イランという国で
sarasaya.exblog.jp
  ブログトップ
ビーソトゥーン
2014年 02月 04日 |
 所用があってケルマーンシャーへ行ってきました。
 ケルマーンシャー市から40キロほど離れたところにある、最近世界遺産にも登録されたビーソトゥーンへ。
 まず、以前は対面だった街道が、いつの間にか上り下りを分けた高速道になっていることにびっくりし、到着したビーソトゥーンでは、以前は村と言った方が良いような小さな町だったのが、堂々たる町になっていることにびっくりして、さらに遺跡では、碑文を中心にぐるりとフェンスがめぐらされて入場料まで取るようになっていたことにもびっくりしてと、びっくりしながらの訪問となりました。考えてみたら10年以上訪れていなかったように思います。

 初めてビーソトゥーンを訪れたのは、多分、1993年のことだったと思います。
 その頃は、重要遺跡として管理されている様子はなく、入場料など徴収されることなく、碑文の目の前まで岩をよじ登ることができたものでした。

b0006449_5484823.jpg

その時の写真。古いネガ写真なので少々変色しているが、正面から撮れているのが今となっては貴重。


 ところが、その後、碑文の保護と銘打って碑文の前に足場を組み、一般の観光客は碑文を見ることができなくなってしまいました。少し離れたところから、望遠で撮ると何とか碑文があることが分かる、という程度になってしまい、あまり関心が持てる場所でなくなってしまいました。

b0006449_5555433.jpg

100メートルくらい離れ、200ミリで撮るとこんな感じ。碑文の下に見えるのが足場。


 久々のケルマーンシャーだったので、半日間の自由時間を観光に費やそうと思っていたのですが、ケルマーンシャーの観光地はどこも店じまいが早く、出発時間までの時間つぶしには困ってしまったのでした。冬だったからなのか、それとも通年でこうなのか、どうせ観光客なんて来ないよということなのか、ちょっと考えてしまったのでした。
[PR]
by sarasayajp | 2014-02-04 02:26 |
<< 雪 ページトップ 食堂 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Yuzuki Skin by Sun&Moon