イランという国で
sarasaya.exblog.jp
  ブログトップ
「イランの役人」について~補足として
2005年 07月 02日 |
 先日、私や友人などがイランの官公庁などで体験したことをいくつかご紹介しました。
 それについてメールをいくつかいただいていたのですが、体調が優れず、あまり考え事をしたり、PCに長く向かっていられる状態でなかったため、お返事がなかなかできずにいました。メールを下さった皆様、どうも済みませんでした。

 日本の役人も外国人には冷たい、というご意見が多かったのですが、これについては全くその通りだと思います。日本人に対しても態度が悪いと思う役所も多いです。

 イランと日本に共通しているのが、「外国人にはできるだけ滞在して欲しくない」ということなのではないかと思うことがあります。外国人というのは外から「悪」をもたらす存在であり、理解しがたい異質なものであるから排除してしまいたいと考えているのではないかと。日本の場合こうした意識が役人だけではなく、普通の市民レベルでも強く見られるのですが。

 イラン人は一人一人を見れば、人懐っこい、親切な人が多いことは間違いありません。しかしその一方で猜疑心が強く、人を容易に信用しない部分もあります。私と個人的につきあいがあり、非常に親切にしてくれる人たちでも、しばしば「家族や親戚以外は信用できない」と言います。こうした考え方は、常に様々な勢力によって侵略を受け、支配されてきたというイランの歴史的、地理的、そして社会的な条件が創り出したもので、ある意味仕方がないのだろうと思います。

 イランに来た当初、イランの人たちのこうした一種の二面性にはかなり戸惑い、悩みました。今はそういうものなのだと割り切るようにしていますが。
 イランの置かれた状況、歴史的経緯については専門の一分野として学んできましたし、一応の理解はしているつもりです。つもりだけなのですが。
 そのうえでやはり思うのが、どんな歴史的背景を背負っていようが、人の心を傷つけるためだけの言葉を投げつけるという行為は、一個の人間として恥ずべき行為ではないかということです。これはイランの役人に対してだけではなく、私も含めた全ての人に対して思うことです。
 私自身、まだ人間ができていませんから、ついつい売り言葉に買い言葉で、相手に対してかなり問題のある発言をしてしまうこともあります。しかし、それは大抵悪い結果をもたらします。sそして私自身、非常に後味が悪く、嫌な気分を味わいます。相手を言い負かすことができたとしても、決して気持ちの良いものではありません。
 言葉を発する前に、国籍や性別、宗教を問わず、自分の目の前にいる人を一個の人間として尊重できない人が、人であるにふさわしいのかどうかを考えることが必要なのではないかと思うのです。

 私が自分の行動について考え、反省することになったきっかけは、大学に入学してすぐの頃に友人だと思っていた人にひどい言葉を投げつけられたことと、その後、授業の中で出会ったイランの有名な詩の一節でした。
 13世紀に生きたイランで最も有名な詩人の一人であり、倫理に関する有名な作品を残しているサアディーは、一個のムスリムとしてイスラームに厳しく従いながらも、一個の人間としてこう語っています。

アーダム(※)の子孫は人の身体の一部をなすものであり
一つの本質に基づいて創造された
運命が身体の一部に痛みをもたらしたなら
他の部分も安らかではいられまい
もし他の人々の苦痛を悲しまぬなら
汝の名は人であるにふさわしくなかろう


(※)旧約聖書のアダム。イスラームでは人類の祖であると同時に預言者の一人であったとされている。


 国連本部の前には各国を代表する詩人の像と詩の一部が置かれているそうですが、イランからはサアディーのこの詩が選ばれています。

 アーダムの子孫、すなわち全人類を一つのものとして考え、他の人の苦痛を与えることが最終的に自分に返って来るであろうこと、そしてまた他を苦しめることが人としてふさわしいことであるかどうか、学生時代の二つの出来事以後、常に頭の片隅にこびりついて離れない問題でした。

 
 役人というのは国あるいは共同体を運営するために存在しているはずです。それらはそれを構成する人々なくしては存在できないものです。「身体の一部をなす」人々を傷つける「身体の一部」というのは、まるでガンのような存在でしかないように思います。イランであろうと日本であろうと、人を傷つけるための言葉を投げつける役人というのは、大げさに言えば、その国自身を傷つける存在とも言えるのではないかと思うのです。

 私や友人たちが傷ついたこともそうですが、そういう役人の存在が許され、あるいはそういう役人こそが出世できる国というものに切なさを感じないではいられないのです。


 追伸
 最近、わけのわからないTBや、自称アラシ・コメントが目につくようになりました。かなりうっとうしいので、IDを持っている人以外のコメントやTBを閉じてしまおうか、それとも、最近はコメントを下さる方自体が減っているので、いっそのこと、コメントやTBそのものを禁止にしてしまった方が公平だろうか、などと悩んでいるところです。こういう相手のことなど何も考えていない自分本位の行為も、人としてどうなのかなあと思わずにいられません。
[PR]
by sarasayajp | 2005-07-02 18:37 | いろいろ |
<< イランの地図 ページトップ ダマーヴァンド山 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Yuzuki Skin by Sun&Moon