イランという国で
sarasaya.exblog.jp
  ブログトップ
もう大変
2007年 02月 01日 |
 この数日、テヘランを離れて地方へ行っていました。

 エスファハーンやマシュハドなどの大きな町ですとホテルからネットに接続ができるのですが、今回はどこも小さな町ばかりで、宿の設備は革命前のままで部屋から電話もできない状態でした。
 必然的にネット接続どころではなく、どの宿でも、たとえフロントからでも外線へはフリーに接続はさせられないとのこと。それじゃあネットカフェでもと思っても、イランの地方の町の宿というのは不思議と町外れにあって、ネットカフェまでタクシーを雇わなければ行けないような状態です。

 ということで、ブログの更新どころかメールのチェックすらできず、急ぎのメールが入っていたらどうしようとはらはらでした。

 このところ、テヘランを離れるにしても行き先が州都レベルの大きな町ばかりだったので色々なことをついうっかり当たり前にしていたのですが、やはりイランでは、テヘランという町が特殊なのだということを再認識した旅行でした。

 そのテヘランでさえ、インターネットはこんな情況です。
b0006449_1333885.jpg

 ADSLがたったの10万リヤール(大体11ドル半くらい)と書かれているのですが、それにしてもなんだか回線スピードの単位が違っているような気がしてなりません。いや、日本のADSLのスピードを正確に把握しているわけではないのですが、それでも、「キロバイト」ではないことだけは知っています。
 政府がネットへの接続の高速化を好んでいないことから、これ以上の回線の高速化はないのではないかという話を聞きましたがどうなのでしょう。

 旅行そのものについてはまた後日ご報告いたします。

 人気blogランキングへ
[PR]
by sarasayajp | 2007-02-01 13:38 | いろいろ |
<< アビヤーネ ページトップ タアズィーエ >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Yuzuki Skin by Sun&Moon