イランという国で
sarasaya.exblog.jp
  ブログトップ
デモ再び
2011年 02月 16日 |
 今日は、修士課程の入試が行われるとかで授業が中止になってしまいました。

 ちょうどいい機会だから、先日し損ねた両替をしようと、再びエンゲラーブ方面へ。
 乗り合いタクシーで乗り合わせた男性が、「今日はエンゲラーブは封鎖されていないよね?」と運転手に確認しています。
 運転手は、「自分はエンゲラーブから来て、その時は何もなかった」というので、一同一安心。
 ところが、テヘラン大学近くなったところで警察車両が道路を封鎖しています。ここから先は通行止めだから歩けとのこと。
 周囲を見れば、受験生らしき大学生も多く歩いていますし、これなら大丈夫かとエンゲラーブ通りまでてくてくと歩くことに。
 エンゲラーブ通りに着いてみると、交差点にびっしりと警官と警察車両がいて、道路を封鎖しています。とりあえず、バスは動いているようなので、そこにいた責任者らしき人に、「フェルドウスィーまで、バスなら行けますか?」と尋ねると、バスで行けとのこと。
 バスに乗ってフェルドウスィー広場方面へ向かう(西から東へ)と、デモ隊が正面からやってきます。
 バスの乗客一同、「ムーサヴィー派?それとも?」と確認しています。
 イラン国旗やら、イマーム・ホセインの名前入りの旗、「ムーサヴィーに死を ハータミーに死を」というプラカードやらを掲げた、ひげの濃い男性たちやチャードルをぴっちりと着込んだ女性たちという、どう見ても体制派の人たちによるデモです。

 一時帰国から戻って二度の外出で二度デモにあたるというのも何だかなあという感じです。まあ、体制派デモなら発砲されたり、混乱が起こってどさくさ紛れに拘束されるということもないと思うのでまだ心配は少ないのですが。

 現政権の恩恵を受けている人も案外多いですし、体制に不満を持ってはいても、体制が変わることで社会が急激に変化することを好まない人も多いのは確かです。
 そんな中、このままもみ合いながらどこかに落としどころを見つけるのか、一気に体制の交替まで持ち込むのか。
 ベビーブーム世代が雇用問題にさらされている状況なので、これを解決しない限りは社会は安定しないのだろうとは思います。一党独裁で一度も選挙を行ったことがない中国を見て思うのですが、自由よりも仕事なのかなとも思うところです。

 革命記念日やエジプトやチュニジアの余波なのか。
 これがこのまましばらく続くのか。
 外国語学部の目の前には大学寮がありますし、大学本部はエンゲラーブ通りに面しています。授業を担当している学生には、体制派も反体制派もいます。
 目の前で起こっている出来事が気にならずにはいられない今日この頃なのでした。

人気blogランキングへ
[PR]
<< 春まだ遠き ページトップ デモ >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Yuzuki Skin by Sun&Moon