イランという国で
sarasaya.exblog.jp
  ブログトップ
方言と話し方と
2005年 12月 30日 |
 カーシャーンでの仕事中に感じたことの一つが、当たり前のことかもしれませんが「方言は難しい」ということでした。

 私が比較的分かる方言あるいは訛りは二つだけ。エスファハーン方言と、アーザリー訛りだけです。エスファハーン方言はイントネーションの位置が変わるのがテヘラン方言との大きな違いで、使われている言葉そのものはそれほど大きく違わないのでこれは比較的分かりやすく、アーザリー(トルコ語)訛りは、テヘランにアーザリー系の人が沢山いるために聞き慣れているのですが、それ以外の方言となると、私にとってはなかなか大変です。

 会う人会う人、カーシャーン訛りで、こちらは内心悲鳴を上げながらの取材でした。エスファハーン州の一部ではありますが、エスファハーン訛りとは随分違うので、何を言われたのか分からないこともしばしばでした。

 そうして気がついたのですが、女性たちの話の方がたとえ方言で話されても分かりやすいのです。

 おばさんたちは、私が彼女たちの話を理解しているかいないか、そんなことはお構いなしに容赦なく話しかけてきます。しかし、そういう話し方の方がかえって分かりやすいこともあるのです。
 カーシャーン訛りといってもペルシア語です。私が普段話しているテヘラン方言ととんでもなくかけ離れているわけではありません。彼女たちの話の中に出てくる分かる言葉をつないでいけば、何を言っているかちゃんと分かるのです。それに、女性たちが私に聞きたいこともテヘランの女性たちとそう違うわけではありませんから、なおのこと想像は容易です。
「え?ごめん、もう一度」
 などと言いながらも、結構会話が弾みます。

 ところが、男性たちは、外国人なんだから易しく話してやらなきゃ、何かそれなりの話題を探さなきゃ、と思うのか、話題が唐突だったり、言葉が端的すぎて分からないことがあったりします。

「日本、こども、何人?」

 突然こう聞かれても、単語の一つ一つは意味が分かっても、何を聞きたいのか分かりません。
 日本の総人口に占める子どもの割合なのか、一つの家族に子どもが何人いるかということなのか、はたまたもっと別な意味があるのかと、いくつもの答えのパターンが頭に浮かびます。

 これはカーシャーンの人に限らず、どこでも言われるのことなのですが、上のような状態で、どう答えたらいいのかと一瞬でも言葉に詰まった時に、「理解してないよ」とはっきり言葉に出して言う人が多いのはやめて欲しいなあと思います。そっちの質問の仕方だって良くないのに、ちょっと失礼ではないかい?とちょとばかしむっとしてしまうのです。

 こんな時、言葉って本当に難しいなあとしみじみしてしまうのでした。
[PR]
by sarasayajp | 2005-12-30 19:10 | いろいろ |
<< 初日の出? ページトップ 木地屋 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Yuzuki Skin by Sun&Moon