イランという国で
sarasaya.exblog.jp
  ブログトップ
ツナ缶
2011年 12月 28日 |
 大学の職員食堂でのこと。
 その日のメニューは、「サブズィー・ポロウ(ハーブの炊き込みご飯)とツナ缶」か「ゼレシュク・ポロウ(スグリの一種の実を振りかけたご飯)とグーシュト(肉の煮込み)」でした。
 私は肉の煮込みの方を選択。
 食事中、サブズィー・ポロウを食べていた、日本人の先生が言いました。「そういえば、イランではツナ缶を、缶ごと煮立てると聞いたんですが、本当ですか?」
 私はそんなことをするとは聞いたことがなかったのでびっくりだったのですが、一緒にいたイラン人の先生たちは何を当たり前のことを、という反応でした。さらには、「缶の上に書いてあるじゃないですか」とのこと。
 これまで、ツナ缶は何種類も何度も買っていましたが、そんな表示があったとは全く気付いていませんでした。「20分は煮るように書いてありますよ」とのこと。さらには、「味が良くなるとかではなくて、衛生上の理由からですよ」と追い打ちです。イランの缶詰は、煮沸をする必要があるの?とまたまたびっくりです。

 最近は食生活が変わってきているので、テヘランなどでは夕食もご飯をしっかり食べる家が増えているようですが、もともと、夕食はそれほど重いおかずを取る習慣はなく、簡単に済ませるのが普通でした。
 例えば、パンとサブズィー(生ハーブミックス)、チーズ、具入りのオムレツなどのおかずといったもので、友人の家に突然お邪魔すると、「こんなのしかないわよ~」と言われながらこうした簡単な家庭料理を出されることがよくあります。
 こうした簡単な夕食の一品として、ツナ缶が皿にあけられて出てくることがあります。決して熱々のほかほかではなかったと思うのだけどなあと思っていたら、「煮沸した後、冷蔵庫に置いておくことも多いですよ」ということなので、本当に私が全く気付いていなかっただけなのかもしれません。15年目にして初めて知った真実、という感じです。

 イランのツナ缶は、時々油くさいことがあって(当たり外れがある)、それほど好きというわけではなかったのですが、最近は、オリーブオイル漬けのものや、ディルなどのハーブが入ったものなど、おいしいものも出てきたため、食事を作るのが面倒な時などに私の食卓に上ることも増えていました。
 これまで、恐らく、ツナ缶で当たったことはないと思うのですが、知ってしまったからにはやはり煮沸をすべきなのかどうか、少々悩むところなのでした。

 そういえば、日本の缶詰も缶ごと煮沸の指示があったのかなあとは思うのですが、手元に日本の缶詰がないため確認できないのでした。
[PR]
<< あけましておめでとうございます ページトップ もじゃっう゛ぇず >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Yuzuki Skin by Sun&Moon