イランという国で
sarasaya.exblog.jp
  ブログトップ
しっかりしてよ
2006年 11月 28日 |
b0006449_641751.jpg

 国際大会への出場禁止などと言われていたサッカーですが、とりあえず、一ヶ月ほど執行猶予措置が取られたようです。(こちら

 新聞などでは「希望が戻ってきた」などと一面トップで喜びを表していますが、あくまで暫定的措置であることを忘れないで欲しいものです。恐らくイランの国際政治の舞台での問題が反映しているに違いない今回の措置ではありますが、どうもイラン側の対応のまずさが目に付きます。それでも出場にこぎ着けてしまうところはさすが交渉上手(?)というところでしょうか。
 ともかく、代表チームの活躍が見たいなら、上手くやってよ、大統領閣下、というところでしょうか。

 気になるもう一つのニュースはこちら
 また落ちてしまったよ。軍用機…
 軍用機と民間機は違うということは分かっていますが、それでもやはり飛行機に乗ることがためらわれてしまいます。つい先日も、Fokker100でテヘランーヤズドを往復したのですが、これも何年か前に落ちたのと同じ型だなあと思うとなんだか落ち着かない気分を味わってしまいました。

 アメリカに対して強硬姿勢で臨んでいることに酔っていらっしゃる大統領閣下は、イラクで泥沼にはまりこんでいるアメリカに対してますます強気に出ているようです。(こちら
 ロシアのバックアップがあるから大丈夫だもんね、ということなのかもしれませんが(こちら)、ロシアは信用できるの?本当に大丈夫?とついつい心配になってしまいます。

 「ひょんな事から転がり込んできた権力を手放したくなくて国民の人気とりに汲々とするポピュリスト」と評価されている大統領閣下ですが、自分の人気のことだけじゃなくて本当に国民のことを考えている?と聞きたくなることばかりです。
 国内経済は物価の異常な上昇が続き、国際的にも評判は悪くなる一方です。大丈夫なのかなあと不安を感じてしまうのもいた仕方のないところではないかと思います。大統領に強力な権限のある国ではありませんから、こういう情況になっているのは大統領閣下だけの責任ではないのかもしれませんが、でもとりあえず、イランの顔として存在しているからには国民のためになんとか頑張って欲しいなあと願わずにいられません。

人気blogランキングへ
[PR]
by sarasayajp | 2006-11-28 11:22 | いろいろ |
<< 綿摘み ページトップ 中間試験始まる >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Yuzuki Skin by Sun&Moon