イランという国で
sarasaya.exblog.jp
  ブログトップ
停電だ!
2006年 06月 12日 |
 昨夜はイラン対メキシコの試合中中継中に突然停電。
 二点をリードされて、反撃ができるのか!?というところでの停電で、近所の子どもたちが大騒ぎでした。

 この数日、急に暑くなり、クーラーなどを使うようになり、電力供給量が限界を超えているからなのでしょうか、一昨日も夕食を食べようかという頃に停電し、復旧するまで数時間かかりました。明け方にも停電をしていたらしく、朝、目が覚めたら停電していました。

 昨日の朝など、ラジオで「今日はワールドカップを最後まで安心してみるために、余計な電気は消して停電が起こらないようにしましょう」というような呼びかけがされていました。結局は停電してしまいましたが。市内の他の地区ではどうだったのでしょうか。

 話によると、ほぼ毎日のように停電が起こっている地区もあれば全然起こらないという地区もあるようです。
 イラン・イラク戦争終戦後しばらくはまだよく停電していたそうですが、この数年はほとんどなくなっていました。そのため、古いアパートには必ずあった停電時用のガス灯が、新しいアパートではほとんど見られなくなっているほどです。

 それにしても、外を走る自動車がほとんど見られなくなるほどテヘラン市民の多くが見ていたはずのワールドカップが停電で見られなくなったというのは、「イランの電力消費を賄うためには原発が必要なのだ」という政府の言い分を国民に周知徹底させるための陰謀なのでは?と思わず考えてしまったくらいすばらしいタイミングだったように思います。
 まあ、テヘランの他の地区ではどうだったのか分からないので冗談に過ぎませんが、近所の子どもたちのブーイングは大変なものだったようです。次戦は停電が起こらずに、最後まで試合が見られることを願っています。



人気blogランキングへ
[PR]
<< 暑いやら痛いやら ページトップ 代表チームご紹介 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Yuzuki Skin by Sun&Moon