イランという国で
sarasaya.exblog.jp
  ブログトップ
水道管
2012年 02月 17日 |
 世間では、イランの発表が誇大発表だとか、攻撃を行うだとか、ホルモズ海峡を封鎖するだとか、色々と騒がしいようですが、国内は平常通りという感じに見えます。もちろん、色々と心配はしているようなのですが。

 とりあえず、私の今一番の心配はこれです。

b0006449_16591145.jpg

b0006449_17034100.jpg

 サロンの天井を通っている配管の一部が破損し、水漏れを起こし、その結果天井が落ちてきたのです。
 朝、いつもよりものんびりと目を覚まし、寝室を出ると、なにやらぽたぽたという音がします。何だろうと音源を探すと、サロンの天井から水がしたたっています。金曜日で、まだ上階の大家さん一家も起きていないようですし、とりあえず、たらいを置いてしのごうと思っていたら、天井がドサリと落ちてきました。
 これはまずいと、上の階へ飛んでいき、幸い、目を覚ましていた大家さんの息子に状況を見てもらいました。
 それからが大変です。
 まず、アパート全体の水を止め、大家さん宅の床をはがし、水の漏れている管を取り出し、交換しなければならないということで、その後、天井の芯となっている煉瓦等が乾いたら、天井の塗り直しをしてあげるから、とのこと。

 イランのこうした配管は完全に壁や床に埋め込んであるため、何かあるといちいち壁を壊したり床をはがしたりしなくてはなりません。
 日本でもこんなだったかなあと思い返してみるのですが、よく思い出せません。

 幸か不幸か、ちょうど、アパートの共用部分の壁などの塗り替えのための職人が来ていたため、改めて人を呼ばなくともすぐに作業に入れて、案外早く修理は終わりそうです。しかし、この一週間、アパートに充満するシンナー臭に苦しめられていたのが、また少し延びるのかと、少々微妙な気分でもあるのでした。
[PR]
by sarasayajp | 2012-02-17 17:02 | いろいろ |
<< 証明写真 ページトップ 重大発表 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Yuzuki Skin by Sun&Moon