イランという国で
sarasaya.exblog.jp
  ブログトップ
9時間
2013年 07月 11日 |
 日を改めて、もう一度同じ村へ。8時までには来るようにと言われていたのに、車の調子が悪く、8時半を回っての到着。先日とは違う案内人に「遅い」と言われながら出発。
 村の外れの道路脇から谷へ。谷の奥に向かって下り、涸れ川を渡り、谷を登り、また谷を奥に向かって下り、涸れ川を渡り、谷を登り、泉で水を飲み、休憩を取り、また歩き、歩き、歩き、泉で休憩し、ギーラーン州とガズヴィーン州の境界となっているという川を渡りガズヴィーン州側へ。また谷を越え、谷を越え、谷を越え。大小合わせ幾つの谷を越えたのか分からなくなった頃。これが最後の難関、という崩れやすい岩場を恐る恐る下り。
 あそこだよ、と案内人が指さしたのは、岸壁の中程に口を開けた洞窟でした。
 引き続き崩れやすい岩場を登り、踊り場のようになった洞窟の前にへたり込んだのが午後2時頃。
 アップダウンそのものはそれほど多くないのですが、急な上り坂下り坂を避けるために谷をぐるりと迂回するために、とにかく歩く距離が長くなってしまいます。先日と同じく、はじめの30分ほどは高地の空気の薄さに身体が慣れるまでの時間で、ひたすらぜいぜいとあえぎ、案内人について行くのがやっとです。自分の体重と荷物を移動させることの大変さをしみじみ感じます。
 洞窟の前で、案内人が持参のお茶道具でお茶を沸かしてくれ、同じく持参のパンとチーズ(両方自家製とのこと)、私の持参したお菓子で小腹を満たし、洞窟内へ。
 懐中電灯を持ってくるようにとあらかじめ言われていたのですが、それでも暗く、濡れて足場の悪い洞窟内をよじ登り、最奥まで行くのは難しく、途中までで断念せざるを得ませんでした。しかし、来てみないと分からないことはたくさんあるということは改めて実感できたのでした。

 村に帰り着いたのは実に夕方7時過ぎ。2700〜2800メートルという山の中でよくまあ歩いたものだと、自分で感心してしまったのでした。不思議と筋肉痛などはなく、右足の外反母趾気味の親指の付け根が痛くなっただけだったのはありがたかったのでした。
[PR]
by sarasayajp | 2013-07-11 08:39 | いろいろ |
<< あけましておめでとうございます ページトップ 2800メートル >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Yuzuki Skin by Sun&Moon