イランという国で
sarasaya.exblog.jp
  ブログトップ
イランのお役人たち
2005年 06月 18日 |
 私と友人たちとでここ数日の間で体験した出来事から。

1.事前の予告なく突然、国営企業の職員が「巡礼に行くので」職場を休みにした。
2.「私は神のために仕事をしている。あなたのためではない」という意味のことを役人が言い放った。
3.ビザ切れを心配する外国人に対し、「罰金を払ってオーバーステイをしていればいい」と言う大学職員とビザオフィス。
4.「選挙の翌日だから」というよく分からない理由で、突然に外務省が休みになった。(他の省庁は未確認)
5.「異教徒をいじめることは神の意に叶うことだから、お前に親切にする必要はない」と外務省職員が吐き捨てた。
6.「我々が突然休日にしたことで誰に迷惑がかかろうと、それはその人の勝手であり、自分たちに何の責任もない」と大使館員が宣言したこと。

 なんか切ないです。
[PR]
by sarasayajp | 2005-06-18 22:43 | いろいろ |
<< お口直し ページトップ 大統領選挙 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Yuzuki Skin by Sun&Moon