イランという国で
sarasaya.exblog.jp
  ブログトップ
休日
2010年 05月 11日 |
 先週、風邪のために授業を一日休講にしてしまったのですが、昨日、その時の振替え授業について話したところ、「先生、来週の月曜日は休日です」とのこと。そういえばそうだったと、「じゃあ、土曜日に…」と言うと、「先生、来週は土曜日と日曜日も休みです」と嬉しそうです。
 は?月曜日は確かに祝日で休みだけど、何で土日まで?大学の入試とかはこの時期じゃないし、政治的な集会が行われるような時期でもないしと不思議に思いながら学科事務室へ戻って聞いてみると、なんと、朝、政府発表として、休日(金曜日)と祝日(月曜日)に挟まれた土日もテヘラン市内の公的機関、銀行、学校、大学を休みにすると大統領閣下によって発表が行われたのだとか。
 またか、と、がっくりです。
 思いつきのように突然休日を増やすのはやめてほしいのですが。

 「一学期16回の授業を行うこと」と言われても、もともと休日は多いし、こんな風に突然休日が入ったり、休日の前後に学生が勝手に休日にして授業が成立しなかったり、政治的運動によって授業が成立しなかったりと、こちらがもともと予定も想定もしていない休講も多いため、16回の授業を行うことが難しい状況です。そのため、そろそろ期末試験の日程が発表されるこの時期になると、予定していた範囲を終わらせることができるのかはらはらすることになってしまいます。

 「休みにしてやるから子作りに励むようにっていう大統領の陰謀という噂だよ」と憤慨していた先生がいましたが、もし本当なら、夫婦一組につき7〜8人の子供を持つようにというあの発言は、実は撤回されていなかったのかもしれません。

 関係ありませんが、「テヘラン市内は休み」ということは、他の地域は休みにはならないということで、どうしてテヘラン市内だけなのか意図がよく分かりません。強力な中央による統制が行われているこの国では、中央が休みになっていれば、地方の公的機関だって仕事になりにくい部分もあるだろうにと少々不思議です。どうせ休みにするのなら、全国一律に休みにしてあげればいいのにと思わずにいられないのでした。

人気blogランキングへ
[PR]
<< 朝令暮改 ページトップ アミーン >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Yuzuki Skin by Sun&Moon