イランという国で
sarasaya.exblog.jp
  ブログトップ
雨の翌朝
2004年 12月 10日 |
 今日は朝からぴかぴかの晴天。
 雨の翌日だし金曜日だし、テヘランの後背の山脈はさぞやきれいに雪景色を見せているだろうと、買い物を兼ねて外出してきました。

 外は冷え込んでいるだろうと、Tシャツにブラウス、フリースを重ね、その上からコートにスカーフで外へ。
 きりりと冷たい空気に吐く息が白く、足下の水たまりにも氷が張っています。フリースを着て出てきたのは正解でした。

 アパートの裏手の高速道路脇の歩道へ出てみると、思った通り、麓近くまで真っ白に雪化粧した山々が朝日に輝いていました。この分ですと、テヘラン北部の村々はもう雪に埋もれているでしょう。

 昨日までの雨が凍って滑る坂道を転びそうになりながら、金曜でも開いている八百屋とお菓子屋へ。

 私の住んでいる場所は坂の上のちょっと高いところなので、雪が降ったり氷が凍結したりすると買い物に出るにも命がけ、という恐ろしい場所なのです。四年くらい前に割と多く雪が降った年は、自動車が全然このあたりまで上がって来られず、買い物や大学へ行くのもままならず、非常に難儀をしたものでした。

 デジカメがあればこの景色をお見せすることができるのでしょうが、そろそろ寿命が来ているらしいPC買い換えを優先せざるを得ないので、残念ながら、デジカメはまたこの次になりそうです。
 それでも、ちゃんと家賃を払って生活して、PCを買える程度にはバイトができているのですから有難いことです。仕事を下さる方に感謝しなくてはと、大晦日も元旦もまだなのに、なんだか改まった気分になってしまった朝でした。


 帰ってきてからしばらくして気付いたのですが、なんと、この買い物兼散歩の時点でとんでもない熱を出していました。道理で関節が痛いはずです。
 明日までに終わらせなくてはいけない原稿があるので、よれよれしながらPCの前に座っているのですが、風邪でもないのにどういうことなんでしょう。珍しく殊勝な気持ちになっていたのが悪かったのでしょうか。慣れないことはするものではありません。
[PR]
by sarasayajp | 2004-12-10 15:37 | いろいろ |
<< コーランの物語~マルヤムとイー... ページトップ 暖房と脂肪分と >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Yuzuki Skin by Sun&Moon