イランという国で
sarasaya.exblog.jp
  ブログトップ
勉学
2011年 05月 19日 |
 うちには息子が3人いて、まず、最初の息子には、お金のあるときにしか渡してやれなかったが、結局、大学を出るまでに500万リヤール(約3万9千円)くらい渡してやれたかな。足りない分は自分で働いていたらしい。とにかくまあ、そういうことで、テヘランの大学を出て、大学院まで進んで、今はテヘランの官庁に就職もして一人立ちしているよ。
 二人目にも同じようにして、やっぱり500万リヤールくらいしか渡してやれなかったが、こちらは地元の大学を出て、技術者になって、ある企業で働いているよ。
 三人目はまだ高校生だが、こちらも仕事を手伝ってくれながら勉強して、この夏に受験の予定だ。上の二人と同じようにたいして金はかけてやれないけど、がんばって勉強しているよ。

 私が調査している間に、運転手が近くで開墾をしていたおじさんと世間話をする中で聞いた話だとのこと。

 今、私がテヘラン大学で教えている学生の半数はテヘラン出身です。テヘラン出身の学生と地方出身の学生の経済格差は感じていましたが、やはりそうなのだよなあと改めて感じさせられました。

「先生、電子辞書がほしいんです。予算はいくらかかってもいいので、一番良いのを買ってください」
 と簡単に言ってしまう学生もいれば、自分のほしいクラスの電子辞書だと300万リヤール(約2万3千円)ほどかかってしまうと知って、悩んだあげくにあきらめてしまう学生もいます。(ランクを落とそうと考えないところがおもしろいのですが)

 通学用に自動車を買ってもらい、一時間も授業に遅刻してきたあげくに「大学の近くに(自動車を)止められる場所が見つからなかったので遅刻しました。でも授業が始まる時間には大学に着いていたのだから遅刻にはカウントしないでください」と言い放つ学生もいれば、遅刻をするといけないからと、朝5時に起きて自分の住む町から大学に向かうという学生もいます。

 簡単にテヘランの学生だから、地方の学生だからと分けるつもりはありませんが、何だかなあと思うこともしばしばです。

 イランの国立大学は基本的に学費が無料です(夜間部を除く)。つまり、全て国のお金によってまかなわれているわけです。それがどんなにありがたいことなのか、お金に困ったことがない階級の学生だと分からないのだろうなあと思います。あまりに勉強をしない学生たちに、「国のお金を浪費するくらいなら大学をやめてしまえ」としかったところ、何を言われているのか分からないという反応しか返ってこなくてがっかりしたことがあります。
 まあ、「結婚するときに条件の良い相手を見つけるため」に進学しましたという学生ばかりだもんなあと、好奇心も向学心もない相手にどうやって授業をすべきなのか悩む毎日なのでした。

人気blogランキングへ
[PR]
by sarasayajp | 2011-05-19 22:41 | いろいろ |
<< 何というか ページトップ 轢死体 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Yuzuki Skin by Sun&Moon