イランという国で
sarasaya.exblog.jp
  ブログトップ
事故
2014年 02月 24日 |
 昨日もアルバイトでテヘランを離れた山の中へ。
 公共交通機関などない場所へ行くことは分かっていたので、テヘランから車を雇って行きました。もう10年以上つきあいのある運転手で、信用できる人物です。これまで調査や仕事で彼と一緒にあちこち出かけていますが、自動車自身の故障以外でトラブルはほとんどありませんでした。(自損事故はないわけではないのですが)
 昨日も、目的地の寸前までは快調な旅でした。
 目的地直前の村に入り、目的地までの道を詳しく聞こうと、村の中心に向かって曲がろうとしたときです。
 ものすごい勢いで軽トラックが飛び出してきました。
 運転手は慌ててハンドルを切りますが、相手のスピードの方が上回っていてよけきれません。
 運転手側のフロント部分にめり込むように二台が止まります。

 一体こんな運転するのは誰だよと、相手の運転席を見るとどう見ても中学生から高校生くらいの男の子です。
 向こうもびっくりしたのでしょう。一瞬運転席で固まっています。
 しかし気を取り直し、飛び降りてきて、「何をするんだよ」といきなりクレームです。もちろんこちらの運転手も負けていません。二人が言い合っているうちに村の人たちが集まってきます。その中には少年の両親も混じっています。おろおろと泣き叫ぶ母親を村の人たちに押さえてもらっている間に、かなり冷静な父親と話し合いが始まります。
 その間、村の人たちの視線に疲れた私は、村の外まで歩いて時間つぶしです。

 結局、警察を呼んで保険を使うと相手の子供が収監されてしまう可能性が高いのと、このくらいの事故で保険を使って来年からの保険料が上がるのが嫌だからと、自腹で修理をすることにしたようです。
 相手のお父さんは申し訳なかったと、自分の軽トラで(事故ったばかりなのに)私の目的地まで送ってくれ、更に町までのレッカー車代金も持ってくれ、誠意を見せてくれたのが救いでした。実は事故の瞬間、シートベルトをしないまま助手席に座っていた私としては、とりあえず、誰もけがをしないで済んだのは良かったかな、とも思うのでした。

 他に移動手段がないこととそれほど娯楽がないことから、イランの農村では、小学生くらいの子供からバイクを運転しているのはよく見かけます。それほど交通量もないですし、普段、事故などほとんど起こらないのでしょうが、まあ、次からは気をつけて欲しいなあとは言いたいところなのでした。
[PR]
by sarasayajp | 2014-02-24 05:47 | いろいろ |
<< お久しぶりです ページトップ 人事 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Yuzuki Skin by Sun&Moon