イランという国で
sarasaya.exblog.jp
  ブログトップ
コハダ
2010年 04月 30日 |
 先日、授業の合間に用事を済ませようと校舎を出たところ、正面からこちらに向かって歩いてきた学生に目が釘付けになってしまいした。

 今時、結婚式の新郎やホスト(良くは知らないですが)でもこんなのは着ないだろうと思うような、サテンのような光沢を持った真っ白なスーツを着た男子学生が、黒いアタッシュケースを片手に悠々・堂々と歩いてくるのです。

 微妙に居たたまれない気分になって、目をそらし、そそくさと立ち去ってしまったのですが、結婚式帰りとかいうのでなければすごいセンスだぞと、しばらくあの白いサテンスーツが頭から離れなくなってしまったのでした。

 しかし、考えてみると、イランの男性は光沢のある生地のスーツが好きなのではないかと思うことがあります。
 日本ならこんな色つやの生地は使わないよなあ、と思うようなスーツを着ている男性をよく見かけるからです。生地の品質の問題なのかもしれませんが。

 先日も、日本から来た友人と泊まったエスファハーンのホテルの従業員が、つやつやぴかぴかしたおそろいのスーツを着ていて、友人と絶句してしまいました。
 あとで、「しかし、すごいスーツだよねえ。君はコハダかね〜〜と思っちゃったよ」と言ったところ、「やっぱそう思うよね〜。バッテラか君たちはって感じだよね」と返ってきたのでした。

 イラン人男性たちがコハダスーツが好きだから着ているのか、それとも他にないから着ているのか聞いてみたいなあと思いながらも、何となく聞きそびれたままになっているのでした。

人気blogランキングへ
[PR]
by sarasayajp | 2010-04-30 09:56 | いろいろ |
<< アミーン ページトップ 苗代 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Yuzuki Skin by Sun&Moon