イランという国で
sarasaya.exblog.jp
  ブログトップ
風邪
2013年 02月 20日 |
 この二週間ほど、風邪をひいて大変な思いをしています。
 先週は鼻水とくしゃみに苦しめられ、鼻の皮が二枚くらいむけたところで症状は治まり、やれやれ峠を越えたか、などと思っていたのですが、今週に入ってからとんでもない方向に。

 週頭の土曜日。
 なんだか咳が出るようになったなあ。でも、それほどひどいものでもないし大丈夫だろう。
 と、実際、少し咳が出るくらいで他にはそれほど症状もないので仕事が山積みになっている大学へと出かけたのでした。
 仕事をするうちに、喉ががらがらとしてきて、声が出にくくなっていくのが分かります。風邪をひくと鼻水と頭痛に悩むことが多く、喉は案外と丈夫だったのでびっくりです。とはいえ、この日は事務仕事だけだったので、ある程度片付いた所で帰宅。

 そして日曜日、朝起きてみると、普段とは全く違う、かすれた声しか出なくなっています。日曜日は朝から午後まで3コマの授業があり、この声で乗り切れるのかどうか。
 学生に、先生大丈夫?という視線を向けられながらもなんとか一日を乗り切ったのですが、喉は悪化の一途。

 月曜日。
 朝、完全に声が出なくなっています。一縷の望みをかけて大学へ行ってみたものの、とても講義などできそうにありません。
 ということで、1限目は休講。
 2限目は学生の発表が中心の授業なので、なんとかなるだろうと、授業担当のない先生に(マイク代わりに)同行してもらい、何とか終了。

 火曜日。
 相変わらず、ささやくような声がかすかすと出るのみ。幸い、授業はないので、学科事務室で事務作業。
 とはいえ、日本語研修生応募の書類のチェックやら、日本からの大学生グループとの交流会に関する作業やら、日本語能力試験関連の問い合わせの電話やら、声を出さなくてはいけないことばかりです。
 これはもう仕方がないと、電話は、個人のものも含めて他の先生にお願いし、学生の対応は、できる部分は筆談で、それ以外はやはり他の先生にお願いすることに。
 他の先生や学生に迷惑を掛けつつ、なんとか一日が終了。

 それにしても、これから、留学関連の書類の作成など、学生とじっくり話さなくてはならないことが増えるのに大丈夫なのか?と、風邪のせいではなく頭が痛いのでした。
 
[PR]
by sarasayajp | 2013-02-20 09:36 | いろいろ |
<< 相変わらず ページトップ 明けましておめでとうございます >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Yuzuki Skin by Sun&Moon