イランという国で
sarasaya.exblog.jp
  ブログトップ
干支の話
2006年 03月 30日 |
 またまたノウルーズに関する話題から。

 以前、お話ししたことがある干支ですが、これについてももう少し知りたいという方がいらっしゃいましたので、今回は干支の話から。

 一年に一つの動物を割り当て、12年で一周させるという干支の概念がイランに入ってきたのは、モンゴル人がイランを占領していた13世紀以後のことだそうです。
 十二支の順番は日本で使われている干支と同じですが、「辰」が「鰐」に変わっているところが違っています。イランにも「竜」を表す単語はありますし、物語などに竜は登場しますが、イランでは西洋のように竜は人間に退治される存在であり、悪を象徴するために避けられたのかな?と思われます。

 日本でも、「丙午に生まれた女性は~」など、干支によってその年の吉凶を占ったり、その年に生まれた人の性質をあれこれ言ったりしますが、イランでもそういうことは行われていたようです。今はあまり聞きませんが、お年寄りなどに聞いてみるとそういう言い方もしていたとのことです。

 悪いことが起こる年と見なされていたのが、ネズミやヒョウ、ヘビの年だそうです。
 良いことが起こる年と見なされていたのが、羊や牛の年だそう。

 例えば、ヘビの年は厳しく、困難に満ちた年であり、支配者が圧政を行い、民が苦しむ年なのだそうです。そのため、人々はこの一年、大変な苦労をして、ヘビのように自分の皮を脱ぎ捨てることになるだろうというのだそうです。

 また、ネズミの年には、盗人が多くなり、策略や欺瞞、偽善が広まるそうです。
 イノシシの年には、道徳的な堕落が広まり、家族の間には対立が起こると言われていたそうです。

 逆に、未の年と丑の年には良いことが多く、水が豊富なために豊作となると考えられていたそうです。

 戌年がどんな年になるのか、うっかり聞き損ね、調べ損ねてしまったのですが、良い年になることを願っています。
[PR]
by sarasayajp | 2006-03-30 14:51 | いろいろ |
<< 日傘@おまけ ページトップ ハフト・スィーン >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Yuzuki Skin by Sun&Moon