。
 紙ゴミだけを集めてどのように処理をするのかは聞けませんでしたが、資源の有効利用に繋がると良いなあと思ったのでした。

人気blogランキングへ
[PR]
by sarasayajp | 2007-02-13 14:25 | いろいろ |
<< たぶりーがーと ページトップ 革命記念日 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Yuzuki Skin by Sun&Moon