イランという国で
sarasaya.exblog.jp
  ブログトップ
メール
2012年 02月 10日 |
 寒波がやって来ていたテヘランから、所用があって松の取れた日本へ一時帰国。そしたらその前日から日本にも寒波が到来していたとかで、そのためというわけではないのでしょうが、テヘランでひいていた鼻風邪が悪化して、到着した日の晩からひどい風邪を引き込み、日本滞在中、なんとなくすっきりしないまま過ごすことになってしまったのでした。

b0006449_7304719.jpg

初詣は箱根神社


 テヘランに戻ってみたら、またまた寒波が居座っていて、寒い日が続いています。昨日は雪でした。

 寒いからと家に閉じこもっていても、ネットがつながっていれば仕事の一部は家でできるので助かります。しかし、昨日から、ネットはつながっているものの、メール機能だけは全く使えないという状況になっています。
 2月11日の革命記念日を前に、反政府活動などが起こらないようにということなのでしょうが、仕事にメールを使っている身にはなんとも迷惑な話です。これまで何とか使えていたフィルターをかいくぐるための手段も、私のスキルではこれ以上どうにもならないという状況です。
 とりあえず、SMSは使えますし、ネットそのものはつながっているので、急ぎの仕事のファイルは無料のストレージサービスを利用して、アドレスをSMSで送るということで対処できるのですが、なんだかなあという感じです。革命記念日が土曜日で、その直前の木曜日と金曜日も含めて連休となっているから構わないだろうということなのでしょうか。それでも、仕事に支障を来す人は多いのではないかと思うのですが。

 メールソフトを介したメールも、googleもyahooもgooもinfoseekもexiteもhotmailも全部だめ。メッセンジャーなどもサインインができません。SMSを放置してメールやメッセンジャーだけシャットアウトというのは不思議です。そういえば、自分はアカウントを持っていないので未確認ですが、Twitterやfacebookはどうなのでしょうか。

 経済制裁のせいなのか、何か他のことが原因なのか、このところの急激なインフレには、不満を持つなという方が難しいだろうなあと思うのですが、政府が気にしているように、その不満をチュニジアやエジプト、シリアのように表現することができるかというと、微妙な感じがします。大統領選挙の時に一度、不首尾に終わっているからです。
 3月早々に国会議員選挙がありますが、改革派系で立候補を届け出た人達の多くが立候補資格無しとして立候補できない状況ですから、選挙に無関心な人の方が圧倒的に多く、前回の大統領選挙の時のような盛り上がりは見られないでしょう。大学の中にも、投票日がいつなのか知らない人さえいます。

 革命後、餓死者はゼロになったし、国民の栄養状態は飛躍的に向上したと言い、アメリカで生活保護に頼る人が増えたと言ってはいますが(医療や食料、社会保障といった政府の支援というならイランもアメリカ以上では?)、イラン国内の格差の拡大や失業問題、政府からの補助金無しでは生活が成り立たない農村部の人達のことは無視なのかなあと、もう少し、せっかくのオイルマネーの使い方や生かし方を見直してみても良いのではないかなあ、と思わずにはいられないのでした。


b0006449_7484984.jpg

初詣の後は日帰り露天風呂。温泉は久しぶり。

[PR]
<< どうなんだろう ページトップ あじゅだはー >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Yuzuki Skin by Sun&Moon