イランという国で
sarasaya.exblog.jp
  ブログトップ
悪魔の生誕地?
2006年 03月 04日 |
 先日、ある旅行社へ行った時のこと。

 旅行社の担当者が昔の金持ちの邸宅の写真の入ったパンフレットのようなものを持っていました。ちょっと気になったので「何それ?」と聞いてみました。すると、やはり、昔の金持ちの屋敷をホテルに改装したものだとのこと。どこにあるのかというと、サングサルというところだそうです。サングサルというのはテヘランの東隣にあるセムナーン州の州都セムナーンの近くにある街です。

 セムナーンには行ったことはありますが、テヘランからの距離が中途半端に近いため、そこで宿泊をしたことがありません。
 また、セムナーン州には、州都であるセムナーンよりも歴史が古くて史跡も豊富なダームガーンやシャールードがあるため、どうしてもそちらに目がいってしまいます。ですから、セムナーン市にどんな見所があったかとっさに思い出せず、思わず聞いてしまいました。
「何があったっけ?」
 答えはというと。
「何もないよ。暑くて乾燥していて、それだけ」
 何とも酷い言いようです。
「知っている?イランではこう言うんだよ。『神様は悪魔をセムナーンで作った』って」
 とまで言います。
 私をからかっているのかと思い、本当にそんな風に言うのかと周囲の人にも聞いてみましたが、そう言うとのこと。
「じゃあ、大統領閣下も悪魔なんだねえ。それも大統領なんだから大悪魔」
 確かにそうだと、なんだか大受けされてしまったのでした。

 大統領閣下は、セムナーン市よりももう少しテヘラン州寄りにあるギャルムサールというところの出身なのです。
 それにしても、ギャルムサールという名前、聞くだけで暑そうです。

 ギャルム(garm)=暑い(熱い)+サール(sar)=~の多いところ


 罪人は最後の審判の後、灼熱の地獄へ送られるそうですから、熱さの多いところであるセムナーンは、地獄をイメージさせるのかなあと分からないでもありません。
 しかし、確か、ハマダーン(イラン北西部にある州とその州都の名前)の冬も、あまりの寒さのため、「地獄のように寒い」と言うと聞いたことがあるのですが、結局、地獄は熱いのか寒いのかよく分からなくなってしまったのでした。
[PR]
by sarasayajp | 2006-03-04 13:04 | いろいろ |
<< ご飯を食べながら ページトップ ちょっと、これは… >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Yuzuki Skin by Sun&Moon