イランという国で
sarasaya.exblog.jp
  ブログトップ
やせているのはみっともない
2004年 10月 19日 |
 昨夜はまた友人のいる寮へおじゃましていました。
 いつもよりも遅い時間に行ったため、エフタールの用意をする女の子たちがあっちへ行ったりこっちへ行ったりしていました。

 女性だけの寮ですから女の子たちもみんなラフな格好をしています。Tシャツやタンクトップという子も多く、思わずまじまじと彼女たちを見てしまいました。

 私はイランへ来てから少し太り、日本で健康診断をした時には、「もう少し体重と体脂肪を落とすように」と注意されるラインぎりぎりでした。
 そこで、イランへ戻った後、知り合いの家に招待された時に、「ちょっとダイエットをしなくちゃいけなくて」と言ったら、そこにいた女性たち全員に言われてしまいました。
「あなたがダイエットですって?とんでもない、ちょうどいいくらいじゃない」
 お世辞で言っているのかとも思ったのですが、どうやらそうではありません。かなり本気です。

 そして大学生の女の子たちをこれだけ沢山見ると、私がそう言われた理由が何となく分かります。

 みんなかなりたっぷりとボリュームのある体つきをしています。
 細く見える子でも、骨格がしっかりしているのか、それほど華奢には見えません。

 日本の雑誌などを女性たちに見せると「日本の女の子たちは病気のようだ」と言う理由がよく分かります。
 そしてイラン人の男性にも、細くて小さな子は貧弱に見えるらしく、日本人の大学生など中学生くらいにしか見えないと言われてしまいます。
 また、イランで人気のある女優たちを見ていても、決してがりがりに細い人はいません。

 健康ブームで、ダイエットを心がける人も増えましたが、やはりこちらでの美人の基準の一つは、健康的にメリハリのある体つきなのだと納得がいったのでした。


 ちなみに、私は身長もそこそこ高く、友人たち(日本人)に言わせるとまさにイラン人好みの体型をしているらしく(素直に喜べない)、「オヤジキラー」と呼ばれています。
 もう一つちなみに、友人の一人(日本人)は「おばさんキラー」なのですが、彼女は小さくて、童顔で細い体つきをしています。おばさんたちにとって自分の子供のようで、ついついかわいがってしまうようです。一つしか年が違わないのに、この扱いの差は何なのだろうと、一緒に旅行をするとついつい悩んでしまうのでした。
[PR]
by sarasayajp | 2004-10-19 16:39 | イラン人 |
<< ラマダーンの思い出~その1 ページトップ 断食中に何を行ってはいけないのか >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Yuzuki Skin by Sun&Moon