イランという国で
sarasaya.exblog.jp
  ブログトップ
人事
2014年 02月 18日 |
 今日のテヘランは曇り一時雨。この数日、暖かい日が続いていたのですが、さすがに雨の後はひんやりとしています。

 このところ、授業がない日はアルバイトのためにあちこち出かけている状況です。本当ならアルバイトをしないで生活できれば良いのですが、残念ながらそうもいきません。
 なんと、二年前の給料10ヶ月分が未払いのままなのです。
 周囲の人たちには「よく生活できるね」と感心されるのですが、まあ、何とかなるところがこれまたイランです。

 夏に大統領が替わり、イラン国内の官公庁で随分と人事異動があったようです。テヘラン大学も、夏休みが終わってイランに戻ってきてみたら色々と移動があったようです。
 外国語学部でも学部長が替わっていて、それに伴い事務職員の異動もあったようです。

 そして、「あなたの給料のことを交渉するなら今よ」という声に後押しされ、大学に対し二年前の給料が未払いであることを訴えるレターを送付(これまでは学科を通しての間接的な交渉のみしか許されていなかった)。
 これで本当に効果があるのかと半信半疑でいたところ、手続きをするからという返事がきてびっくりです。
 大学本部の国際部に出向いたところ、なんと、外国語学部前学部長が、外国人への給料の支払いを拒否していたという驚愕の事実が明らかに。本部も状況には気がついていて、前学部長に早く手続きを進めるように促していたのが無視され続けていたのだとか。
 学部長の交代によりようやく未払い問題が解決しそうではあるのですが、大きな問題が。2年前の契約ですから、2年前の予算から払われるべきものなのだそうです。ところが既にその年の会計年度は当然のことながら終わっています。それを既に残り少ないという今年の予算の中から支払ってもらうべく、大学に掛け合っているところなのですが、2年かけて解決しなかった問題が、大統領が替わった途端、解決に向かって動き出したということが何だかなあという感じです。

 アメリカなども大統領が替わると人事が一新すると言いますが、こんな感じなのかなあと思う今日この頃なのでした。

 ちなみに、予算がないのはテヘラン大学だけでなく、国営放送をはじめ、あちこちで似たような話はあるようです。細切れに分割で給与が支払われるので、どこまで支払ってもらっているか分からなくなるという話ですし、どこも大変なようです。
 それでも、大統領が替わって、なんとなく明るい雰囲気にはなったような気がします。観光客も増えているとかで、ノウルーズ以降はホテルの予約を取るのも難しいということです。欧米との関係も改善に向かいつつあるようですし、このまま良い方向に向かって欲しいと願わずにはいられません。
[PR]
<< 事故 ページトップ 雪 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Yuzuki Skin by Sun&Moon