イランという国で
sarasaya.exblog.jp
  ブログトップ
女性たちの衣装
2006年 12月 17日 |
 ヘジャーブの話で思い出したことを一つ。

 何年か前に日本から来た友人と或る一冊の本について話をしていたときのことです。
 日本から来た人が置いていった一冊の文庫で、タイトルは正確に思い出せないのですが「世界の辺境を歩く」といった感じの本だったと思います。
 その中で、「世界各地の辺境では色鮮やかな衣装が目に付くがイランでは真っ黒だ」という意味の一節がありました。
 友人と私は笑ってしまいました。「この人、どこの辺境に行ったんだろうね?」「テヘランやゴムじゃないの?辺境なんでしょ、きっと、この著者にとっては」

 「辺境」というのは辞書的には「国境付近」を指すのだそうですが、イランの国境付近に住む人たちの服装はとてもカラフルです。こんな色のものを着るのか!とびっくりするような鮮やかな色の衣装を纏う女性たちはとても素敵です。どこが「真っ黒」なのか、著者に聞いてみたいと真剣に考えたほどです。

b0006449_143539.jpg

 正確には国境付近ではありませんが、遊牧民ガシュガイ族の女性たち。彼女たちのスカートとワンピースの色の組み合わせは、私たちが考えつかないような大胆な色遣いのことが多い。

b0006449_1413283.jpg

 こちらは天幕の前で乳搾りをしていたガシュガイ族の女性。

b0006449_1464946.jpg

 イラクとの国境に近い西アゼルバイジャン州で。弟たちと歩くクルド人女性。

b0006449_14103453.jpg

 こちらも目の前の山を越えるとイラクという国境沿いにある村のクルド人女性。

b0006449_14175385.jpg

 バンダル・アッバースで。色鮮やかなサテンのパンツには金糸で華やかな刺しゅう。その上のワンピースもカラフルな物が多い。地味なチャードルで隠しているようで隠されていない彼女たちのおしゃれ。

b0006449_1421165.jpg

 パキスタンとの国境にも近いチャーバハールで。華やかな刺しゅうのされたカラフルなワンピースとパンツの組み合わせ。その上からかぶっているチャードルもカラフル。

 トルクメニスタンとの国境近くに住むトルキャマン女性たちの服装もとても素敵なのですが、写真が見つかりません。見つかりましたら追加します。

 ということで、イランの国境付近に住む人々のファッションをお届けしました。

人気blogランキングへ
[PR]
<< 列車事故 ページトップ ヘジャーブのこと >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Yuzuki Skin by Sun&Moon